つれづれ人の日々

暇に任せてのブログ、怠け者の私でも2・3日置き、いやいや4.5日置きなら何とかなりそうです。

西芳寺は閉ざされたまま

2017-04-20 23:59:42 | 日記

 

松尾大社から西芳寺目指して歩く。

かなり以前から、苔が傷むということで一般公開はされていない。

この辺りは、閑散として観光客も少ない。

川越しに覗くツツジ(ミツバツツジ)

途中にある地蔵院はこじんまりした小さな竹の寺、一休禅師が幼少の頃修業したといわれている。

参道の早緑が明るく美しい。

小さな山門をくぐると本堂、今は工事中で無粋なネットに囲まれている。

大きくて華やかな白い椿、花がぼったり落ちるのか、ハラハラ散るのか両方落ちている。

蒼く粉を拭いたような孟宗竹。

竹のこは孟てしまった。

訪れる人はまばらで閑静。

 

通称鈴虫寺、参道は急な階段、山門をくぐった庭に余裕がない。

いきなり受付の人と目が合ってしまい、そこそこに引き上げる。

竹の梢にオオルリ、若葉被りで色が出ない。

 

ここから家まで道がわからない儘、川沿い下れば何とかなると歩き始めた。

途中、休憩するような店も見当たらず、遮に無に歩き迷いもせずに、何とか家にたどり着いた。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大覚寺門前の池、大沢の池の... | トップ | 夏が思いやられる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。