つららな感じに~♪

つららが見たり感じたりしたことをつづっていこうと思います。よろしく~♪

新しくなった津山駅前バスターミナル!

2017年05月17日 18時59分02秒 | Weblog
5月14日に「美作スローライフ列車」に乗ってきたのですが
そのお話は後日に。
というのも画像の処理がめんどくさくてw
今日は完成間近いバスターミナルがすっごくきれいだったので。


駅は前とさほど変わっていません。

バスターミナルには屋根が付居てます。
雨でも乗り降りにぬれなくていいですね。






駅前交番も新しくなって
古都の街にふさわしいたたずまいに!


駅の待合室の天井の絵
これは前からあったのかどうか?
今まで天井見上げたことがないもので
初めて気が付きましたw


後30分ぐらいでスローライフ列車が出発です。
早めに改札してホームに行くかな?
慌てる必要も並ぶ必要もないんだけどね。
往復指定席だから・・・・


ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トミカ博 | トップ | スローライフ列車の旅「いっ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えびあん)
2017-05-17 21:26:29
ホームとかバスターミナルの屋根ってなんで小さいんだろうね。
風もなく真っ直ぐしとしと雨が降ってるならこの大きさで問題ないんだろうけど、少しでも風が吹いたら屋根の下で傘ささないと濡れるよね。
ってここで愚痴ってもしょうがないけどさw
Unknown (でぃの)
2017-05-17 23:11:57
なまこ壁に目が行きました。
ググってみると城東地区には昔ながらの街並みが残っているんですね。

なまこ壁のある蔵なんかが家にあるといいなぁなんてね。
懐かしい風景を思いだし・・・ (雲の上)
2017-05-18 06:28:44
 この地は、昭和36年頃の風景がとても懐かしいです。
仕事でこの地へ転勤して8年間の頃のイメージが一新です。当時はバス停も津山駅も朝は高校生・大学生の若い素敵な方が溢れておりました。何時迄も続く女性たちに見とれておりました。

 この近くのお店で食事を頂いたり、夫婦饅頭などを食べていたことが蘇りました。そんなことも有って今年の鶴山公園の桜を見物に出掛けましたよ。
 勝手な思い出です

が、時の流れを拝見させて頂きました・・・後刻のブログの紹介を楽しみにしております。
有難うございました。
えびさんへ (つらら)
2017-05-18 16:11:34
確かに・・・
でも、あまり大きいと邪魔になるしね。
わずかでもあれば良しとしましょう!!w
でぃのさんへ (つらら)
2017-05-18 16:15:55

うんうん
昔の街並みは何か所かに残っています。
維持が大変らしいですよ。
でも、古いもの見て歩くのはとっても心が
和むものですよね。
もし定年迎えてゆったりと過ごしたかったら
田舎の古いおうちを買って移住するのも
いいかもです。
今流行ってるらしいです。
雲の上さんへ (つらら)
2017-05-18 16:24:14
36年ごろの建物って言うと
もう、駅周辺には残っていないかもしれませんね。
駅前もかなり開発が進んできて
古い建物は取り壊されています。
夫婦饅頭売ってた駅前の商店街も
今はありません。
鶴山公園は昔と変わっていませんでしたか?
戦争時代は石垣の上は耕されて
サツマイモ植えてたとか書いた
説明書読んだ記憶があります。
昔に思いをはせて見て回るのも
良いですよね。
そうそう・・・
スローライフ列車のとまる駅は昔のままの
駅でした。もしかしたら訪れたことが
あるのかもしれませんね。
近日中にアップします。
良かったらまたお越しください。
Unknown (どんぐり)
2017-05-19 14:11:11
つららさん、こんにちわ。
いつも読み逃げばかりでごめんなさい<m(__)m>

バスターミナル、ホントに綺麗ですね。
特に屋根の内側のデザインが素敵です♪

どんぐり地方の電車と言えば、
味気ない通勤電車しか見られないので
ここで楽しませてもらいます~(*^-^*)
「美作スローライフ列車」どんな電車か楽しみ!



どんぐりさんへ (つらら)
2017-05-20 05:48:44
どんぐりさんおはようございます。
お体いかがですかぁ?いえいえ
つららもいつも読み逃げです。
こちらこそごめんね。
古い蔵のなまこ壁がモチーフになってるのかなぁ
きれいです。
電車って言うより昭和30年代に作られた
機関車に乗っていきますね。
待っててくださいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む