メーメーおばさんのひとり言

おこしやす
チクチク大好きおばさんです

雨ですねぇ

2016年06月25日 20時58分52秒 | ひとり言
もう、びっくりするような音を立てて降る雨

降ってないんかと思うのに しとしと地面が濡れだした雨

梅雨やと解ってはいても やっぱりおてんとさんはほしいですね。

少ない日の光を浴びて ようやくちょこっと一つだけ〜

そして もう一息赤くなってほしい我が家のヒペリカム 

 

これはちょこっと伸びて欲しくないゴーヤ

ししとうを巻き添えにして 自分だけ大きゅうなろうとしたって 

もうどこにも巻きつくとこありませんのんや。

どこかにおろしてやろうと思っても もう土のある所が無いんです、このまんまほっときまひょか〜


ひょんなとこから面白いもんを見つけました。誰かさんが「K」の文字を書き忘れたんかと思ったもの

こんなの作ったら 
   どこぞのお国みたいに 
         真似したらあかんでぇ〜って言われそうですやんか。

くまモン ちゃいまっせぇ〜 うまモン でっせぇ〜 笑

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

展示会へ

2016年06月24日 17時48分20秒 | パッチワーク
今日は ちょっと時間をもらって パッチワーク展示会を見に行ってきました。

片道1時間弱ってところでしょうか。パレア若狭ってところ。

ちょうど朝十時頃だったかしら、初めはちらほらだったのに いっぱいこのおばさまたち。





お教室を主宰しておられる先生と しばらくお話。。。許可をもらって一枚パチリ。

そして・・・・まさか誰も知らないと思ってたのに・・・話しかけられました。
同じ街から見に行っていたおばさま。。。どこで誰に会うかわかりませんね。笑

帰り際、ポツリポツリと雨が降り出して・・・・

家に着いた頃には雨ザーザー。遅いお昼をいただいたら?

ジィジと二人ゴロンと横になって眠ってしまいました。爆笑。
          ちょっと時間があると思って気が緩んだんでしょうか。

目覚めてからまた病院へ。母と1時間ほど話をして帰ってきました。なにやらとりとめもなく・・・


にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

毎晩1時間だけ

2016年06月23日 20時47分13秒 | パッチワーク
ココ何日か落ち着いてるので 家にいる時間も私もゆとりが出てきてます。

そんな時・・・・・・・・でも、息子の帰りは遅い。あぁ

でもその恩恵もあってか 夜 ちょっとだけ針を持てる時間ができた。



先日、ミューポンがやってきた折の話。
「お隣さんが、お引越しのようなんだけど せっかく友達になれたのに・・・」
右も左も分からない街での生活が始まって 2年と少々
その間に僕ちゃんの誕生もあって なかなかご近所さんとの付き合いが難しかった。
そんな中でも とても仲良く友達になれたお隣さん。
私は顔も知らないけど ミューポンからちょくちょく名前が出てくるので
なんだかよーく知ってる方のように思えてきて。。。。
「コースターくらいなら 作れると思うんよ」ってか?
???僕がそんなにあっちゃこっちゃせわしないのに 針もてるんかいな?笑

はい、親ばかやりました。作っちゃいました。コースターではないけれど。。。

 

ワハハ、この場に及んでも残り布から引っ張り出した 副産物です。鍋つかみ2枚。
裏側は チョーポンのカッターシャツの背中です。笑 真っ白!
夜遅く 布地の箱をひっくり返すまでは 元気がありません。

でもこんなの二枚もらったら・・・・多分喜んでくれるでしょ、選別に。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

魚さばき

2016年06月21日 21時19分21秒 | ひとり言
家人がバタバタしていても 正直ですね、植木たち。

時期が来れば 誰も見て居なくてもちゃんと実を結んでくれてる。

 でも待てよ・・・

植木鉢のもとの主は 葉っぱばっかりで・・・・実をつけたのは?
鳥が運んできて芽を出したヤブツバキ。多分。         

そして我が家の ししとうは・・・・少しづつですが実をつけ始めました。

  

今日は、数少ないそのししとうを収穫(?つまんだだけです)して 夕食に添えました。



メインは・・・・ちょこっと時間に余裕ができたので 朝一で魚問屋「相木さん」へ行って・・・・

久しぶりに見つけた「キス」をさばきました。

なのに、なのに・・・気がついた時 時すでに遅し!画像がない!ワハハ

腰痛をこらえて 時間をかけてさばいたのに。。。。
キスのお造りは 皮が薄くって大変だったんだから。クシュン



にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

心のビタミン剤

2016年06月19日 20時17分12秒 | ひとり言
      

今日は、父の日

でも母が倒れてから 何が何やら あっという間で 1日何をやってんだか。

そんな時 ちょっと前 そう母のことがある以前から 
          この土日はミューポンがやってくる予定になっていた。
それで、その用事も目的に 母の見舞いも目的に ミューポン家族はやってきた。

ミューポンから もらったのは ジイジと僕ちゃんのお揃いのTシャツ。
ジィジも嬉しそうに 早速着替えて 僕ちゃんとツーショット。笑

僕ちゃんには 真っ黒はしまって見えて・・・
    ジィジには お腹パンパンに見えて・・・ワハハ

たった二日間の短い時間だったけど 今の私には とってもよく効くビタミン剤。

僕ちゃんの行動 そして訳のわからないアチャラ語?
ここしばらく笑う事を忘れていたので とても良い気分転換になりました。

 

ミューポンが使うべくシュシュを 腕にはめてもらって 
           大人のものを持ってるっていう優越感を味わって・・・・

二日間もあっという間 しょぼ降る雨の中 帰って行きました。
家にいる間は あまり昼寝もせず ミューポンは困ってましたが

ジィジとバァバには 良い刺激いっぱいで。。。        

今の時期 僕ちゃんは みんなを笑わせるっていうお仕事を 十分果たしてくれました、お疲れさん。
                  
                        


ミューポン家族が帰ってから また元の生活です。
病院まで・・・・お薬のせいか 訳のわからぬ事を言っていた母も
今日は、気もしっかりしていて いろいろ話ができました。
でもね、どうしてなんでしょね、あのお年頃の人
自分のことより 私の事を心配してる。
「家のこと、忙しいから はよ 帰りぃー」って。
もうそんな心配せんでもええんよ。自分の体のことだけ考えてて。。。
そりゃ 病院のベットに寝てるだけなら 何もすることないし・・・暇やろけど・・・
心配ばっかりしてるから・・・こっちはもっと心配になるんやでぇ。。。なぁ かぁちゃん。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

しっかり・・・?

2016年06月16日 17時48分32秒 | ひとり言
一時は どうなってしまうのかと・・・・
覚悟しなければ・・・・って そう思ったことも確かでした。

でも、母は あちらの世界から断られたらしく・・・・・・・・

発作を起こして10日ほど やっと先生の話がありました。
医療的な治療は 今のところ何もない。
ただお薬は続けていかなければならないけど リハビリをして・・・・

でも歳が歳です。元の生活に戻れるかどうかは 解らないとのことでした。

只々寝てるだけの なんの反応もない時間が過ぎること
傍にいても 居るのかどうかも解っていない、そんな時間。

でも今日は違いました。しっかりしている。
そりゃ 健康なものでも 10日も只々寝ていたのでは 解らなくなって当然なのかも。

母は次の段階になったようです。リハビリなんて 言えないような運動量だと思います。
ただ腕を動かすだけ〜とか でも90を越した者には そこから始めないと。。。

ご心配おかけしました。ちょっと一安心です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

つかの間の・・・

2016年06月12日 08時19分18秒 | ひとり言
                  

ちょっと落ち着いてる感じです。
土曜の朝 甥っ子次男は 町内の役員さんで 今日は行事があるらしい。
でも、それも半日で抜けさせてもらうから〜〜って言ってた。

姉も娘が来るから 午前中は 来れるかどうか分からん!って。

なら我々が午前中は行くとするか!でも チョーポンは休日出勤
彼を出してからでないとこちらも動けないし。。。

全て終わって 病院へ

落ち着いてた。朝食は なんかついてたけど お粥さんだけしか食べんかった、らしい。

介助の看護師さんが言うには 
「食べさせてあげようと言うと 自分でする!と言うんです」って。
でも私たちがいると 食べさせてもらうことになんの抵抗もしないのに。。。

介護士さんだと 忙しそうだから せき立てられるようでせわしないらしい。
年寄りはゆっくり食べたいもんね、好き嫌いもあるし。

お昼前まで病院にいたけど うつらうつら 寝てるのか 時々目を開けるだけ

けど、その目を開けた時に言うことが だんだん辻褄が合わなくなってきた。
で、また、ちゃんとした辻褄が合ってる時もある。
こうやって 分からなくなっていくのかなぁ〜

お昼過ぎくらいに姉が来れるようなことを言っていたので 我々二人は 午前中で帰ってきた。
そしてそのことを 甥っ子次男に連絡を入れる

「俺も もうちょっとしたら行ける」って 返事。

それから 家のことをバタバタと
別にそう急ぐことはないのだが いつなんどき電話がくるかわからない。
急変することも 覚悟はしている。

夕飯の用意 そのほかのこと こんな時に限って しなくていいことまで目に入る。

ジィジもさすがに眠れない日が続き そして病院詰めの連続で疲れたのか
横になったら 軽いいびきをかき出した。

私も・・・・って 眠れるものではない。
バタバタ いゃ 眠ってるジィジがいるから そばを音を立てず でもあっちゃ行ったりこっちゃ行ったり

姉からの連絡を待ったが何もないので 何もないのはいい証拠!なんて
自分に言い聞かせて ちょっと家に待機させてもらった。

でもなかなか連絡がない。

もう夜8時を回った頃 甥っ子次男から 電話が入った。
「なんかあった?」
「いゃ 驚かしたらあかん おもうて 電話かけよか メールしよか 悩んだけど
 長い文 メールするんめんどくそうなって。。。」

今日1日 姉と私と そして甥っ子と 三人がそれぞれすれ違いだったらしく

姉が行ったことを 母から聞いても甥っ子には 理解不能だったらしい。
だから電話してきた。

何事もなく1日が終わる。
甥っ子の言うには なんか反応が変になってきたように思う!って。
夢でも見てるんか 話しだしても なんのことかわからんような話から始まる。

私も、それは感じ始めてる。こうやって 何もかも分からなくなっていくんかなぁ〜

でも、わからなくなったって しんどう無かったらそれでええ
苦しむのは見たくない。そして甥っ子が居ても立っても居られない姿を見たくない。



今日は日曜
ジィジは我が町内の 奉仕活動に半日 
チョーポンは 昨日の休日出勤が 夜遅くまでだったので 今日はまだ寝てる。
お昼過ぎたら また病院へ行こう それまで何の連絡も入らないように。。。。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

木 金〜

2016年06月10日 22時37分18秒 | ひとり言
書き留めた事で みなさんにご心配をおかけして 申し訳ありません。
その後、一進一退を続けておりますが 今の所落ち着いております。

木曜の1日 今日もまぁまぁ落ち着いている
そんな中 姉と甥っ子次男と 我々二人で 代わる代わる 
というか 何もできないんですけど 病院に詰めていました。

母は8分粥ですが ご飯を食べてくれて その後はうつらうつら寝ております。
そして 甥っ子が夕方から バァちゃんのそばにいると言ってくれたので
その晩は姉と帰る事にしました。

そのあと発作が起きたのか 甥っ子次男から
「しんどそうやから 看護婦さんに言うて お医者さん呼んでん でも・・・」
って連絡です。

急遽 姉夫婦と私とで また病院まで車を走らせました。

母は
「○○ちゃん ○○ちゃん 痛い!痛い!苦しい!」
甥っ子次男の名前を呼んで 叫んでいました。
叫んでいたというより 他に何か唸っているのですが その中で時々 そぅ聞こえたんです。

なかなか先生は来てくれず 看護師さんが先生に聞いて ちょっと楽になる注射をしてくれて・・・

落ち着いたのは 深夜12時を回っていました。

家に帰ってきたら チョーポンが今帰ってきて いま 食事をとったところでした。

もう、ただただ布団に潜り込む感じで 眠ったと思うのですが 時計の針を何回も見て
眠ったのかどうだったのか。。。。


昨日の様子から 今日は早くから病室へ行きました。
また、モニターやら何やら変わっていましたが 母は落ち着きを取り戻していました。

甥っ子次男も 今日を休みを取れば 三日間連休になるから バァちゃんのそばに居られると
朝から病院へ来ました。

病人食と言っても 食べづらいものもあります。
今までの食事を 完食したと伝えられていましたが 今日のお昼は 半分残して
お粥さんだけを 食べた感じで終わってしまいました。
水分摂取の制限もありますので お茶のみの母には お茶が飲めないのが辛そうです。

お昼過ぎに 家に戻り 我が家の夕食の用意や 身の回りの事をして
また4時から出かけました。
夕暮れ6時頃に 甥っ子次男もやってきたので 母を任せて7時に帰ってきました。

お昼に大体の用意はしてあったのですが ちょうど7時

ミューポンから 「癒されて〜〜〜〜」ってメールが 届きました。
バァバも ちょっと息抜きをして テレビの前にちょこんと座ってました。笑



孫も バァバの好きな番組を じっと見ているらしいのです。何がいいのでしょう?笑

そしてもう一つ 確か富山の方言だと思うんですが「ちゅーちゅくだんぼ」笑



ミューポンも 我々を気遣って ちょこっとおかしなメールを飛ばしてきました。ありがとう

しっかりしているつもりでも そのあと気が抜けたのか 
ソファーに座るつもりが 沈むように落ちてしまいました。
気がつけばもう10時を回っています。
台所の後始末をして 風呂も沸かして・・・
チョーポンが帰ってくるまでに 二人ともお風呂を済ませようと・・・

済ませても、まだまだ帰ってこないようです。
でも、ちょっと眠ったので 元気を取り戻し またこんな事書いてます。

庭のヒペリカム 形は良くないですが 今、満開です。
  


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

月、火、水〜

2016年06月08日 20時37分35秒 | ひとり言
日曜日 深夜 というより 月曜日の早朝 未だ3時20分

枕元の携帯が鳴ってます。アラームにしては 辺りは暗いし。。。

電話の相手は 甥っ子でした。
「もしもし なんかあった?」
「オバァちゃん なんかおかしいから 救急車呼んでん 今病院きたとこ
 未だどんななるかわからんけど・・・」
「なんかわかったら連絡して!」
そぅ返事して 電話を切ったものの 連絡を待ってるような気分でないし
バタバタと 用意して 寝てる息子に
「なんやわからんけど 一回行ってくるし 朝の用意はしていくから カギだけして出てや!」
そんなことを言ったと思う。もう大人なんだから 細かいこと言わなくったっていいのに。。。

病院へ行ったら 母はナースステーションからすぐの部屋にいて・・・
検査の結果は「うっ血性心不全」って書かれていた。

ちょうど甥っ子は その月曜日は出張の予定で。。。
急遽それも断って 代わりの人に行ってもらって・・・

急病人が出たんだから仕方ないけど 月曜の朝から 予定がガラッと変わって。。。

ただただ周りにいる我々は 待つのが役目のようで・・・
看護師の方に聞いても 「先生から この後説明がありますから〜〜」って言われて

入れ替わり立ち替わり 検査器具を持った看護師さんが入ってくるけど。
一向に結果を言ってくれない。
丸一日待って・・・まって。。。。まって。。。。
けど、母は まぁまぁ落ち着いたようで


母は お薬のおかげで うつらうつら寝てるみたいな そうでないような。。。

真夜中 母は心臓がかきむしられるような感じで しんどくなって
母が言うには 「死に物狂いで かきむしられるようやった」って。

あくる日 私は病院までの足がない姉に電話
すると?
「今日は 夕方 ◯◯さんが仕事終わった後で 二人で行くわ。」って
「なら、私ら二人で 顔だけ見てくるわ・・・」

車の中で また携帯が鳴る 甥っ子からだった。
「今、仕事来てるけど 病院から電話があって 先生の話があるって・・・
 今から病院行くんなら 聞いといてもらえんか?」

「大事な話なら困るし ねぇちゃんにも行ってもらうわ」
「そんなら昼から 半休もらって 俺も病院行くわ」

またまた予定が変わります。
「なぁなぁ、夕方 ◯◯さんと行く 言うてたけど 先生が話があるって連絡 もらったから
 お昼から 一緒に行ってくれん? 3時頃にしてって言われたし・・・」って姉に連絡。

それで姉も加わって 午後3時に甥っ子と 四人で話を聞くことに。
でも先生の話が始まったのは もう夕暮れ5時でした。

「検査の結果が思わしくなく・・・心臓が半分動いてません・・・」
「・・・・・」
もう、何を聞いてるのか わかりませんでした。

「急遽明日 検査をして そのあと・・・・」
とても落ち着いて聞いてられる話ではなかったです。一人ではなかったから 居られたようなもので。

病院側の話では 誰でもいいから話を聞いといて〜〜って感じだったのに
そんなどころの話ではありませんでした。

もう90歳を越してる母です。いろいろ難しいこともわかってるつもりです。
でも、
「ご家族の方 ここにサインをしといてください」

そんな簡単にできるものではありません。

待たせて 待たせて そして待たせて ・・・・
事務的に話しだして「何かあった時は 延命処置をする!しない!の 判断をしてください」

そんなこと すぐに返事できますか?

そしてその検査 処置に取り掛かるのは 明日の午後だという。悩む時間もくれないの?

まぁ、病院サイドからすれば 何かあった時のためでしょうが その時の我々は・・・

毎日 病人のように生活していたわけではありません、けど90です、元気ってもんでもないんです。
これからまだ何十年もあるってことでもないんです。
母も 「こんな年寄り もう検査なんて せんでもええんや!家に帰って 自分勝手に居たいんや」って言うんです。

我々も・・・・・何かあった時 あった時は困りますが あったら・・・・延命処置はしないって事になりました。


さて、今日のその検査 夕方5時ごろになるって先生の説明でした。

なので お昼からみんな病院に居たら いいだろうという事で 近くにいるものが揃い。。。

午後2時に病院へ行ったところ 母のベッドはもぬけの殻で 誰もいません。
まだ甥っ子次男も来てないようです。

「どこいったんやろ 検査にでも行ったの?」
「廊下で待ってよか・・・」
そんな会話をして 待っていたところ

「○◯さんは 検査に 行かれましたよ。」
「ええっ? 家のものはいましたか?
「いいえ どなたも・・・」

昨日の説明では 重篤な患者は順番が後の方になるから〜〜〜って説明だったんです。
だから5時ごろだって説明だったんです。なのに 今まだ2時ですよ。
それに家のものもいないのに 家の人がいて欲しいって言ったじゃないですか。
そういったのは病院サイドでしたよねぇ。。。何かあった時 誰もいなくていいんですか?

なんだか腑に落ちない!
慌てて、甥っ子次男に連絡入れて・・・・

夕方5時なら〜〜〜って 大阪の甥っ子長男も やってきました。


検査には1〜2時間かかるって説明でした。
なのに ものの5分ほどで終わったって。。。。

またまた予定とは違う話です。5分で済んだって 良かったってこと?それもの悪かったってこと?

病院サイド
「もうお一方 おられますので その方が終わったら 先生のお話がありますので お待ちください。」

まぁまぁ 予定では5時ごろから始まる ってことでしたので 
まだ時間が3時にもなってませんから 待ちますけど・・・・・・

またまた、待って まって 待って・・・待たされて。。。。

「今、終わりましたので ちょっと後始末が済んだら 先生 来られますので・・・」
そう説明をもらったのが 4時でした。

もう騙されません。「今終わったのが4時なら 説明は5時やな」
冗談のつもりでしたが やっぱりそうでした。

心臓が半分 機能していないってことには 変わりないようですが 一応今の所落ち着いてるようです。
これ以上 よくはならないけど 悪くもならないってところでしょうか。
お薬で助けられてるってことでしょうか。

けど、まだまだ歳が歳 いろいろあります。いろいろ検査しないとわからないこともあります。
しばらく 入院生活です。介護生活です。何もできないけど そばにいるって生活です。

あまりに短い間に いろいろ起こって そして予定があっちゃこっちゃ振り回されて
我々はただ、待ってるだけだったのですが ものすごく疲れた感じです。

大体の筋だけ書きましたが 肝心のことが抜けてるかもしれません。
ただ時間を追って 書いてみました。まだまだ抜けてる部分があると思います。
気がついたことを書いておきます。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

どうしよう

2016年06月07日 21時26分20秒 | ひとり言
書いて置いた方がいいのかな?
書きたい事いっぱい
書かないでおいたら 後悔するかも
でも書いたことも後悔するかも

ココ2〜3日 バタバタしてます。
順送りに書いた方がいいのかな
ゆっくり落ち着いてからの方がいいのかな
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加