つながりあそび・うた研究所二本松はじめ

二本松はじめ(ピカリン)の活動予定や活動報告、日頃、考えていることなどを書きます。研究所のお知らせも掲載します。

抱っこ通信756号 大人って楽しい

2016年10月18日 | 抱っこ通信
明日は御殿場市の玉穂地区で幼稚園、保育園の年長さんの親子つながりあそびコンサート。
ということで御殿場に前のりして、うピアノ伴奏のシモシュと食事会。

彼の親子劇場での活動をはじめいろいろな活動の話や、ミュージシャン、表現者としての思いを聞くのが毎回の楽しみです。

今回は、18歳になる娘さんの話も。その中で出た話でとても感動したことが、娘さんに「大人って楽しい」ということを伝えたということでした。それに対する娘さんの反応もおもしろかったですが・・・。

いま、私たち大人は子どもに「大人って楽しい」って言い切れるかなあ。
肴もお酒もとってもおいしかったですが、この話が一番のご馳走でした。


今日は中野区にある七海保育園でのつながりあそびコンサート。
春には夜に先生たちの研修会を開いており、秋には子どもたちとどれだけ遊んで来たかを知りたくて、また、実際に子どもとあそぶところを見てもらうというか、一緒に遊んでもらって、いろいろ発見して学習してもらうことが今回のコンサートのねらいです。

ですから、子どもたちと遊んでいるつながりあそびをリクエストしてもらって、つながりあそびコンサートを進めていきます。

前半の55分間は乳児さんと遊びました。
2曲目の『ぐるぐるぐるぐる』がおもしろかったです。みやちゃんのリードでグーパーから入って、動物編に展開していくのですが、いつもはみやちゃんからの真似っこあそびの展開で盛り上がっていくのですが、この日は違っていました。子どもたちが次から次へと動物のリクエストが出てきて、そのリクエストに応えながらの展開で、それだけで子どもたちはお腹がいっぱいになるくらい楽しんでいましたよ。2歳さんがおしゃまで可愛い七海の子どもたちでした。

最後は、時間はなかったのですが、これまたリクエストの『くまさんくまさん』。♪くまさん起きた?♪の声が大きくて良かった。くまさん役で寝ている男先生によじ登る1歳さんが可愛かったです。


後半の60分間は幼児さんと遊びました。
なんと言ってもリクエストのあった『ねずみばあさん』です。怖くて?泣いた子は3歳さんの一人。子どもたちは♪そのねずみの名前は、怖くて言えないブルブル言えない 言えない 言えない♪のところで近づいて来るのですよね。他の保育園では壁にくっついたり、ピアノやカーテンに隠れたりする子どもが多くて、なかなかあそびが成立しないのですのですが、七海の子ども違っていました。もちろん、ねずみばあさんに捕まりたくて近づいて来るわけでもないのです。
いつの間にか、泣いていた3歳さんもみんなにまざって遊んでいましたよ。

遠足の時に外で遊ぶ予定が、雨で室内で遊ぶことになり、その時にみんなで遊んだのが『ねずみばあさん』。それ以来、ブームになっているそうな。嬉しいですね。

一応、先生たちの研修としてのつながりあそびコンサートです。ひとりの先生は担当として、あそびの展開や子どもたちの姿をずっと記録していました。後日、先生たちが今日のコンサートのことを話し合うようです。先生たち一人ひとりがどんな学びになったかが楽しみです。後日、その記録、感想が送られてきます。楽しみです。

今年で七海保育園での研修会は3年目になります。子どもたちと一緒に遊んでいるときの先生たちの笑顔がとても自然でやわらかになってきたかなと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抱っこ通信755号 絵本三... | トップ | 抱っこ通信757号 もう一... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む