気ままに花日記

絵手紙を描いたり、季節の移り変わりを写真に撮ったりして老後を楽しんでいます。

孔雀サボテン

2017-06-02 10:33:27 | 絵手紙
</d
<font size="4">
 今年も豪華に孔雀サボテンが咲きました。花の命は短くて、1日か2日で萎んでしまいす。
例年よりも花数が少ないので植え替えようかと思っています。

 集団就職その4
 寮の部屋長さんの名前が千春さんと言いました。〇〇子でなくて素敵な名前だなと思っていました。
 この会社を退職後、姉を頼って上京しました。姉が間もなく長女を出産した時に何日か手伝いに行きました。
命名の時に仲人さんが名前を三つほど用意してくれてその中に千春がありました。
とっさに千春が良いと言ってその名前になったのです。

その事は姪の千春さんには言っていませんが気に入ってくれているようです。
何故かというと自分の子供にも千鶴と付けているからです。

 後もう一つ、名付け親になった事があります。
会社の労働組合の執行委員の名前が〇✖猛でした。組合の連絡事項の後に猛の名前が書いてありなんて強くて男らしい
名前だと思ってその名前が好きになりました。本人はどんな人かわかりませんでしたが・・・

 実家の兄の三男が生まれた時も実家にいました。兄が出稼ぎに行って居なくて名前も用意していてませんでした。
猛はどう?と言ったらそのまま猛になりました。

後で聞いた話ですが兄の長男、二男は親の名前を一つもらって付いているのに自分だけ違っていて何処かから貰われて
来たのかと悩んだ時期があったと聞いて私も心が痛みました。

 「ひよっこ」も向島電機からそれぞれに巣立って行くようです。
私の集団就職の話もこの辺で終わりにします。つまらない話に付き合ってくださった方有難うございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドクダミ | トップ | 紫陽花二種 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
覚えているのですね (atuko)
2017-06-02 19:13:45
集団就職のお話し読ませて頂きました。
鮮明に当時のことを覚えているのですね。
それだけ強い思い出の印象があるのでしょう。
部屋長さんの名前を姪子さんに付けたり、お兄さんの
三男さんのな名付親になったり、ユニークなお話しも
興味を持ちました。

孔雀サボテン豪華ですね。上手に育てて素晴らしいです。
上京 (マム)
2017-06-03 08:29:35
私は就職での思い出は
父が大病で入院し母が忙しなか
駅まで見送りに来てくれました
その時母の服からナフタリンの匂いがした記憶がなぜか鮮明に残っています

孔雀サボテンダイナミックに描かれていいですね
atukoさんへ (youko)
2017-06-04 10:41:34
おかしなもので最近物忘れがひどく悩んでいるのにあの頃のことはよく覚えています。

きっとド田舎から出てきて珍しいことだらけだったからかもしれません。

孔雀サボテン、蕾が一個あります。それが終わったら植え替えます。
来年のまたきれいに咲かせたいと思っています。
マムさんへ (youko)
2017-06-04 10:51:00
私もその頃父を亡くしました。
父との思い出はあまりありません。

旅立ちの時お母さんも大事にしまい込んでいた着物を着て送り出してくれたんですね。

孔雀サボテンは大きくて華やかすぎてうまく描けません。
歯がゆい気持ちでです。

コメントを投稿

絵手紙」カテゴリの最新記事