不動産鑑定士 佐藤栄一が仕事や生活で感じたことをつづります
 



年度末までの仕事の山、越えました。これからは、少し余裕が出ると思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨夜、平成26年地価公示(価格時点H26.1.1)が発表になりました。

福島県内の地価は、全用途の平均変動率で+0.8%となり、なんと22年ぶりに上昇に転じました。

この「全用途」というところがポイントで、

住宅地、商業地、工場地に係る県内の全調査地点の平均変動率がプラスになったということです。

単に”上昇地点が見られた”ということではなく、

浜通り、中通り、会津地方の市街地から山間部までの全てを含めて、平均でプラスに転じたわけです。

もちろん郡部を中心に下落が継続している地点も多々ありますが、
いわき市を筆頭に主要都市では総じて地価が上昇に転じました。

最大の要因は、震災被災者(特に原発事故被災者)の旺盛な移転需要によって取引水準が上がったことです。

原発事故による財物賠償は、現在ピークを迎えており、この傾向は当面継続するものと思われます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )