トミーの釣行記

フカセ釣りバカな高校生アングラーの日常と釣行の様子をアップしてます\(^^)/

大晦日ですねぇ~

2014-12-31 17:55:27 | 日記
こんばんわ




昨日の南郷沖磯釣行の余韻に浸っている中3受験生です。


今日は大晦日。2014年最後の日です。
今年も色々なことがありました。


中学校生活を送っていると、時が経つのが早いんですよねぇ~



釣りをしてる方はわかると思うんですが、次の釣行予定日までワクワクしながらあと何日や~あと何日や~と考えているともう釣行当日!

最近の自分は週1で釣りに行ってたので、より時間が過ぎるのが早く感じるようになってます。


フカセ釣りに没頭し過ぎて、「あれ!もう11時!?」なんてことよくあります。




そんで今日は大晦日ということで、福岡から親戚が帰ってきてるので、食事会です。


肉も蕎麦も美味かった


蕎麦に関しては親戚の方が最初から最後まで手作りで、田舎そばっぽい感じで美味しく頂きました。



楽しい夜は更けていき、早めに帰らんと宿題が終わりませんわ。




今日は年が開けるまで宿題しながら起きとこうかな。





それではみなさん、SeeyouNextyear
そして、良いお年を~󾮝
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィナーレ![釣行記]

2014-12-31 07:00:00 | 釣行記
こんばんわ



今日は笑っても泣いても2014年最後の釣行でした。




栄松港から出船するかいゆう丸にて渡礁しました。









着くやいなやこの荷物と人。


写真には写って居ませんがこの奥にもずらーっと荷物と人が並んでいます。


恐らく30人は軽く居ましたね。


自分よりはるかに経験や知識を積んできたであろう磯釣りのエキスパート達が一気に船に乗り込んで行きます。

そして、船長から「水島と近場の磯から先に行くよー」と言う呼びかけがあり、近場に乗る予定だったので、乗船しました。



そして、ワクワクしながらいよいよ出船です。




今日は人が多く、回転効率をよくするためなのか、出船からいきなりフルスロットル!



全速力で走る感覚なんて久しぶりに味わいました。




そんで、自分たちは1番最初に渡礁しました。


乗ってから気付く。この磯どこ?笑


明るくなってからもはっきりとした磯の名前はわかりませんでしました。、


のちのち船長に、磯の名前を聞くと「ホカケ・コズミ」らしいです。水島を真正面に構えた東側の釣り座でグレがよく当たるそうです。

波が1mを超えればほとんど乗ることが出来ない磯だそうです。


確に辺り一面波を被った跡がありました。



到着した時刻はまだ4時。


焚き火をしながら朝飯です。




そして朝飯後、自分はマキエを作り終わったところでエギング。

友達のお父さんは電気ウキを使って、何やら大物を狙っています。




そして開始数分後、電気ウキでフカセ釣りをしていた友達のお父さんがこの魚を掛けます。





美味しい魚らしいので、キープします。



そして自分もエギングをやめ、電気ウキを使ってフカセ釣りを開始します。




すると一投目からアタリがあり、上がってきたのはやっぱりこの魚。



その後も立て続けにヒットして、お土産ゲット~と一安心。






辺りが明るくなって来たので、メジナ狙いのフカセ釣りを始めます。



本日の釣り座。



東を向いて、沖には夢の水島が浮かんでいます。

カケ上がりの釣り座で、波が這い上がってくるので、注意が必要です。


実際足元まで波を被りました。





釣り座からスリワリ方向。


船付けから南郷松島方向。
満潮時刻になると、東側が被り始めたので、船付け付近で竿を出しました。



船付けから築島方向。先々週はあそこの堤防で竿を出しましたね。




そして朝日も昇ってきて、いいムードで釣り開始。
「宜しくお願いします!」
と願いと気合いを込めて、一投目!







まだマキエが効いていないせいか、サシエが取られません。


その後手返しよく投入していると、やっと餌取りが出てきたのかサシエが取られるようになります。



しかし、魚は全く見えません。




タナを浅くしたり、深くしたり、投入する位置を変えてみたりするのですが、ウキにアタリはでずにサシエだけが何者かにかすめ取られます。


満潮時刻に近づき、足元まで波を被るようになって来て、恐らくグレはいないと判断し、船付けに移動します。

船付けでは潮が右から左にゆっくり流れていますが、西風の影響でウキが早く流され、マキエとの同調が難しくなります。


サラシの中や、サラシと潮がぶつかる境目、少し沖の潮を狙ってみますが全く魚も見えず、反応なし。



そんで、もうなんでも掛かってくれ!
と思い、タナを3ヒロから4ヒロ半に変え、深ダナを探ってみます。



すると、ウキがゆっくりシモっていくので、サラシで押されてはないよなーと思い、竿を立ててみると、そこそこ良い重量感。しかし、あまり突っ込みませんでした。



そして上がってきたのは、ビッグブダイでした。





どうやらかなり深く入り過ぎたようですね。
でもそれより浅くすると、全くサシエが取られないんですよ。


その後も東側の釣り座を見てみると、まだ波を被っている様子。


仕方ないので船付けでの竿出しに専念します。



満潮時刻になり、船付けも被るようになって来ました。



ここで我慢するしかないので、とりあえず昼飯。


追加のマキエをつくり、少し海を眺めます。



やはりマキエを打っても魚は浮いてきません。


餌取りが浮いてこないならグレが浮いてくる筈がないので、3ヒロ以上の深ダナを狙い続けます。




そして2時になり、そろそろラストスパートをかける時やなと感じ、潮上の釣り座に移動し、シモリ根付近を狙います。



数投して、マキエもそろそろ効いてきたかなぁ~という頃合に、ウキが鋭く消しこまれました!


慌てて竿を立てると、かなり絞り込まれ、度々竿をのされます。



ロッドワークでシモリ根を交わし、やっとかっとウキが見えてきた頃にフッと軽くなり、切れたのか?と思いながら仕掛けを回収すると、針が残っていたので針ハズレしていました。


竿をコツコツ叩くような引きだったので、パワーと持久力などを考えるとイスズミだったと思われます。


まぁ強い引きを味わえただけでも、少し楽しかったです。なんせ、朝から魚っ気がほとんどないんですから。

また、手前はシモリ根が点在しており、取り込みは難しいだろうも思ったのですが、ロッドワークでかわし、結果的には針ハズレしてしまったのですが、ハリスに全く傷が付くことなく返ってきたので、少し自分の自信になりました。





その後2時45分になり、片付けもあるからラスト一投かなと思い、いつよりも集中して仕掛けを流していきました。



そして、なんと!ここで待望のグレが!掛かるはずも無く↷



仕掛けを回収すると、事件が起きました。




巻き始めると、リーリングが重く感じ、あれ?なんか付いとる?と、とりあえずアワセを入れてみました。


すると、先程のイスズミに負けず劣らずの強い引き!


パワーが少し無かったので、竿でいなし、上がってきたのはブダイでした。






先日の桜島といい、今日といい、何かとブダイに縁があるのでしょうね。



これにて、2014年の釣りは終了!!


最後は海にありがとうございました!と挨拶し、2時50分納竿いたしました。


本日の釣果はこうなってしまいました。

ブダイ2匹と名前の知らない美味しい魚。



名前の知らない魚は煮付けにして、大変美味しく頂きました。

柔らかくて、旨みも凝縮されててとても美味しかったです。




回収時間は3時半なんで、ゆっくりと片付けをします。片付けの最中に今年の釣行総集編を連想してしまいます。

ホントに色々あったなぁ~と、どこか懐かしく、でもその事は鮮明に思い出せます。



今年1年は釣り歴4年の中で、一番成長出来た年だと断言できます。




このことに関しては、自分の意識の変化ではなく、自分に手本を見せてくださったり、初めて会ったのにコツやフィールドの特徴などを教えてくださったり、仕舞いには余った自分のマキエさえもくださったりと、親切にしてくださった釣り人の方々のおかげです。


もう会うことは無いのかもしれません。

だからこそ一期一会の出会いを大切にして、楽しくお互い感化し合って、共に上を目指して行けることができればそれだけで満足です。





今年の自分があったのは、ホントに自分を支えてくれた周りの方々のおかげです。


渡船で同乗した方、同じフィールドで釣りをした方、釣具店の方、渡船屋の方など挙げていけばキリがないです。




その方たちへの感謝を胸に、来年も精進し続けたいと思います。



本当にこの一年間自分を支えて、時には悔しさを味わわせてくれたり、不甲斐ない結果の自分と上手い方との技量を照らし合わせると自分の無力さに、歯がゆい思いをさせてくれました。笑




そんな悔しさが自分の成長を後押ししてくれたのです。



まだまだ熟練された方々の足元にも及ばない技術と知識ですが、とにかく目で見て、盗んで、自分の糧にして、来年は今年以上の成長する姿を皆さんにお見せする事が出来ればなと思います。





本当に今年1年間ありがとうございました!



それではみなさん、SeeyouNexttime
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラスト~!

2014-12-30 01:35:00 | 日記
おはようございます。


現在時刻は午前1時半です。


人が多く、1番船が早まったそうで、2時に迎えに来るそうです。

寒いですわ。

海上は結構風が吹くみたいです。




こんな中釣りに行くなんて普通の人から考えたらありえないでしょうね。



でもその先にはロマンが待っているわけですよ。




夢の一匹と出逢うためにどんな苦労も惜しまない。
これが釣りというものです。




前々から言いますが、これが2014年の締めくくりであり、釣り納です。



実はこう見えても自分は中3で受験生。



年が明ければ塾に宿題、作文、面接の練習などやるべき事が山積みです。




なんで年明けの初釣りは全く予定していません。




おそらく勉強や作文に追われて手が回らないでしょう。




だからこそ、今回の釣り納である南郷釣行に自分のプライドとこれまでの経験、自信の全てを掛けているんです。





それだけ自分にとっては重要な存在するであり、生きがいのようなものなのです。






だからこそ悔いが残らないようにやれる事を精一杯やって、気持ちよく勉強に専念できる?状態にしたいと思います。



そろそろ迎えが来るので、参りましょうか~。




何かしら起こしてきます!



それではみなさん、SeeyouNexttime
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い起こせば…

2014-12-29 16:19:04 | 日記
こんばんわ!


いきなり話は飛びますが、朝からTwitterが問題になってますねぇ~
AndroidユーザーのTwitterアプリが強制的にログアウトされ、その後ログイン出来ない状態になっていました。


自分もユーザーの中の一人なんで、ほんとに困ってましたわ。


今はほとんどの方が復旧していますが、自分のアカウントはすり変わり、これまで通りに使えなくなったので、「ついっぷる」というTwitterの連携アプリを使用しています。

たぶんもう戻りませんわ。





さて、話を戻しましょう。
明日は待ちに待った南郷沖磯釣行ですよ!


移動時間が1時間半かかるので、出船時刻に間に合うためには3時に家を出なければなりません。




そのため、起床時間は2時半です。




冬には辛いコトですが、沖磯に行けるんなら喜んで!何時でも起きれるよ!って感じですね。





そして、今回行く沖磯というのは日南市南郷の沖に浮かぶ磯で、夏のお盆休みに1度訪れています。
http://blog.goo.ne.jp/turibaka2160/e/3592bc9d5c0ea8c5474bbb519e13ec2f">

今思い返せば、全然文章力がありませんね。


今現在も胸を張って言える事ではないんでしょうが、ここまで続けてこれたのもこのブログを見てくださる方々のおかげです。今後とも宜しくお願いします。



そんで、リンクにもありますが、そこでは木っ端グレ、イスズミのみの釣果となってしまったので、今回はその悔しさをバネにして、思いっきり楽しんで苦戦して、学んできたいとおまいます。






そして、今回のマキエです。



明日は若干風が強い予報なので、遠投性を重視してセレクトしました。


これにオキアミ6㌔、アミ3㌔を加えて釣りをします。




1日持つかどうか少し心配ですがね。





まぁ朝の時間帯はエギングするつもりなんで、どうにかなるでしょう。







ということで、今晩はしっかり寝て、明日1日集中できるようにせんといけませんね。






それではみなさん、SeeyouNexttime
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今度こそ!

2014-12-29 05:00:00 | 日記
おはようございます。



昨日の午前中に友達のお父さんからメールがあり、30日に南郷に行く?という話だったので、即効で「行きます
!」返事しました。


と言うことで今日も釣具店に行ってきます。



今度こそ釣り納ですよ。



先日は満足いく結果では無かったのですが、30近いメジナと出逢えた時は、自分がやっている事は間違っていないんだと再確認できると共に、自信に繋がりました。

http://blog.goo.ne.jp/turibaka2160/e/f29a83dd33d0400403e5cbb6eb0dc1ba">






しかし、その一匹を自信にすることはいいのですが、満足して足を止めてしまえばそこで釣りは終わってしまいます。



どんなに満足いく魚を釣っても、まだその上の夢を狙って貪欲に追い詰めていくからこそ釣りは面白いんだと思うので、これからも上を向いて夢を追い求めたいと思います。





そして今回は沖磯ということで、自分はテレビやDVDなどで見たような夢の舞台が目の前に広がり、そこで釣りができると考えるだけで幸せです。

天気も良好ですし、最高の舞台は整ったと思います。



少しの風が強いかなぁ~ってかんじですね。


こんなチャンスほとんどないので、目一杯楽しんで、海から状況を集めて、やれる事を精一杯やれば、何かしらの結果として答えが帰ってくると思うので、これまでやって来たことを信じて、周りに流されずに釣りをしたいと思います。





それではみなさん、SeeyouNexttime
コメント
この記事をはてなブックマークに追加