気ままに花日記

絵手紙を描いたり、季節の移り変わりを写真に撮ったりして老後を楽しんでいます。

カーネーション

2008-05-23 18:04:55 | 絵手紙
 母の日の貰ったカーネーション、蕾はまだ沢山付いているのに花はどんどん萎れてしまいました。全部は奇麗に咲きませんね。そこで一枝とって絵手紙にしました。
 管理のしかたを書いた紙には花が終わったら半分くらい切ると又新しい芽が出てもう一度楽しめるとか。そうやってみようと思います。
 
 昨日、映画「最高の人生の見つけ方」(アメリカ製)を観て来ました。余命6ヶ月と宣告された男性二人が病院を抜け出し、生きている間にやりたいことを箇条書きにしてひとつ、ひとつ叶えていくという話です。
 こういうドラマは日本でも沢山あります。涙、涙で私自身も身につまされるのでみたくないにですが、此れは新聞の批評では明るく描かれているというので観て来ました。
 病の身でスカイダイビング、カーレースまがいの事、エベレストに登る等々、こんな風に生きられるはずもありませんしお金も掛かります
 でも何か明るい気分にさせられました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンゴー | トップ | ドクダミ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵 (なお)
2008-05-26 11:55:45
凄い 素敵なカーネーション
私は花びらの多い花は描くのが苦手 どうやって描くの?とじっくり観察しちゃいました
確かに 母の日に贈ってたカーネーションって次の蕾が咲かなくてそのまま終わってしまうんだよね 
あっこれこれこの映画見たいんです 余命数ヶ月っていわれたら私だったらどうしよう?何しよう?って考えます 病気が進行していて何も出来ないでただ点滴して寝ているだけで終わってしまうのかもしれないけど 生きてた証を残したいな~といつも思うの 自分の母が癌で無くなっているから母はこれでよかったのかな?自分の余命を知っていたらやりたい事があったのでは?って今もおもうのよ自宅から映画館が遠いのでDVD出るまで我慢するか~
なおさんへ (youko)
2008-05-28 11:52:52
 筆では細かいとこるがかけないので爪楊枝で描きました。なおさんならお手の物と言う感じだけど・・・
私は適当に描いちゃいました。

私も2回も癌の手術しているので私の終末はどうなるか折りあるごとに考えてしまいます。

コメントを投稿

絵手紙」カテゴリの最新記事