飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

トランプ氏に投票を、敗れれば核戦争の恐れ=露ジリノフスキー氏

2016-10-16 12:58:44 | プーチン

ジリノフスキーならずとも、
ヒラリーが不正選挙でも当選すれば、
アメリカは没落する!
アメリカならずとも世界は危うい・・・!
卑近な表現すれば、
世界はマフィアに乗っ取られるという事だ!

 

クリントン周辺で死亡した人間は50人を超えている・・・。

実際はもっと多いだろう。

20人近く殺害したとされる人物が、

最近告白した。

以心伝心、

日本のヤクザもお馴染みの忖度殺人である。

 

シリアでは停戦合意が反故にされ、

トルコの核爆弾がルーマニアに移動した。

ロシアはシリアでの米軍機撃墜を警告した。

4000万人の核戦争前提の避難訓練をロシアは実施した。

ロシアはカリニングラードでの兵器の配備で、

新たな防衛戦術に出た。

 

しかも海外のロシア用心の帰国命令を出した。

まさに一触即発の情勢である。

米国は米国で、

陸軍参謀総長対抗意識を剥き出しにしているが、

これは強がりである。

何故か?

非は米国にあってその認識を持つ仁士の言だからである。

 

真実は真の力となり得るが、

偽は所詮偽である。

シリア停戦合意を破ったのは米国であり、

今にも偽旗作戦を実施しようとしている。

停戦合意に破壊は、

須く偽旗作戦の実施所以である。

 

ジリノフスキーはロシアの暴れん坊であるが、

紛れもなく国家主義者ナショナリストである。

エリティン時代ロシアがグローバリストの席巻にあった時、

一躍名を馳せたが、

今ではお役御免であった。

それが本音を発露する・・・。

プーチンに対する忖度発言と思われる。

 

それだけの覚悟を示しているのである。

 

米国に巣食う軍産複合体並びに国際金融資本が、

そこまでの覚悟があろうとは、

全く思わない。

偽善者は、

大きな事を言うが、

本来は臆病神である。

一番大切なのは自分の身であり、

無常な物質欲刹那快楽である。

 

本気で死を賭して戦うものなど一人もいないのである。

それ故、

常に大言壮語し、

脅迫強要威嚇を繰り返すが、

自ら身を挺することはしない。

誰かの影に隠れ、

偽装し、

裏に身を潜めて糸を手繰るのみしか能がない。

 

参謀総長が誰であれ、

実際に戦場に赴くのは米国民である。

虚仮脅しの言説では誰も動かない。

既に偽旗作戦は悉く暴露されたいる・・・。

勝負はついているのである。

 

寄生虫国家米国が解放される日は近い・・・。

【転載開始】
World
| 2016年 10月 13日 18:07 JST
トランプ氏に投票を、敗れれば核戦争の恐れ=露ジリノフスキー氏
 

[モスクワ 12日 ロイター] - 激しいレトリックで知られるロシアの国家主義政治家ウラジーミル・ジリノフスキー氏は、ロイターとのインタビューに応じ、米国民は大統領選で共和党のドナルド・トランプ候補に投票すべきであり、さもないと核戦争に引き込まれる恐れがあると述べた。

ジリノフスキー氏は、トランプ氏は米ロ間の危険な緊張を緩和できる唯一の人物であるのに対し、民主党のヒラリー・クリントン候補は第3次世界大戦を引き起こす可能性があると述べた。

多くの国民はジリノフスキー氏について、注意を引くために露骨な表現を使う道化師的な存在とみている。ただ、プーチン大統領に近く、政権の忠実なしもべとしても広く認識されている。世論の反応を見るため過激な発言を指示されていることがあるとみられている。

同氏は「米ロ関係は最悪の段階にきている。これ以上悪化すれば戦争になる。米国民は、11月8日の大統領選でトランプ氏に投票すれば地球の平和に一票を投じることとなり、クリントン氏に投票すれば戦争になる。いたるところでヒロシマやナガサキが再現されるだろう」と述べた。

ジリノフスキー氏は、イスラム教徒の多いロシア南部との間に有刺鉄線を設けることを提案するなど、メキシコ国境の壁建設を提唱するトランプ氏と政策面で類似した主張があり、「ロシアのトランプ」との見方もある。トランプ氏になぞらえられることを好んでいるという。【転載終了】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルフォードレポート英語版(... | トップ | White Dragon広報担当ベンジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL