飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

今度こそお陀仏か? ダーイシュ(IS)頭領バグダディー!

2017-07-01 09:49:56 | ニュース

いまさら言うまでもないが、
モサドの「スズメバチ作戦」工作員である・・・。
本名はサイモン・エリオットと称する・・・?!
何度も死にかけたが、
今度こそお陀仏か?!

 

諜者の人生は波乱万丈である・・・。

 

今度こそは本物だろう。

?付きでウィキも更新されている。


「2017年5月28日にシリアのラッカ近郊でISIL幹部の会合が行われたのを狙ってロシア軍が空爆を行い、

その結果バグダーディーが死亡した可能性があると同国国防省が発表している」となっていたが、

確認された格好である。

 

曰くの一杯ある人物であるが、

重複するし、

これまでも多くの方が論じている事もあり、

割愛する。

 

中東においては「スズメバチ制圧」が進んだ証拠である。

その功労者は言うまでもなく、

ロシアである。

プーチン・ロシアである。

 

 

【転載開始】

「ダーイシュ(IS)」指導者
イランのメディア、「ダーイシュ(IS)」指導者殺害を裏付ける写真公開 【写真】
© AP Photo/ Militant video, File
中東
2017年06月30日 06:58(アップデート 2017年06月30日 14:10)
イランの国営テレビ「イラン・イスラム共和国放送」は過激派組織「ダーイシュ(IS)」の最高指導者バグダディ容疑者の殺害を裏付ける写真を公開した。
スプートニク日本

国営テレビ「イラン・イスラム共和国放送」のホームページで公開された4枚の写真の中では、バグダディ容疑者に似ている男性の遺体を映した2枚の写真がある。公式的な同情報の確認は今のところ発表されていない。

指摘されているところでは、ISIS最高指導者のバグダディ容疑者は5月28日、ラッカ南部郊外での会議中、殲滅された可能性がある。ロシア空軍によるこの空爆では「ISIS」のいわゆる軍事評議会のメンバーを含め、このテロ組織の幹部など戦闘員およそ330人が死亡した。

バグダディ容疑者(本名:イブラヒーム・アッワード・イブラヒーム・アリー・アル・バドリー・アル・サマッライ)が初めて姿を公にしたのは2014年7月。ダーイシュが制圧したモスルのモスクでの説教の様子が動画に映っている。なお、これに先立つ6月29日には「イスラム国」の建国を宣言している。7月の動画公開以降、いくどとなくバグダディ容疑者死亡のニュースが流れたが、確証をえたものは1つもない。

先の報道では、ロシア国防省は先週、バグダディ容疑者が、ロシア航空宇宙軍がシリア南部ラッカで先月28日に行った空爆で死亡した可能性があると発表した。【転載終了】

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キューブリックの衝撃的遺言... | トップ | 日本最高峰コンサル×和の成功... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
影武者だと思います (ユッキー)
2017-07-02 09:48:11
鼻が全然違います。口髭も薄いし、耳の形も違うようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL