飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

アメリカ民主党の大統領予備選で不正投票?

2016-11-02 20:59:08 | ドナルド・トランプ

ここに来てメディアもトランプ優勢を報じ始めた・・・!
今年の米国大統領選挙情報である
真実が拡散された結果であろう・・・?!
大規模な不正選挙が予見されている
が、
それをも凌駕する趨勢がその根底にある!
日和見主義が大勢を動かし始めた・・・!

 

為替・株式市場が反応し始めたことが、

大勢を読み込んだ証拠である。

トランプ氏が次期大統領になるだろう。

ヒラリーは終わった。

それに縋って権力を維持したいマフィア軍団は、

敗北を認めがたいだろうが終わった。

 

マフィアがアメリカを牛耳る最悪のシナリオは

終焉を告げるだろう。

そうでなければ、

本格的な内戦も予見される情勢がある。

寄生虫(パラサイト)が、

宿主を食いつくすことなど到底叶わないのである。

本末転倒な妄想が世界を覆い尽くしているが、

妄想と気が付かないのがパラサイトなのである。

 

仮にもし、

1%のパラサイトが70億人に対峙して、

それらを食いつくし、

ジョージアガイドストーンに記された5億人に人口削減したところで、

パラサイトは生き延びることは出来ない。

宿主が居なくて寄生虫(パラサイト)は生き延びることが出来ないのである。

あまりに単純な道理である。

妄想中の妄想である。

 

その為にヒラリーは病んだ。

権力の中枢に居て、

私的サーバーでメールをやり取りしたことも、

愚かな驕りであるが、

そうするより仕方がなかったのである。

何しろ、

パラサイトの流儀をまさか正規のサーバーで、

情報交換をすることは叶わなかったのである。

 

必然の結果である。

誰が考えても、

小児性愛、生贄、悪魔主義等を情報交換出来るはずがない。

ISIS(イスラム国=ダーイシュ)に武器を調達する相談など

出来るはずがない・・・。

必要必然で私的サーバーを活用した。

どんな情報も隠し遂せるものなどあり得ない。

盾と矛との関係のように、

機密情報はそれを探ろうとする力学が必ず働く。

諜報は防諜との鬩ぎ合いで、

最終的には暴露されることが常道なのだ。

 

今回は、

ウィキリークスが立役者となったが、

そうでなくても第二、第三のウィキリークスが登場することは、

必然なのである。

トランプ氏はそれ以前に同様の情報を入手していたことが、

推察される。

一方の旗頭が立てば、

必ず、

それに呼応する勢力が台頭する・・・。

同時に機密情報もそれに連れて集約される。

 

真実以外に

万人に支持される要素はないのである。

偽善は必ず暴かれる。

ウソは常に綻びを見せるものである。

格別、難しい話ではない。

 

民主党予備選では、

大規模な不正が行われた。

これは周知の事実だ。

知らぬはその下手人たちばかりで、

頭隠して尻隠さずというのはこの事である。

 

大統領本選でも既に不正投票用紙が発見されている・・・。

懲りない面々である。

 

さて、

そんな中、

日本ではTPP批准審議が進んでいる・・・。

どうせ根底から無駄になることも知らぬはずがなかろう。

それでも従わなければなければならない何かがあるのだろう・・・

勝手に無駄な作業に血道をあげている。

滑稽極まりない。

 

アメリカ民主党の大統領予備選で不正投票?Democrat Primary Voter Fraud

ムーア、トランプの勝利を予想

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パンダがカッコつけ侵入者を... | トップ | ヒラリーは永遠に終了! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドナルド・トランプ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL