つながりあそび・うた研究所 大吉つぁん(だいきっつぁん)のブログ

保育士として11年間勤め、2015年4月からつながりあそび・うた研究所研修生に。2016年4月からは研究所所員に!

2017年 全国青年つながり学習会

2017年03月20日 | 活動報告
3月11〜12日
全国12の地域から20人以上が愛知県江南市に集まりました。

各地で、つながりあそび・うたを実践・活動・運動する仲間に広く声をかけると、サマー・カレッジ実行委員以外の仲間も参加してくれました。少し強引だったかな?(笑)けど、その気持ちがうれしいのです!!

一日目は、あそんで、自己紹介して、社会情勢を学び、発表者の実践に耳を傾け、感想や質疑応答。あっという間に夜の交流会へ。

二日目は、「今、伝えたい つながりってたのしい」で二本松さんよりお話しをいただき、グループに分かれた後は『ワールドカフェ方式』で「どうして、つながりあそび・うたなのか?」をテーマに話し合いました。それぞれの参加の仕方を認める形式だからか、それまでの時間が実践交流や親睦を深めた充実したものだったからか、どこの模造紙にも目いっぱい話し合った跡が。みんなの前での発表はないのですが、その分、目の前の人と顔を合わせて伝え合うことに時間をかけることができ、多様な意見・感想が引き出されたように思います。みんなで共有し合いながら進めていけたことで、これまで漠然としていたものの輪郭がくっきりしたような気がします。きっと、一人じゃ気付けなかった!

今回で3回目となる青年学習会ですが、ここでの出逢いをきっかけに、保育合研や各地のサマカレへ参加・交流したり、それがまた次の青年学習会へつながったり、新たな参加者にも結び付いたりしています。
3年続けたから得られたものをたくさん感じます。
特に感激したのが、前回参加した仲間からのメッセージです。今回は会場に来られませんでしたが、参加できなくても想いを寄せてくれ、自分なりにつながりについて考えて“参加”してくれました。

みんなの積極さや思いもよらぬアイディアに、一本取られたような悔しさを感じますが、それ以上に奮い立ちました!そんなわけで、ちょっぴり大胆なだいきっつぁんで臨んだ今回でしたが、反省は相変わらず尽きません。(笑)
けど、みんなの中で気付くこと、学べることが楽しかった~!!

そして、この場所に集まることができたのは、これまで実践・活動・運動をしてきた歴史や先輩たち、各地で送り出してくれた仲間たちがあってのこと。いつも、ありがとうございます。

いつまでも、仲間や子どもたちと、楽しさの中で学び合い、大きくなりたいです。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月前半 | トップ | だいきっつぁんスケジュール... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL