つながりあそび・うた研究所二本松はじめ

二本松はじめ(ピカリン)の活動予定や活動報告、日頃、考えていることなどを書きます。研究所のお知らせも掲載します。

抱っこ通信805号 こどもの日 子どもたちのためにも

2017年05月05日 | 抱っこ通信
5月5日こどもの日です。
祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨と書かれています。
いま、この国では、子どもの人格が重んじられているでしょうか?子どもたちがいのちが守られているでしょうか?
子どもの幸福が図られているでしょうか?子どもたちが子どもらしく生きている実感が持てているでしょうか?
母親たちが感謝されているでしょうか?母親たちが母親としての喜びを感じているでしょうか?
こどもの日には子どもことを子どもに関わる全ての人たちのことをじっくりと考えてみたいですね。


今日は夢わかばカレンダーの入金について整理しました。
まだ未入金のところもありましたが、9割近くの人たちからの入金が確認されました。
熊本地震で被災した保育園、幼稚園とすべての特別支援学校に贈ることができています。
カレンダーを購入していただいたみなさんからはかわいい、きれい等の声が届いています。
保育室に飾っていますだけでなく、自分の部屋にも貼っていますとも聞いています。


ありがとうございました。
t size="6">池波正太郎三昧

この連休中はいろいろあって、どこへも出られず池波正太郎三昧です。
一昨年の白内障の手術後、文庫本を読むことが苦にならなくなりました。手術前は新聞など小さな字を読むのが大変でした。疲れてしまいました。週刊誌も読まなくなり、主に必要とする情報・知識を仕入れる新書にしか読みませんでした。その点、絵本とかコミックとかは字も大きいということと視覚的に自分の中に入ってくる感覚があり良かったですが。
まだ、月に一度は緑内障で眼科には通っていますが、視力の問題だけでなく、いろいろな意味で、やっと時代小説が読めるようになったのです。ありがたいことです。


いのちが一番 へいわが一番 子どもに一番
5月13日と5月14日に、二本松はじめ平和コンサートを三重の仲間たちが開いてくれます。
「二本松平和コンサート7070」プロジェクトというほどのものではありませんが、その思いに共感してくれたこと。
それ以上に、だれでも持っているだろう、元気で明るく楽しく生きていきたいという願いや自分らしく人間らしく生きていきたいという思い。そして、その願いと思いを持つことさえも奪われるような不安な時代、社会にあって、みんなでちょっと立ち止まって「平和」を考える機会となればと平和コンサートを開いてくれると思っています。

チラシには平和コンサートを「人間っておもしろい 人が集まるって楽しい みんなで楽しさをつくることって平和 その楽しさが奪われている気がします 生きる楽しさを奪うものに立ち向かう 笑いあり涙ありの楽しいコンサートです」と書かれています。
あなたの参加をお待ちしています。


5月13日(土)
二本松はじめ平和コンサート“笑がおがいちばん”
会場 いなべし藤原文化センター市民ホール
開場午後1時 開演午後1時30分 参加券1000円(当日1200円)
主催 つながりあそび・うたサークル でこぼこ冒険隊
出演 二本松はじめ(ボーカル・ギター)
   まどかまるこ(ヴァイオリン)
   あいあい(ピアノ)
   みやちゃん(ボーカル)


5月14日(日)
二本松はじめ平和コンサート“笑って笑って笑って”
会場 津市橋南市民センター
開場午後1時 開演午後1時30分 参加費1000円
主催 平和がいちばん、笑って笑って笑ってコンサート実行委員会
出演 二本松はじめ(ボーカル・ギター)
   まどかまるこ(ヴァイオリン)
   あいあい(ピアノ)
   みやちゃん(ボーカル)



どちらのコンサートにも関わっているでこぼこ冒険隊の仲間たちの活動を紹介する四日市市生涯学習情報まなぼうや通信VOL32の文章を紹介します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抱っこ通信804号 母・・... | トップ | 抱っこ通信806号 (^^♪ぼ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

抱っこ通信」カテゴリの最新記事