不動産鑑定士 佐藤栄一が仕事や生活で感じたことをつづります
 



私にとってのシーズンイン。恒例の郡山シティマラソンを今日走ってきました。

ことしから10マイル(16km)がなくなって、その代わりにハーフマラソンが新設。

ハーフにエントリーするも、今年は3月末まで仕事が忙しかったことや、4月は松江への少し長い出張が入ったことなどから、準備・調整が間に合わず、記録狙いなどとんでもなく「練習の一環」としての出場になりました。

したがって、とりあえずの目標は「なんとか2時間切り」という控えめなものでした。

コースは、10マイルのコースには無かった急坂上りがあり、変化に富んで面白くなったと思います。

結果はいかのようでした。

スタート~5km 27:25
5km~10km 27:47(長さ数百メートルと思われる急坂上りあり)
10km~15km 27:35(逆に急坂下りあり)
15km~20km 26:39
20km~フィニッシュ(約1.1km) 5:21
トータル (ネットタイム)1:54:48
ハーフ男子18歳以上の部 1748名中716位 でした。

どこまで持つかわからなかったので、
15kmまでは1km5分30秒ペース(5km27分30秒ペース)でがまんして
15km以降でペースを上げました。

今の状況ではまずまずだったと思われます。

やはり走るのは性に合っています。

今年もやる気になってきました。

ここ数年出場していた5月の仙台国際ハーフマラソンは、仕事が多忙な時期にエントリーが終わっていて今年は出場できなくなってしまいましたが、適宜他の大会を選んで「おっさんラン」を楽しみたいと思います

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年は3月末まで仕事が目白押しで、ランニングに時間が割けていません。

春先からのレースを考えると、この時期は長い距離の走り込みをしていなくてはならないのですが、現在は週に2回ほど、1回につき5kmほどしか走れていません。

ランナーとしては大変まずい状況なのですが、やはり仕事第一!の日々です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




平成28年11月13日の「第2回さいたま国際マラソン」でネットタイム3時間59分47秒で走り、念願のサブ4を達成しました。
55歳でやっとサブ4ランナーの仲間入りです。

ランナーズアップデートによる5kmのラップタイムは以下の通りです。

スタート~5km 29分27秒
5km~10km 28分29秒
10km~15km 28分11秒
15km~20km 28分18秒
20km~25km 28分23秒
25km~30km 28分28秒
30km~35km 28分25秒
35km~40km 28分14秒
40km~ゴール 11分51秒

ラップタイムを見ると、ほぼ一定のペースで走り切っています。

前半、中盤、後半に分けると、前半と後半にかなりのアップダウンのあるコースでした。

後半の30km過ぎからは足が止まってしまっているランナーが多い中で、ペースアップにトライしました。
結果は、ほとんどペースアップできませんでしたが、減速は避けることができました。

それでも、ずっと微妙なペースで最後はひやひやでした。

ラストの1kmくらいからスパート(実際はともかく、気持ちとしてはスパート)して、すれすれで滑り込みました。

この走りが、約4か月にわたる準備期間の中で目指してきたものでした。

達成感でいっぱいになりました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私にとっての今年の第4戦、「伊達ももの里マラソン」を走ってきました。

伊達市(旧保原町)で開催される大会で、最長10kmと短いにもかかわらず日本マラソン100選に毎年選ばれている名物マラソンです。
小都市ながら、今年で第56回を数える歴史のある大会で、アットホームな雰囲気で、かつ運営はとてもスムーズです。

特徴は猛暑と参加賞としてもらえる当地の名物「桃」です。

私もしっかり美味しそうな「桃」をいただいてきました。

例年30℃を超える猛暑のほうは、今年に限って鳴りを潜め、なんと気温20℃で天候曇りという信じられない好コンディションでした。

昨年までは出る大会すべてに全力を尽くして疲労をため込むということを繰り返してきましたが、今年からはこれを改め「狙う大会」と「練習で出る大会」に分けています。

今回は、11月の埼玉国際マラソン(狙う大会)のために、練習で出る大会の位置付けです。

このため、ターゲットタイムを50分00秒(1km5分ペース)に設定し、結果49分55秒で走りました。

90%~95%くらいの感じです。余裕を持って走ったためラストでペースアップすることができ、元気にゴールしました。

手元の腕時計で計測した1kmごとのラップは以下のようでした。
スタート~1km 5:14
1km~2km 5:01
2km~3km 5:15
3km~4km 5:10
4km~5km 4:54
5km~6km 5:01
6km~7km 4:59
7km~8km 4:46
8km~9km 4:54
9km~10km(ゴール) 4:39
トータル(手元計測のネットタイム)49:57
トータル(記録証のネットタイム)49:55
トータル(記録証のグロスタイム)50:20


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




仙台ハーフの後、5月は「放牧期間」で休養。6月に徐々に再開し、7月は7割~8割まで戻し110kmほど走りました。

今日から8月、ランの方も本格稼働です。

今月の末に伊達の桃の里マラソン(10km)を猛暑の中走り、10月に須賀川の円谷メモリアルマラソン(ハーフ)を走り、11月にさいたま国際マラソン(フル)を走る予定です。

桃の里と円谷メモリアルは練習です。ピークをさいたま国際に持って行って、どうにか4時間を切りたいものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




仙台ハーフの後、仕事がものすごく忙しくなったこともあり、箱根駅伝直後の青山学院大学にならって「放牧期間」としてランニングを休んでいました。

ところが、ものすごく体が“気持ち悪く”なってきて、居ても立ってもいられなくなってきました。予定では5月いっぱい「放牧期間」とするつもりでしたが、「放牧期間」を打ち切り、今日5kmのジョギングを行いました。

なんと気持ちの良かったことか

この約2週間、土日も平日も朝から夜まで仕事仕事でした。それでも仕事は全然予定しているところまで届いていません。でも、やはり、気分転換は必要です。

当分の間、仕事から解放されそうにないので、しばらくはレース向けの厳しいトレーニングはせず、”生き返る”ために少しずつ走るつもりです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日、今年の第3戦、仙台国際ハーフマラソン2016を走ってきました。

写真は、整列の風景です。
気温は20度を超え暑かったですが、素晴らしい五月晴れでした。


結果は以下の通りでした。
ランナーズアップデートで計測された5kmごとのラップ
スタート~5km 26:47
5km~10km  25:17
10km~15km 24:47
15km~20km 25:30
20km~フィニッシュ(21.1km)5:36
トータル(ネットタイム) 1:47:57

手元の腕時計で計測した1kmごとのラップ
スタート~1km 5:47
1km~2km 5:25
2km~3km 5:16
3km~4km 5:16
4km~5km 4:58
5km~6km 5:11
6km~7km 5:03
7km~8km 4:57
8km~9km 4:53
9km~10km 5:13
10km~11km 4:54
11km~13km 9:43(12kmが計測できず)
13km~14km 5:02
14km~15km 5:07
15km~16km 4:54
16km~17km 4:54
17km~18km 5:23
18km~19km 4:50
19km~20km 5:26
20km~フィニッシュ(21.1km)5:37
トータル(ネットタイム) 1:47:57

レース後にいただいた完走証によると1,697位(一般の部男子エントリー数 約8,400人中)です。

今年第1戦の大阪ハーフ後、前半を抑えて後半で伸ばす練習プランに取り組んできました。
今回は、目標を1:47:15に設定していたので40秒ほど届かない結果となりました。

ラップを見ていくと、新しい練習プランの成果がある程度出たともいえ、それほど出なかったともいえます。
多少の凸凹はあっても15kmまではほぼ予定通りでした。
15km~20kmがもう少し粘りたかったところです。
特に18kmと20kmの落ち込みが痛かったです。
ただ、16km、17km、19kmはそれなりに粘っています。

全体としては、大満足はできないけれど、小満足といったところでしょうか。

今年も高橋尚子選手がゲストランナーで来ていて、レース中にハイタッチをすることができました。
また、写真の撮影ポイントでは、それなりに対応してポーズを取ったりしましたので、公開が楽しみです。

さらに(時間は前後しますが)前日の夜は、大学時代の陸上部短距離の同輩と牛タンで一杯やって今日の健闘を誓い合うこともできました。

これで今年前半の山場が終わりました。
明日からしばらくは、“放牧期間”に入って練習ペースを落とす予定です。

仕事が相当忙しくなってきたので、仕事をがんばらなければなりません。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月29日に恒例の郡山シティマラソン(10マイル≒16km)を走りました。

私にとっては、1月の大阪ハーフに続く今年の第2戦です。
5月8日予定の仙台国際ハーフの練習です。

今年は、福島県不動産鑑定士協会の不動産鑑定士や事務局スタッフも出場!
全員完走後に集合写真を撮りました。
↓↓


一番髪の毛がないのが私(右端)

一番若いH先生(左端・20代)は、いきなり好タイムをマークしました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1月31日(日)大阪ハーフマラソンを走ってきました。
大阪国際女子マラソンと同時にスタートし、同マラソンの後半部分を走るハーフマラソンです。

女子のエリート選手たちが後ろか迫ってくるため、何箇所か時間の関門が設けられており、それに間に合わないと排除されてしまう仕組みで、市民マラソンとしては競技性が高い大会です。
制限時間も2時間で、厳しい設定でした。
一方、平たんなコースでタイムを狙いやすいと言われていました。

また、ゴールは女子マラソンと同じ長居スタジアムで、ハーフマラソンのゴール後に、女子マラソンの選手たちのゴールを観戦できるというお楽しみ付きでした。(因みに女子マラソンは福士選手が好タイムで優勝しました。)

レース前の大阪城公園の様子です。大阪城が見えます。


これまでのベストは昨年の那須塩原ハーフの1時間46分30秒程度。
今回は1時間46分を切るベストタイムを狙いました。

ところが、17km過ぎから失速し、目標を2分30秒以上オーバーしてしまいました。

スタート時や給水をとるときの混雑を考えても、想定外のタイムに終わりました。

残念!
悔しい!
でも極端な失敗レースではない。
しかし、もう少し何とかならなかったか?
年だからしょうがない?
いや、タイム自体が問題じゃない。
17km過ぎから「気持ちよく快適に」走れなくなったことが納得できない。
なんで17km過ぎから体が動かなくなったんだ…

様々なことが頭をよぎります。

でも、こんなことの繰り返しで走っているような気がします。
なかなか上手くいかないからこそ面白い。
次回はどうにかしてやろうと思う。

第2戦は練習として走る地元郡山のシティマラソン(4月下旬)
第3戦は記録を狙う仙台の杜の都ハーフ(5月上旬)
の予定です。

しっかり観光もしてきました。
アベノハルカスでは、最上階の展望台の更に上のヘリポートまで登るツアーに参加しました。


ハルカスのヘリポートからは、ゴールの長居スタジアムも見えました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年はレースを6本走りました。
戦績は以下の通りです。

2月東京マラソン(フル)…4時間12分39秒(ネットタイム)←自己ベスト

4月郡山シティマラソン(10マイル=約16km)…1時間19分08秒(ネットタイム)

5月仙台国際ハーフマラソン(ハーフ)…1時間52分36秒(ネットタイム)←申告タイムを誤って最後尾のグループでスタート。遅い集団から抜け出せず失敗レース。

6月浅川ロードレース(10km)…47分37秒←自己ベスト

8月北海道マラソン(フル)…4時間18分35秒(ネットタイム)←東京マラソンと同等のタイムを狙っていたが後半失速

11月那須塩原ハーフマラソン(ハーフ)…1時間46分30秒(グロスタイム)←自己ベスト


結果としてフルマラソン、ハーフマラソン、10kmで自己ベストが出ましたが
からだに尋ねてみると、「もう年だし、これで一杯一杯なんじゃないの?」と言っているような気もします。

どうにかしてフルマラソンは「サブ4」(4時間切り)で、ハーフマラソンは1時間45分30秒(1km=5分ペース)で走りたいのですが、加齢に伴う基礎体力の低下は否めません。

もしかしたら来年あたりが最後のチャンスになるかもしれません。

でも、快適に快走した時の心地よさは何にも代えがたいものです。

目下、来年1月下旬の大阪ハーフマラソンを目指して寒風の中走りこんでいます。

マイペースで、少しでも長く走っていければと思っています

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日、那須塩原ハーフマラソン2015を走ってきました。

1時間46分30秒で走り、自己記録更新です!
(今日の記録はグロスタイムです。ネットタイムだとグロスより数十秒ほど早かったと思いますが、残念ながら計測がグロスのみでした。)
(順位は男子50歳以上の部で460人のエントリー中98位、男子全体では1,214人のエントリー中380位でした。)

これまでの記録は2013年仙台杜の都ハーフマラソンの1時間46分59秒(ネットタイム)でした。

那須塩原は平坦で記録を狙いやすいと聞いていましたが、その通り走ることができました。

平坦と言っても、実際に走ってみると、最初の9kmまではずっとゆるい上り坂、それからの8kmくらいがずっと下り坂で、残りの4kmが平坦でした。

だんだん苦しくなってくる中盤以降で下りが続くので全体として走りやすい感じがするのだと思います。

今日は、最初の9kmは向かい風も吹いて、1km=5分15秒程度のペースで行くのが精いっぱいでした。

でも下り坂に入ってからは1km=4分45秒~50秒程度で走ることができ、最後の3kmは1km=5分00秒を維持できなくなりましたが、どうにか最低限は粘りました。

1km=5分00秒のイーブンペースで走り通すと1時間45分30秒のフィニッシュになります。

今回はちょうど1分オーバーしました。

次は1時間45分30秒(1km=5分00秒のペース)が目標になります。

これが達成できるとフルマラソンでのサブ4も見えると思います。

すでに54歳。体力の衰えをいかに上手にカバーしていくかも楽しみの一つになってきました。

また、何といっても仕事が第一なので、練習に割ける時間は限られます。

量よりも質を高めて、長く走り続けることができればよいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




北海道マラソンが終わり、今、妻と札幌で学生をしている息子と一緒に焼鳥屋で夕食をして、宿泊先のホテルに戻ってきました。

結果は、ネットタイムで4時間18分35秒でした。

最後まで歩くことはなく、昨年の記録よりは26分ほどよいですが、2月の東京マラソンよりは6分ほど遅れました。

今日の札幌は気温がそれほど高くなく、比較的走り易かったことを考えると物足りない感じですが、自分としては今の実力かと思っています。

30km以降、タイムが下がっていくのを必死でカバーしようとしたのですが、東京マラソンのときのようにはカバーできませんでした。

ただ、それでも極端な落ち込みにはならなかったのは、練習の成果と思いたいものです。

今年は、まだ夏休みを取っていなかったので、少し北海道を楽しんでから帰る予定です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




北海道マラソンの朝がやってきました。

昨日、妻とともに札幌入りして準備万端。

54歳にしてフルマラソンのスタートラインに立てる健康に感謝!

自分の体力と存分に会話して楽しんできます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




8月30日の北海道マラソンが近づいてきました。

8月上旬までは猛暑だったため、練習量は十分とは言えませんが、

昨年の同時期と比較すると走る距離は相当延びています。

怪我もせず、ここまで来れて神様に感謝です。

北海道遠征の時間を確保するため、お盆休返上で仕事に取り組みました。

ここまで来たら「夏の過酷なマラソン」を存分に楽しんできたいと思います

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




浅川ロードで10kmの自己ベストをマークした後、8月30日の北海道マラソン(フルマラソン)に向けて練習していますが、厳しい状況になっています。

ハーフ(21km)までは走れる力がついていると思うのですが、練習で20kmを超えるといきなり体が動かなくなります。

2月の東京マラソンで1km=6分のペースを保って走ることができたのが幻のようです。

時期が違うので暑さの影響は確かに大きいとは思いますが、20km以降の消耗が激しすぎます。

週末の練習では30km走を取り入れようとしているのですが、ここのところ2回続けて25km付近でリタイアしてしまいました。

北海道マラソンの目標は、東京マラソンと同じ1km=6分ペースの4時間12分台においています。

昨年、初めて出場して、暑さに対応できず、目標に置きつつも全く歯が立たなかったタイムでもあります。

焦ることなく、出来る限りの準備をしようと考えていますが、昨年のリベンジが叶うか正念場になっています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ