ヤンバルと荒城の月

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心身ともに疲れる

2016-10-25 00:25:19 | 日記

今回の沖縄訪問に際して勉強になった、ママを取り巻く環境が見えて来た、主の存在しない実家の現在の状況に驚愕を覚えた。只、独り残った母親の病院を訪ね担当、医師、介護士、院長、相談係の方がたは良くして頂いて頭の下がる思いである。喋る事も出来ない母親、只、生きているだけの世界、医院長との話も此れなら生きているだけの母親より残されたママの地獄の苦しみ、此れならどちらも苦しむだけや、延命治療もムリにしないでも良いとママ、孫の卓代も署名した、その場に立会人となってママの苦しみを俺も背負って往く覚悟を決めた。その一部も八尾の孫にも電話をした。先ず住人の居ない実家の建物、生活用品など、はそのまま放置、この沖縄に居る間に世間の笑い者に成らないように、跡、片ずけに再度、ヤンバルと病院に行く事にする。此れをしてやる事が俺の責任と思うしママへの夫婦愛では無かろうか、今、日付けの変わった午前1時、何十年ぶりの友との再会が盛り上っているのだろう、お迎えに来た級友の大城さん遅くなるかもと話をされていたが、気持ち良く俺は了解した。何十年ぶりの再会を思う存分楽しんで来いと気持ち良く送り出した、今までの苦労に俺は応えてやりたいそれで良いのではないだろうか。その大城さんにも今迄は連絡を受けても参加する、出来る状況に無かったママは今後、残りの人生、必ず出席させますと約束をした。実家の家屋も余りにも涙なしには直視出来ない、亡き父、弟は成仏出来ているのだろうか、まだ、眼に見えては居ないが彷徨って居る気がして涙が溢れる。遺品の整理をして帰る事がせめてもの供養では無かろうか、、、

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愚かな奴は何処にでも居るもんや | トップ | 人間、欲を描けば値打ちが下がる »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。