気ままに花日記

絵手紙を描いたり、季節の移り変わりを写真に撮ったりして老後を楽しんでいます。

えりんぎ

2005-10-28 22:22:45 | 絵手紙
ひと雨降ったらすっかり寒くなりました。バスの中からぼんやり外を眺めていたら欅がずいぶん色づいているのにびっくりしました。
花水木の葉っぱも一番に紅葉し、赤い実が色をそえています。
寒さが綺麗な色にさせるのでしょうね。

今日はえりんぎを描きました。単純な形で、色も一色だけ。だから線をしっかり描きたかったのですが鋭い線が描けませんでした。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

観賞用かぼちゃ

2005-10-19 22:12:28 | 絵手紙
今日、お使いに出たときに金木犀の花が落ちてオレンジ色の絨毯のようになっているのを見つけました。余りにも綺麗だったのでかき集めて手にとって嗅いでみましたらあのいい香りは全然しませんでした。そういえばもう何処からも香ってきません。もう金木犀の花の時期は終わったのですね。

ハロウィンにちなんで観賞用のかぼちゃを描きました。いろんな形の物があって面白いけどこれが一番描きやすそうだったので買ってきました。
かぼちゃといえば私には冬至のかぼちゃの方がしっくりいきます。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

かりん

2005-10-16 22:54:30 | 絵手紙
前から足の先が痛かったのでお医者さんに行きました。これは爪が棘の様になって刺さっているからと切り取ってくれました。痛いところに麻酔の注射をしました。何秒かなのですが、とても痛くて悲鳴をあげてしまいました。
切り取った爪を見せてくれましたが、本とに尖がっていました。その晩は少し痛みましたが、次の日は全然痛みも無く幅の広い靴を履きましたが、痛くは無かったのです。
何でもっと早く外科のお医者さんに行かなかったのかと悔やんでしまいました。
絵手紙はかりんです。かりんにみえますか?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アルプス乙女

2005-10-13 23:38:12 | 絵手紙
昨日の絵手紙教室では先生(長野市在住)が教材にと送ってくださったアルプス乙女という小振りのりんごとかりんを描きました。りんごは枝と葉っぱが着いていたので描きやすいかなと思いましたが、なかなかどうして上手く描けません。乾くと色が薄くなるので
もう少し濃い色にすると美味しそうに見えたかもしれません。

6月頃。足の親指の先が痛くなって靴をはくのに困ってしまいました。手術の前に悪いところは全部治しておこうと皮膚科に行き治療して貰いました。すっかり治ったとおもったのにしばらくして又痛み出し、そんなことの繰り返し。今度は外科のお医者さんに行ったら本日休診日。お天気がいいからやることが沢山あったのに、、、ついてない
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

財布

2005-10-12 23:03:18 | 絵手紙
今日は久しぶりの良い天気で朝から大忙し。大洗濯、布団干し、夏物をしまい秋冬物
を出したりと。おまけに布団の打ち直しに出したのが出来上がってきて、ふっくらしたのはいいのですが、押入れにしまうのが大変。ああもう少し広い家が欲しい。

絵手紙は自分の財布を描いてみました。大きく描くのがモットー。
大きく描いても入っている物は変わらないのだけれど。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2005-10-09 22:08:23 | 絵手紙
すっきりしない天気が続いています。
柿も色づいて美味しくなりました。柿と言えば、又子供の頃のことを書いてしまい
ますが、家の周りに柿の木が2本あって早生種とちょっと晩生の種類です。
秋になると柿とさつま芋がいつもおやつ代わりでした。上京してから
柿はお金を出して買うのが馬鹿らしく思ったものでした。今では沢山の種類が
あって味も良くそんなふうに思わなくなりました。
柿を見ると郷愁を誘います。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

甲斐路

2005-10-05 23:21:30 | 絵手紙
雨の中、何処からか金木犀の香りがしてきました。つい先日まで暑い暑いと言っていたのにもうそんな時期になったかと思いました。

今日で放射線治療も終わり、ホッとして万歳と叫びたい気持ちでした。心配した副作用も軽く、これから出る場合もありますが、それは稀にあるもので原因は何であるか判らないようなものだと言うことでした。余り神経質にならずゆったりした気持ちで過ごしていきたいと思っています。

ぶどう2作目。甲斐路を描いてみました。巨峰よりあっさりめで細長い形となんともいえない色合いが好きです。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加