トミーの釣行記

フカセ釣りバカな高校生アングラーのブログです!1日2回更新してますのでよろしくお願いします!

惜敗

2017-04-30 16:37:39 | 日記
こんばんは






本日は宮崎日大の第二グラウンドで3部リーグの試合を戦ってきました。






相手は日南学園の3rdチームです。








この前の日大戦とは多少メンバーを変えて挑みました。








向かい風の強風に立ち向かいますが、前半からかなり押され気味ですが、運動量で補いつつ何とか耐え抜きます。













相手の隙を突いて裏に抜け出したり、ミドルシュートを打ったりとチャンスは何度か作るのですが、ゴールに漕ぎ着けることは難しいですね。










そんな中で得た前半半ば、絶好の位置のフリーキック。



2年生サイドハーフの選手が綺麗に壁をすり抜けるシュートを決めて先制し、1対0とします!










このまま後半まで調子をキープしていきたいところです。










そして後半が始まりました。



相手も勝つために必死にボールを保持しようとアタックしてきます。





そんな中、中央突破され、セカンドディフェンスが対応しきるまでにシュートを打たれてそれが綺麗に決まり、1対1の同点にされます。







その後も流れを抑えきれずにもう1失点してしまい、1対2になってしまいます。





だんだんと疲労が溜まっていき、攻撃も単調になってしまいましてなかなか点を奪い返す事ができません。








このまま試合終了のホイッスルが鳴り、1対2で惜敗してしまいました。




惜しい経験になりましたが、3日から始まる鎌田英俊杯に向けて良き最終調整になったのではないかと思います。






それではみなさん、SeeyouNexttime
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情けない俺。。。【釣行記】

2017-04-30 05:00:16 | 釣行記
おはようございます。






昨日は久しぶりに午前中部活の後、昼からちょい釣りへ行ってきました。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【今釣行の潮】
中潮
満潮 07時34分 20時48分
干潮 01時46分 14時10分

【今回のタックル】
・ロッド 「ベイシス1.2-530」
・リール 「BB-XラリッサV2 C3000DXG」
・道糸 「GT-R ピンクセレクション6lb」
・ハリス 「Lハード 1号」
中ハリス 3ヒロ
食わせハリス 1ヒロ半
・ウキ 「フリクションD G2、R-G 00、ふかせドングリEX B、遠矢グレ 超遠投小-0」
・ハリ「競技グレ4号、元輝グレ2号」
・ストッパー 「スクラムロングストッパー」

【海面水温】
おおよそ19℃

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






まず先週知り合いが好釣果を叩き出した堤防へ着いてみて、荷物を運んで準備し、そのテトラに渡ろうと試みました。




しかし、テトラが予想よりも大きく、堤防から4mほど水際まで降りたところで釣座までエントリーする事が困難で、かなり迷いましたが安全面を考慮して移動を決意しました。




正直言うと、チキりました…




途中まで行ったはいいのですが、普段テトラの釣りをやってきていない自分はビビって道が見えなくなってしまいました。




ヤングなM崎さんやYさんは平然と降りていくのにまだ高校生で元気なはずの俺は同じフィールドに立つことすらビビって逃げ出してしまう。




情けない自分に尋常ではない歯がゆさが襲ってきます。







またM崎さんやYさんと一緒に来ます。















仕方なく切り替えて、竿が出せる場所を探していきます。



若手磯釣り会(4人)のグループLINEでM崎さんから「目井津港の地磯は?」との提案を頂いたので、行ってみました。





人は居らず、奥の堤防に近い方の磯は水深もあるので面白そうです。





颯爽と準備を済ませ、いざ釣り開始です。


大島を目の前に拝むここからやることにしました。






まず潮はほぼ動きなしで、風で上が左から右に滑る感じでした。



まずはフリクションDのG2できっちりタナを決めて探っていきます。




3ヒロ~竿1本半までタナを変えてもアタリはありませんし、サシエも取られません。













ちなみに親父は自分の左側の釣り座に入りました。





親父も同じようにG2のウキを使い、ウキを浮かせて釣りをします。















僕の方に戻りまして、竿1本半位まで落としていっても反応がなかったので、ウキをR-Gの00に変更し、底付近まで落としていきます。





しかし、仕掛けの落とし方とマキエワークが悪いのか、サシエすら取られません。




















ここら辺でまたあの思考に陥ってきました。

「また成り行きで仕掛けを投入して、特に鮮明な水中のイメージを膨らませること無く釣りをしてる。」

「上手い人ならこんなしょーもないことで自滅する前に頭働かせて釣ってるんだろうな。」

「去年までの釣果はほとんど海の恵のおかげで自分の力って半分にも及んでないんだろうな。」









自分でも分かっているんです。


こんなしょうもないことを考えている暇があるならさったと集中して釣りしろよ。




しかし、今年から尽く釣果に恵まれずに挫折してきた自分の頭の中では、水中のイメージがモザイクがかかるようにあやふやにボヤけているんです。




釣れるイメージを忘れてしまい、魚がヒットするパターンやマキエワークなどのパターンが脳内から消えていく怖さがあるんです。








それを打ち破ろうとも、目の前に立ちはだかる高い壁で全然前が見えないんです。


















そんな思考に陥っている僕をまるで貶すかのように親父の竿が絞り込まれます。





とうとうやられました。





37cmの本命グレです。





水面に上がってきたときは少しの恐怖心さえ憶えました。







僕が上半期の全てを賭けて狙ってきた魚をいとも簡単に釣り上げた親父……




親父も不本意な様子でしたが、これは偶然ではなく必然の1匹なんです。







今のお前は何もかも忘れてきている。

そう無言のメッセージが込められた1匹です。








まぁ萎えていても仕方ないので状況説明を続けます。





この魚のヒットしたタナやスポットからヒントを得て、遠矢グレの超遠投 小-0に変更して細かなアタリも取れるように対策します。









ここらから徐々にキタマクラの影響が目に付くようになりましたので、ハリスのガン玉を上にズラし、マキエに麦を少し追加しました。






これでパタッとキタマクラの影響は受けなくなりましたが、肝心のサシエが取られません。








時刻は18時を周り、夕焼けも消えて暗くなってきました。







最後までやり続けましたが、今回サシエを取られたのはキタマクラが広がりたした時のみで本命は得られませんでした。









先述の通り僕はあの思考に陥った時点で負けてているんです。




これまでも大会に出ては検量無しの屈辱的な無念を味わい、自分の無力さを痛感してきました。




しかし、それが何ら生かしきれていないのです。







また5月のジャパンカップを棒に振って終わらせてしまうかもしれない。

そんな危機感に押しつぶされそうです。











今回は0からのスタートではなく、マイナスからのスタートになります。





LINEで色んな釣り友から励ましの言葉を頂いて何とか立ち直れそうですが、5月のジャパンカップまでは釣りはおやすみします。





といっても試合が入っているので行けないだけですがね。








以上、これまでで1番自分が情けなく思えた釣行記でした。








誰か助けてください。












それではみなさん、SeeyouNexttime
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心底おつかれさん。

2017-04-29 20:47:47 | 日記
こんばんは






本日はちょい釣り行ってきましたがあまりにもメンタルに来る半日でした。





また詳しくは明日の朝、今の僕を取り巻く気持ちを織り交ぜながら説明しますので明日の朝までお待ちください。






それではみなさん、SeeyouNexttime
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やりますか。

2017-04-29 07:16:34 | 日記
おはようございます!







今日は午前中練習で、昼からはとあるテトラへちょい釣りに行ってきます。





そのためのマキエを朝から捏ねてます。



今回は安めのマキエでいきます。


安くても粒子の質は良かったり、麦も入っているのでコスパがいいですね。









2人分なので足りるかは分かりませんが、少ないエサで釣る練習も必要なので微調整しながら釣ります。






先週、知り合いが好釣果を出した場所なだけに期待が高まりますが、目の前の情報のみをまずは信じてジャパンカップのプラクティスに繋げたいと思います。





それではみなさん、SeeyouNexttime
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少し不安なメロン

2017-04-28 21:06:29 | 日記
こんばんは






3年生になってから水曜日と金曜日に実習がある為、植物の成長により親密に触れ合う機会が増えました。







大規模で生産用に作るメロンは写真の倍ほど大きくなっているのですが、写真の課題研究用のメロンはどうも上手く育ちません。






全ての部分が枯れさえしなければ大丈夫なんですが、これから先が少し心配です。





3年生になってからの時間割はかなり楽しく学べるもので、毎日が楽しく過ごせますね。














部活の方は新1年生が30人近くも入り、全体で60
~70人での活動になっていきますので副キャプテンとして気を引き締めて視野を広く行動していきます。







それではみなさん、SeeyouNexttime








コメント
この記事をはてなブックマークに追加