飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

国家非常事態対策委員会 2015/11/05

2015-11-08 11:14:39 | ベンジャミン・フルフォード

ロスチャイルド(?)次男墜落死の陰謀・・・
いやはや、風雲急を告げる内容である。
しかし、
かなり裏は取ってある・・・
情勢はほぼ事実であろうが・・・結論は人其々だろう?!

 

ベンジャミンさんの情報を元に、裏を取ってみた・・・。

未確認の情報も多いが、

面白い事実もある。

それに対する判断は、それぞれあろうと思うので、お任せしたい。

 


<アミテージの兄弟?モリス・アーミテージ


<今秋。日本の叙勲を受けたアミテージ>

 


<ドンバス義勇軍>



<サウジ王子の密輸麻薬>


<アフガンのケシ栽培は、アフガン戦争後、復活した!>

 

ロックフェラー次男墜落死の陰謀【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2015/11/05

 

【転載開始】   は転載者がポイントを示す!

ベ ンジャミン・フルフォードニュース 2015年11月2日      

High level secret negotiations continue as rogue state Israel’s military put under air and sea blockade

November 2, 2015

Author: Benjamin Fulford

 
イスラエルという悪漢国家は”電磁遮蔽”状態にある。つまり、軍用機は離陸できず、軍艦は港から出港できない状態にある、とペンタゴンの高官は言っている。米軍とロシア政府のソースはイスラエルのF16ジェッ ト戦闘機がラモン軍事基地からハロウイーン当日に発進し、サウジの砂漠でロシアの民間旅客機を撃墜し、224人の乗客を殺害したという事実に合意したの で、封鎖が強化された。”イスラエルは今砂箱の中に閉じ込められ、ガザを砲撃するか、航空機を撃墜するかしかできない。”とペンタゴンの高官は付け加え た。航空機の撃墜はまたロシアに合法的にイスラエル自体を攻撃する道を開いたと、この高官は述べた。


イベントの拡大はロスチャイルドファミリー、中国共産党、グノーシス派のイルミナティ、ペンタゴンなどにWDS(白竜会)との交渉に代表を送らせる結果になっている、とWDSのソースは言う。この打撃でもしかし、この記事が発表される時点では、交渉は進むものの結論には達しないというだけで十分である。


ロスチャイルドファミリーの代表は、最近では、2011年3月11日の日本に対する核攻撃の直後にWDSに 交渉に行った。 ロスチャイルドはこの攻撃は広域東京から4千万人の人間を避難させようとした意図した通りにはならず失敗だったと言った。彼はまた、ロス チャイルドが支配している雑誌エコノミストの2015年1月号の表紙に矢印で示した11.3と11.5は11月3日と11月5日に何か計画があることを示 すものではないと言っている。それにもかかわらず、WDSが言うには、ロスチャイルドは311攻撃に果たした役割について補償金を支払わねばならず、さもなければ”重大な結果”を招くことになるとのことである。

 
”アレクサンダー・ロマノフ”という名で呼ばれているグノーシス派のイルミナティの代表もWDSに 連絡を取ってきた。彼が言うには、イルミナティは11月4日に”恐怖の大攻撃”を計画していると言った。ロマノフは日本が核で脅されるとの、311に先 立っての警告を発したのち、精神病院に強制入院させられた。新しい攻撃の場所として最も可能性が高いのは、テキサスである、と彼は言っている。イギリスのMI6によると、これはテキサス州アマリロにある核物質の再処理プラントであろうというのが、最もうがった見方である、とのことだ。彼はまた、一気にブッシュ・ナチオニストマファイアを叩き潰す動きについても述べたのかもしれない。

 
一方で、ペンタゴンと諸機関の者たちが言うには、いかなる大きく、新しい、テロリストによる大量殺りく事件もカバールのエージェントとファミリーに対する一斉攻撃の信号である、とのことだ。


そ のうちに、カザリアンマフィアが最終的に降伏し人間の自由が確保されるまで、彼らの世界中での作戦の遂行不能に向けて圧力が高まるだろう。ロシアは、エジ プト政府から、エジプトの基地使用の許可を得てシナイ砂漠とリビヤにおけるイスラエルの代理軍隊を攻撃できるようになったと言われている。日本、イエーメ ン、及びウクライナにおける核兵器使用の報復として、イスラエルとその代理軍隊であるISISに対しては核兵器使用の可能性がある、と言われている。


レバノンでは先週、サウジの王子が2トンのアンフェタミンとコカインを輸送しているところを拘束され(http://nypost.com/2015/10/28/saudi-prince-busted-with-two-tons-of-isis-drug-and-cocaine-on-his-private-plane-officials/)、ロシア首相のウラジミル・プーティンとCIAの副長官であり、ペンタゴンによるとISISの真の長であるデーヴィッド・コーエンにサウジアラビアのサルマン王から熱烈な呼びかけが行われるという結果になった。コーエンはレバノンに飛んだが、解放交渉は失敗に終わった。彼はまた、シリアでのISIS勢力に指令を与えていて拘束されたイスラエルの将校の解放にも失敗した。

 
王子の解放の失敗はロシア、ヒズボラ、ペンタゴン、イラン、シリア、イラク、イエーメン、そして今ではエジプトの、イスラエル、サウジアラビア、及びカタールに対する連合を強化した。

 
サ ウジアラビアはコロンビア人、フランス人、ほかの傭兵を雇って自分たちの代わりに戦わせているが、これらの軍人だけではロシア、ペンタゴン及び彼らの連合 が、この悪の国を敗北させ、降伏させるのを止められない。トルコ大統領のリセプ・エルドガンは大統領職に留まりたいのなら、この事情を理解しなければなら ない。

 
イスラエルを妨害しているペンタゴンとロシアの勢力はこの悪の国が違法に占領したすべての地域を放棄し、犯した罪に対する膨大な補償を支払わなければならない、と言っている。

 
WDSは ロスチャイルドファミリーの代表に対して、ファミリーが詐欺的な私的所有の中央銀行による負債奴隷制度を通じて盗み取った世界の全ての富に関して同様な メッセージを発した。いずれにしても、ヨーロッパの政府証券の半数以上の取引とマイナス金利、日本と米国の真の経済の破綻で、このシステムが崩壊するまで は時間の問題だけなのだ。

 
ヨーロッパ諸国は崩壊しつつあるシステムに対する支持を希望して中国の方に転向しつつある。フランス、ドイツ、及び英国の全てがこれを念頭に置きながら先週中国と首脳会談を開き、或いはこれから開こうとしている。

http://news.xinhuanet.com/english/2015-11/02/c_134775098.htm


ヨーロッパ諸国は、自分たちの金融システムと中国元とリンクすることによって、米国の連邦準備理事会(FRB)というカザリアンマフィア支配の組織の内裂から距離を置きたいと思っている。


中国/ヨーロッパの再近に対抗して、ペンタゴンはロシアや他の国との中国がアジアに対する軍事支配を及ぼさないように忙しく作業を進めている。

 
こ の目的のために、南シナ海での領土紛争に関する中国に対する優位性を確保させるためにベトナムに核兵器と先進の武装が供与された、とペンタゴンのソースは 言っている。中国が領海であると主張する南シナ海への米国の戦闘艦の派遣は、ワシントンと中国の間のいかなる金融取引にもかかわらず、アジア諸国を防衛す る用意があることを中国周辺諸国に確信させるペンタゴンの動きであった、とは複数のソースが言うことである。


中国側は、これらの問題のWDSとの話し合いのために代表団を派遣した。中国は、歴史的な差についてアジアの近隣諸国との紛争へと、カザリアンに操作されないようにと告げられた。中国はまたWDSに米国から唯一の世界の超大国としての立場を引き継ごうとの野望を持たないようにとも告げられた。そうではなく、彼らは合理的にも、中国は世界人口の20%を占めるのだから、国際機関と国際権力の20%を占めればよいと言われた。


この会合に引き続いて、韓国、中国、及び日本の首脳会談が先週韓国で行われ、そこでは日本の安倍晋三首相が再び太平洋国家主義者として生まれ変わったように見えた。


幾 年にも及ぶ事件操作、”慰安婦”としての問題に関する憤り、小さい島に関する紛争、等の問題は最終的に書類上で解決される見通しである。韓国大統領のパ ク・グエン・ヒエもこの種の問題に対するカザリアンが勧めた日本の餌に食いつかなかった。参加国は今や前進をし、関係を後戻りさせないと合意した。


安倍とパクの調子の突然の変化は外部の無関係な者が起こさせた些細な喧嘩を終えるべきだということを明確にした新しいペンタゴン首脳であるジョセフ・ダンフォードの韓国訪問と繋がりがあるかもしれない。


安 倍の調子の変化はリチャード・アーミテージュ、ディック・チェニーなどが日本で行ってきたことがどんなことかを正確に調べるためにダンフォードが日本を訪 問しようとしているという事実と繋がっているのかもしれない。ペンタゴンのソースはアーミテージュを”処分”すると約束している。この一部はすでにアフガ ニスタンでのアーミテージュのヘロインビジネスの崩壊として始まっている。アフガニスタンで爆撃された国境なき医師団の病院はヘロインの配布センターだっ たことが今や明らかである。ロシアのタス通信によると国境なき医師団は東ウクライナから放逐された。なぜなら彼らはドラッグを扱っているからだ。

http://tass.ru/en/world/831682


リ チャード・ロスチャイルドの飛行機事故による殺害はブッシュマファイアの国境なき医師団組織を乗っ取り、前線として利用しようとの動きの一部であることが 明らかである。ロックフェラーファミリーのソースが言うには、リチャードはブッシュとその仲間のカザリアンナチスが疫病エボラをはやらせようとしていると の内部告発をしようとしたので殺されたとのことである。時が語るであろうが、このかつては高貴だった組織が闇の側に乗っ取られたことが今明らかになってい る。


一方で、南米のソースはコロンビアのコカイン生産地の中心にあるカリという都市の市長を務めているモーリス・アーミテージュという者がいると指摘している。

http://www.eltiempo.com/politica/elecciones-2015/maurice-armitage-candidato-alcaldia-de-cali/16386215


彼はリチャード・アーミテジュによく似ていて、確認はされていないが、リチャードがブッシュのドラッグビジネスを運営し、モーリスがコカインの処理をしているように見える。

 
い ずれにしても、悪漢集団カザリアンのブッシュナチオニスト分派の資金源であるヘロイン、コカイン、及びアンフェタミンビジネスの共同崩壊作戦が行われてい る。2トンのアンフェタミンを扱っていたサウジの王子の拘束はこの明らかな例である。ジェブ・ブッシュの大統領選が資金不足になるのは不思議ではない。


ま だ多くのことがなされなければならないが、世界のニュースを見守っている全ての者にはナチオニストが力を失っていることを否定できない。第二次世界大戦時 と比較すると、今はナチの敗北が必然になったのに、戦闘が残っていたのと同じ状況である。私たちが頑張れば、2016年までにはこれらのナチオニスト犯罪 集団を永遠に葬り去ることができるだろう。【転載終了】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イスラエルのIDF大佐は、ISIS... | トップ | 水素水って、何なの? その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ベンジャミン・フルフォード」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事