飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

パイロットに依るETV遭遇動画!

2017-05-03 15:02:23 | 動画

ETV(UFO)出現のニュースは、
連日の様にある・・・!
インターネットの拡散量故であろう・・・!
中々実体遭遇することは少ないが、
こうしてネット上事欠かない!

 

端から否定する人々も多いだろうが、

それは自由判断であるから仕方がないとして、

ETV(UFO)実在については随分と拓かれて来た。

向後目の当たりにしても、

慌てふためくことは少ないだろうし、

接近遭遇する機会も増えるだろう。

 

存在を否定する人には、

仮に接近遭遇しても認識できない場合が多い。

浦賀に来たペリーの「黒船」も、

見えてなかった人々は多いといわれる。

確かに、

未知との遭遇は不安だらけであろう。

不安は心を閉ざし目を閉ざす。

 

しかし、

目を閉ざしていては未来に進めない。

これは歴史が示している。

未知との遭遇は、

まさに、

ET(地球外知的生命体)との遭遇である。

これを外して、

未来はない。

 

既に諜報機関の最上部では接近遭遇どころか、

共同歩調を取っている分野がある。

それが地球製UFOの存在である。

地球製UFO(ARV=Alien Reproduction Vehicle)-「TR-3B」?」として、

世界に隈なく出没しているばかりでなく、

実際にプラズマ爆弾の兵器実験を試みている様である。

 

諸般の情報を総合すれば、

核兵器などはもはや比較にならない

威力の兵器が存在している・・・。

しかし、

未だ秘匿されているから、

核は抑止兵器として地位を保っているが、

その次元は通過している様である。

 

プラズマ兵器が存在する以上、

プラズマ抑止兵器も当然実現する。

今は、

言うと言わないに関わらず、

殲滅兵器の一人歩きは出来ないのである。

盾と矛は常に相まって進捗してきた。

 

ところで、

常にETV(UFO)は無敵であるかというと、

そうでもない。

姿を顕している時、

銃撃やミサイル攻撃を受けると、

わりかし容易く撃墜される・・・。

特にロックオンなどの電磁波照射にはウィークポイントがある様だ。

 

そして、

多くの小型円盤を操縦しているのは、

グレイで、

いわゆるハイブリッドロボットであるようだ・・・。

だから、

所謂、ET本体そのものの実害はない・・・と思われる。

Russian Pilot reported close encounter with Two UFOs !!! July 2016

UFO ORB FLEET filmed by US fighter pilots !!! August 2016

US Navy Pilots filmed disc-shaped UFO over Pacific Ocean !!! May 2016

 

こういう場合もある!?

OVNI destruye otro Ovni, Rusia | 6 de Julio 2015 | UFO crash sighting

シリア上空では信じられないほどのUFOを撃墜!レアルショット! UFO 2017

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逝ったマシュー君の天界から... | トップ | 逝ったマシュー君の天界から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL