ヤンバルと荒城の月

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

夢が東北からやって来た

2016-10-17 02:57:11 | 日記

近くに住んでいる友人の話だが、あんた宅の孫、y東北大会での活躍オメデトウとの話になったが我輩は後、3試合と思って居たが今日も勝ってあと1試合で甲子園に行けるでとの話に内心、ママと顔を見合わせて喜ぶ、春のセンバツの正式決定が待ちどうしい組合わせも運が良かった様だが決勝に進めば決定らしい。

雨模様なので朝7時前に畑けに出る、水だまりの出来ない様に溝を掘って地ごしらえママは花の種を蒔く、時間が有るので草刈りをすると云うので残りの草刈りの終了まで作業を行う。12時過ぎに終了し長湯温泉みつばちの湯に浸かりに行き早朝からの農作業の為、疲れて居たので休息室にて仮眠を1時間半して今日は水汲みが無いので野津原を経由稙田タウンにて午後4時だが早目の夕食をする。夜食の代わりに梨と柿を買って帰宅その後アチコチと電話して時間を費やす。沖縄旅行の予定の確認で宿泊するホテル、レンタカー会社に電話して見る。ホテルのオーナーと話す中に大分の何処ですかとの問い、自分は教師を長くやっていたので出張でアチコチ訪れて居るとの事、修学旅行や視察に何度も湯布院、別府などは詳しい様だった。ママも沖縄の友人、知人に電話しているみたいだ、後の祭りに成ったが沖縄にはシャワーしか無いらしい温泉もなく露天風呂が無いのが寂しい。温泉県大分から見ればややさびしい、沖縄には火山が無く従って地震もないらしい。その代わりに台風は凄いとの事だった。大阪の娘夫婦からも旅行日程の確認の電話が有り、どうやら外食時の食事代は親が出す羽目になりそうや、魚料理より肉料理が中心にしてと決めつけて来た、まあええかそんな甘えに応えてやるのも親の務めだと呆れるだけの話で電話を切る。家庭菜園も土曜日のみ残しているが雨なら旅行から帰るまで出来ない、沖縄旅行中、雨に成らない事を願ってやまない。帰郷して草ぼうぼうでは大変だ。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺は日本一幸わせモノ | トップ | 南方からのメール »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。