不動産鑑定士 佐藤栄一が仕事や生活で感じたことをつづります
 



原発事故の財物賠償基準が、7月に政府と東京電力から公表され、現在その具体的な適用準備が進められています。

その関連で、私も双葉郡の今後のあり方を考えることが多くなっています。

その中で、やはり強く思うのは、「帰還をあきらめる決断が必要な地域もある」ということです。

事故後1年半経っても、空間放射線量が毎時数十マイクロシーベルトに及ぶ地域が残されています。

現在、政府も、県も、地元自治体も、そのような地域であっても最終的には帰還を目指すとしています。

しかし、そのような地域は、居住できるようになるまでに数十年かそれ以上かかります。しかも、そのような地域に対する除染計画は、生活圏だけしか示されておらず、農地や山林については除染方法すら確立されていません。

仮に生活圏の除染を行ったとしても、雨水等とともに山林から放射性物質が里に流れてくることは目に見えています。

そのようなところに、果たして地域を背負う若い世代が帰還するでしょうか?

若い世代が帰還しなければ、地域の将来は「無」です。

そのような現実を、政府も、県も、地元自治体も、そして被害者の方々もわかっているはずです。

それなのに、誰一人として「そこはあきらめてみんなで他のところに移りましょう。除染にかける膨大な費用を、新天地での生活が可能な十分な賠償・補償に回しましょう」と言いません。

ですが、原発事故の被害者対応を巡る混乱の多くは、「決めなければならないことを決めない」ことに起因すると思われてなりません。

先日、被害者の方々の声を直接聞く機会がありました。

中途半端な、その場しのぎの、聞こえの良いスタンスが、どれだけ被害者の方々のこれからの生活設計に影響を与えているか、みんなで真剣に考えなければならないと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




空間放射線量と不動産の売れ行きは、やはり関連していると思われます。

地震の被害が少なく、放射線量も低い郡山市「東部ニュータウン」の人気は高く、競売物件が出ると買受け可能額よりもはるかに高い金額で落札されているようです。

一方、同じ大規模住宅団地でも須賀川市の「季の郷」などは、放射線量が相対的に高いとされ、競売でも応札者がいなかったりしているようです。

市場参加者は、現実を見据えています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




平成25年地価公示の点検作業が開始され、担当標準地の点検とともに、対象標準地の前面道路の空間放射線量を測定しています。

個人の住宅等が建っている対象標準地の敷地内には立ち入れないため、前面道路について計測するしかないのですが、今日計測した地点の中には、前面の舗装道路上高さ1mで0.35μSv/h程度だったのに対し、参考として計測したすぐ近くの空地(土の上)では1.5μSv/hと一気に高くなるケースもありました。

まだ、郡山市内ではこのような所がたくさん残っていると思われます。

郡山市の代表地点として毎日空間放射線量が発表されている「郡山合同庁舎敷地」では、現在0.5μSv/h程度ですが、土の上では空間放射線量が高くなる傾向にあることに、まだまだ注意しなければならないと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




早くも平成25年地価公示のための点検作業が始まりました。

今回の地価公示は、作業開始時期が例年より早くなっています。

地価公示の行き届いていない点を指摘する声が各方面からあったようで、

それに対応すべく、今回は実務上様々な変更点があります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年のお盆は12日が日曜日だったこともあり、12日から昨日の15日まで少しまとまって休みました。

まだ、猛暑が続いていますが、気持ちとして「夏」は終わった感じです。

今年の夏は、7月の最終土・日にボーイスカウトのキャンプがあり、子どもたちと川で泳いだりして楽しみました(段取りは大変でしたが、子どもたちの楽しそうな顔で苦労は吹っ飛びます http://www.scout-koriyama1.org/BVS/)。

8月初めには、久々の家族旅行で、北海道(札幌・小樽)に行ってきました。札幌は大都会ですが、東京などと比べると大変のんびりした印象で親近感が沸きます。

さて、今日から、秋に向けて仕事開始です。

原発事故関連では「財物賠償」の基準が7月に政府と東電から示されており、特に土地・建物の価値判断に際して、力にならなければならい場面が出てきそうです。

不動産鑑定事務所としての通常の評価業務に精励するほか、社会的に必要とされるこれらの周辺業務にも機敏に対応できるように事務所の体制を整えておきたいと考えています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




須賀川市市街地にある名店です。

ものすごく古い店舗で営業されていましたが、震災で大きく被害にあったらしく建物が取り壊されてしまいました。

残念に思っていると、もとの店舗の100mほど南側に仮店舗を構えて営業されていることがわかりました。

仮店舗も、とても古い建物です。

先日、須賀川に行く機会があったので、仮店舗に入ってみました。

メニューは、以前と同じです。

迷わず「中華そば」を注文。

味も前と変わらず美味しかった。

濃いめのスープに、独特の麺が絶妙にマッチングしています。

病み付きになる味は健在でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )