トミーの釣行記

フカセ釣りバカな高校生アングラーのブログです!1日2回更新してますのでよろしくお願いします!

思い出の地

2016-09-19 20:09:23 | 日記
こんばんは




台風の影響で明日は10時まで自宅待機というかなり中途半端な日程になりました。



さて、今日は小学校、中学校とサッカーをして過ごしてきた高城のグラウンドで練習しました。



今回は室内練習場を借りれたので、初めて足を踏み入れます。




近くで見るとかなり大きいです。


中ではフットサルはもちろん野球も出来るので需要はたくさんありますね。








ちなみに、この室内練習場が出来る前までは芝生が生えており、整備されたコートが広がっていまして、学校が終わると自転車を漕いでここのグラウンドで過酷すぎる練習をこなしてきました。






事あるごとに登らされた階段や坂道は健在ですが、室内練習場が出来てからグラウンドの佇まいはまるで変わりましたね。



苦もあり、時に楽もあり、一生忘れることのない時間を過ごした場所が変わるのは非常に寂しいものでついつい感傷的になってしまいますが、僕らの中でその思い出は生き続けますから一生の宝物になります。





室内練習場の横にあるABコートとCDコートは週に1回だけ練習で使わせてもらってました。


1日で数え切れないほど走らされ、吐きながら涙を流しながら外周の600mをひたすら走らされた時の事は鮮明に思い出せます。


冬場は600mを5周全力で走らされ、ハードな練習をしてから帰る間際でまた5周走らされ、制限時間に間に合わない場合は全員間に合うまで走らされました。



そんな憂鬱な日々が続いた中学校時代も今では強い精神力や負けず嫌いな執念を定着させてくれました。






前置きが長くなりましたが、そんな思い出の詰まるグラウンドでまたサッカーをしに来れる事が幸せでなりませんでした。




中の設備は非常に整っており、人工芝の状態も素晴らしいですね。





合宿疲れでみんな思うようなアクションやキックが出来ませんが、久しぶりのフットサルを楽しみながら練習していました。



中学校でも今でもこんなに手が行き届いた素晴らしい環境でサッカーが出来ることに感謝です。


だからこそゴミ拾いや自転車の止め方など徹底すべきところは徹底します。

ここ、高城グラウンドには神様がいることは高城中学校サッカー部に永遠に語り継がれる伝統である事はいうまでもありません。



夏の中体連では必ず県大会に出場する力を与えてくれますし、都城圏内で当日の強豪、山田中に0対3で3点のビハインドを負って迎えた残り10分で4対4まで追い詰める快進撃もグラウンドの神様のお力添えあってのものかもしれませんね。



最愛のグラウンドへの感謝と共に思い出を胸に秘めておきたいと思います。




それではみなさん、SeeyouNexttime
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の船釣りと日焼け | トップ | 大変な被害 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL