ヤンバルと荒城の月

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

毎日がお詫び行脚

2016-11-08 05:15:42 | 日記

この度の携帯電話番号変更に付いて親しい友人知人へ変更の訳けを説明がひと苦労であった。普通なら変更は何から逃れる為に行うのであるが、今回は自分の子供たちから連絡を断つためのものであるが世間から見れば不自然そのものである。馬鹿娘、馬鹿息子を突き放すためである。従って大阪の兄貴や姉貴の賛成を得て居る。チビリちびり毎月せびられたカネが100万円は越している、その上にママや弟を利用して借金を重ねる馬鹿、これではママが何の為に頑張って居るのか解らないではないか。俺はママを守る義務があるから頭を痛めている。午前中に日通航空に出向いて沖縄から発送した荷物の破損の件で交渉に行く、保険が適用されるが此れが何ともお粗末な対応、1万円もかからないのに日にちだけが無駄に過ぎるだけ、1万円で済む事なのにモタついたばかりに其れなら此れも弁償してくれと云う話に成った。ママの父親が使用して居た三線も太鼓の部分が陶器の欠片で破れてしまって居るので俺は使用出来ないけどママの親父さんの形見だ修理か弁償させる事にした。知人のTさんから電話が有り、事務所の周りの草刈りを手伝ってくれとの事なので草刈り機を持参する事にした。夕方、ママの終業を待って津久見のHさんとさんにんで夕食と雑談して帰宅する。明日は病院の定期健診なので食事は抑える。国頭村役場より本部病院に入院中の母親に何かと書類が届いたので役場と病院の方へ電話で対応した。相談係の佐藤さんいつもお世話になって有難う。大阪の姉貴に電話で報告して1日が終る、沖縄のMさんにお詫びとお世話に成った御礼の電話をする。ママの父親、弟の位牌を前に毎朝、毎晩手を合わせるのは日課になって来た、帰宅後ママが洗濯物を取り入れてくれたん、と云うけど少しでもママの手助けをしなければ、、、、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 粕屋少年航空兵墜落現場を尋ねて | トップ | レターパック届く東京在住の... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。