ゆる~い毎日が好き

わが家の宝の犬&猫と
趣味の手芸も載せています
(小物レシピも紹介しています)

モモちゃんの犬生に花まるをあげましょう

2015-12-10 16:03:24 | 悲しいこと・悔しいこと
前回モモの介護をしながらスマホで記事をアップしたその日の夕方

12月8日午後3時45分、モモは旅立ちました。

明け方4時ころ外でウンチをした後から苦しみだしゲージに入れて酸素を吸わせたのですがいつもと様子が違い

狭いゲージの中をキャ~ンと何度も鳴きながらぐるぐる回り始めました。

人が来て吠えると言うことがあっても、我慢強いモモはまずキャ~ンと鳴くことはありません。

亭主を起こして二人で看ていましたが、頭をあちこちにぶつけるのでゲージの中を座布団で囲いました。

舌を出して苦しそうにハァハァしながら鳴きます。

どうすることもできず見守っていること4時間

少し落ち着いてきたので抱っこして外の空気を吸わせ、あとはゲージに入れるとかえってストレスがたまるかな?と

自由にさせていましたが前日まで食べていた食事も食べないし、水だけは何度も飲ませていましたが部屋の中を歩き回り

あちこちにぶつかっては倒れ、また歩き出し抱っこしても暴れて下りると言います。

仕方なく部屋の椅子やテーブルを端に片付けて、あるだけの座布団でぶつかっても痛くないようにしてモモの好きなようにさせていました。

亭主は元気と散歩へ出掛け、私が風呂掃除をして戻ったらモモは寝ていました。

ようやく眠れるようになったのだな・・・と安心し、息をしているのを確認して米をとごうとキッチンへいきましたが

どうも気になりすぐにモモのところへ戻ったらもう息絶えていました。

たぶん寝ていたのではなく私の見ていないところで倒れたのでしょうね。

あれだけ私の腕の中で逝かせようとひと月の間、交代で寝ないで看ていたのにモモを一人で逝かせてしまいました。

それだけが悔しくて残念でなりません。

9日の午前中にメモリアルさんに来ていただき、慣れ親しんだ我が家の庭で荼毘することができました。



犬歯と指の骨をカプセルに入れてもらい、散歩へ行くときは家の鍵とバッグの中、

車で出かける時もいつもモモと一緒です。

従姉妹の家のパグ犬アリスも同じ病院へ通っていて、最近モモとアリスが親戚とわかった先生が

薬をもらいに行った私には『モモちゃん頑張ってますね』としか言わないけれど

従姉妹には『あの状態で生きているのが信じられない』と言ったそうです。

先生にそこまで言わせたモモの生命力とがんばりに花まるを上げましょう!

モモは賢い子です。

年老いた飼い主がペットロスにならないように自分が苦しいけれど頑張って私たちに別れる準備をさせてくれたのですね。



今頃は



チャピィちゃん(左・モモのお母さん)や



姉妹のちびちゃん(右)と会っているかもわかりませんね。

モモが苦しみから解放されたと思うとホッとしながらも寂しくてたまりません。

でもペットロスにはなりませんよ!

モモのためにも。

モモのこと、気にかけていただきありがとうございます。

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

穏やかな日々に感謝しています

2012-03-25 03:28:16 | 悲しいこと・悔しいこと
前日まで元気だったブログ友hanaさんのお家の海ちゃんがお星様になってしまいました。

大きな身体で、大きな心で空ちゃんや菜々ちゃんを見守っていた海ちゃんが
こんなにもあっけなく逝ってしまうなんて・・・

ショックで夕方からボ~~としていました。

むなしいですね・・・

やるせない気持ちでいっぱいです。

今の私の部屋の風景です。

    

遅れて上がってきたモモはみかんにいつもの場所を取られ、仕方なく枕のところで寝ています。

    

みかんは・・・

外は雨で、2回は下で捕まえて足を拭いたのですが、敵もさるもの!

足を拭かせまいと3回目は二階から猫ドアを使って入ってきた様子で
足がドロドロ~~

    

でも、いいんです。

足がすこしくらい汚くても、ねずみを捕まえてきても
なんでもいいのです。

元気なら・・・

そんなことを考えさせられた一日でした。


  ☆ 海ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

地震の思い出

2011-03-12 09:45:49 | 悲しいこと・悔しいこと
2011年3月11日午後2時46分、
マグニチュード9.0の東日本大震災が起こりました。

私のところは震度5弱で被害はありませんでしたが、
外に出たのはいいけれど立っていられませんでした。

同僚たちは外へ出た方が危ないといいましたが、
大きな地震を経験している私は呑気に中にはいられませんでした。
幸い、会社も自宅も物が落ちることもなく、何の被害もありませんでしたが、
私は北海道出身で、大きな地震を2度経験しています。

最初は1952年3月4日の十勝沖地震です。

これはうっすら記憶がありますが、
4歳になったばかりの私は叔母のお古のお雛様で遊んでいたら、
いきなり父に雪のたまっていた裏庭にほおり投げられました。
何も悪いことをしていないのに、なぜあんな仕打ちを受けたのか?
子供心にも不信感が残りましたが、何年か後に
あの時の記憶は地震だったとわかりました。

このときはマグニチュード8・2
震度は


そして2回目は帯広に勤めていた時の1968年5月16日の十勝沖地震です。

みんなが外に出たのに私は大丈夫だろう・・・と座って仕事をしているうちに立てなくなりました。
そのとき、組合長をしている方が迎えに来てくれて、手を引いてくださり外へ出ました。
さすが!組合長!
まだ20歳の時のことです!

その直後にショールームの大きなガラスが全部割れ落ちました。
このときはマグニチュード7・9
震度は
街中の会社だったので向かいの食器屋さんは窓ガラスから、
陳列している器からめちゃめちゃでしたが、
お向かいの某銀行はガラスひとつ割れませんでしたね。

この震度は正しいのかな?と思うほど、私の記憶の中に強烈に残っています。

当時は今のような情報はなく、ましてアパートで一人暮らしの私はラジオすらない生活でしたので、
汲み取り式トイレの攪拌されたウ○チの臭いに参ったことと、
歩いて帰宅したら、唯一の相棒の金魚が水が揺れて飛び出して
ご臨終だったこと。
これくらいで済んだのが奇跡でしたね。

これ以外にも宮城沖、阪神淡路、北海道南西沖、新潟中越・・・いろいろありました。

そして昨日の東北地方太平洋沖地震。
テレビ画面にリアルタイムで流れる映像に言葉もありませんでした。
改めて津波の恐ろしさを目のあたりにして、これからも被害状況が大きくなると思われる今回の地震。

一人でも多くの方が救助されることを願っています。 

追記

今、都忘れさんと連絡が取れまして、彼女もご家族の皆さんも無事とのこと。
停電のため車の中で携帯の充電をしているそうです。

仙台市、若林区・・・
彼女の住所なので、テレビでこの住所が放送されるたびにドキッとしていました。
本当によかったです。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

悲しくて 悔しいできごと

2011-01-09 17:11:22 | 悲しいこと・悔しいこと
ここ2日ほど、虚脱感でいっぱいです。

生後2ヶ月で何者かに後ろ両足を切断され、側溝でか弱く鳴いていた仔猫が
保護され病院で預かっていたけれど、保護主は飼えないとのことで
センター送りになる寸前に、やさしい方に引き取られました。
『あさりちゃん』と名前をつけてもらい、たくさんの先輩猫ちゃんと
仲良く暮らしていました。

この間、なんども辛い手術をしてはその都度回復し、愛くるしい顔で
みんなに愛されて幸せに暮らしていたのですが、小さい体では頑張れ切れずに7日、
たった8ヶ月たらずで虹の橋を渡りました。

お時間のある方は左のブックマーク4番目
『気ままに・・・にゃン!我が家のにゃんず』
なかちゃんのブログをぽちっと押してください。

このような子がいたことを少しでも多くの方に知って欲しいのです。

http://blog.goo.ne.jp/nakachan777_2005

さて、我が家のみかんちゃんは

         

首輪は暮れにかったばかりで新しいのよね。

                       

あれ~~!ないよ~~
どうしちゃったの?

外を走り回るので引っかかったときはすぐに取れる首輪にしたら
何日つけたのかしら?

・・・で、早速みんなでモールへ買い物に行きました!

元気は極端に体が硬く、着せやすい洋服でなければ他にたくさん洋服があっても
面倒でなかなか着せないので、今日はとりあえず着せやすいのを・・と選びました。

         

これなら大丈夫!

後は3匹のご飯やら、壊れた元気のリードやら、おやつを買い
何か忘れている?と思いながら帰宅したら・・・

みかんの首輪

忘れました・・・
別にあなたが可愛くないって訳じゃあないんですよ。
ただ、モモや元気より影がうすいだけ・・・

明日、また行ってきます!
ショッピングモールでなくてもいいよね、ホームセンターで・・・
ごめんね、みかん。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加