飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

1990年、イスラエルが「ISIS」を創出した!

2016-01-10 12:53:55 | NWO

拙稿「ISISの語源が明らかになった!」でも触れたが、
ダーイシュはイスラエル諜報機関モサドが創出した!
目的は何か?
イスラエルを防御する最善の方策は、
国境の周りに新たな敵を作り出す事である・・・!
スノーデンも機密文書で証拠立てている・・・。

 

今でこそ、ISISはダーイシュという名で呼ばれるようになったが、

世界中のテロリストをイスラエルの周辺に糾合するための工作である。

それは、

古く1990年に始まった。

それがI(Israel)S(sercret)I(intelligence)S(service)である。

モサドの英語読み名である。


【転載開始】
Russia Says Israel Training ISIS: Israel Secret Intelligence Service.

Putin

A senior aide to Russian President Vladimir Putin has accused Israel’s Mossad of training Islamic State (aka ISIS) terrorists operating in Iraq and Syria, Iran’s Press TV reports.<省略>【転載終了】


 

それがISILになり、現在はダーイシュ(Daesh)となった訳であるが、

言わば蔑称がその名になって、相応しい

イスラムを踏みにじる者という意味があるらしい。

元々、イスラムには無関係で、

世界に散らばるテロリストを集めるためにイスラムを騙っているに過ぎない。

しかも、

その性格は、残虐非道、カルト中のカルトである。

 

先ごろも、

ダーイシュを離脱するよう勧めた母親を、

その息子が公開処刑するという出来事があった。

彼らのやっていることは、

常軌を逸しているだけでなく、狂気の沙汰である。

子供を処刑人することなど、

どこで思いつく話であろうか?


 

考えうる極限のアイディアとしては、

イスラムを究極の恐怖として描き上げることにはなる。

それしかない。

残酷な処刑、大量処刑、そして、その公開・・・。

それしかないではないか。

そして、

それを行うのは、洗脳されたカルト戦闘員であって、

設計図は、冷酷無情な諜報員が描いている・・・。


 

それを知らずに、ダーイシュに参加する人士が世界中に存在する。

彼らは病める精神を抱いて、

ダーイシュに活路を見出すつもりだったのであろうが、

自ら地獄に赴く迷える羊である。

 

事実が証明している・・・。

ダーイシュはイスラエルを一度も攻撃していない。

全てイスラム国家である。

これほど不思議なことがあろうか?

 

'ISIS' is 'ISRAEL' (Mossad) - C-Span TV Interview from August 5, 1990 admitting it.

 

【転載開始】

Israel Admit To Creating ‘ISIS’ In 1990

 

Long before the creation of ISIS in 2006, this C-Span TV interview from 1990 shows that the terrorist organization was actually created by Israel. 

According to the video’s description:

‘ISIS’ was not created by Iraq in 2006 or even Syria which they now call ‘ISIL’, which is only what the mainstream MEDIA will report and want you to believe in.

Obama calls ISIS a terrorist group is because it is really “Israel”, and Obama actually considers them a terrorist regime.

Here’s a C-Span TV interview video from August 5, 1990 admitting that Israel (Mossad) is “ISIS”.

【転載終了】


【Google仮訳】

イスラエルは1990年に「ISIS」を作成することを認めます
conspiracyclub別 -
2015年12月21日


ロング2006年にISISの作成前に、1990年からこのC-SPANテレビのインタビューは、テロ組織が実際にイスラエルによって作成されたことを示しています。

動画の説明によると:

「ISIS」は、2006年にイラクによって作成されていないか、彼らは今、あなたの主流メディアが報告されるものだけである、「ISIL」と呼ぶと欲しいさえシリアを信じること。

オバマ氏はそれが本当にある「イスラエル」、とオバマ氏は、実際にそれらにテロリスト政権を考慮するため、テロリストグループがあるISISを呼び出します。

ここでは、イスラエル(モサド)は「ISIS」であることを認める1990年8月5日からのC-SPANテレビのインタビュー映像です。

【Google仮訳終了】

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蛮行、ここに極まれり・・・... | トップ | 世界最富裕層、一年の最初の... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (自称マクロビ)
2016-01-11 12:03:27
つむじ風 さんへ。
二元論を基本思想に持つ民族の最大の敵は、
『敵がいなくなる事』と思います。
敵があってはじめて、自分達の民族としての存在価値があるのだろうと考えます。
この辺は、一元論的思考を持つ我々日本人には、全く理解出来ないところと思います。
『盲点中の、盲点』と考えます。
これからも訪問致しますので、よろしくお願いいたします。
軍産複合帯(企業)は (voice)
2016-01-12 05:25:27
ビジネス。

敵が居なければ始まらない。

武器を消費すれば利益を上げれる、戦争無くして経済そのものが成り立たない。

それは人類の指導者とならざるを得ない権力者がお金による支配と利権を手離さない限り永久に継続する。

人間=生物=生存競争

競争、では無く、

協力による共存、のみが全存在の幸を生む。

その時には煩悩を棄てた無欲の精神性を備えた崇高な魂しか対応出来ない。

人類とゆう不完全な生命体に、

その価値在る進化が見出だせるとは想像し難い。

人間は、醜く愚かで、利己的な欲望に純粋な生き物。
北鮮の将軍様事件、ISISにせよ、一種の芝居報道、ヤラセ事件だとすると?本当の目的は?真犯人たちは? (takokuro)
2016-01-12 06:16:55
たぶん、巨大資本を蝕み始めた軍事兵器薬物、医療のテロリズムへの抵抗か反対に、手先ではないだろうか?
本当のテロリズム、戦争状態は、ベトナム戦争、冷戦までのむき出しの爆弾や銃弾の時代ではなくなってるのではないか?
むしろ、、、一見、表社会では、つまり、、Googleで見渡せる表向きの社会では、映らない、見えない密室完全管理下に置かれた環境で、操り人形のようにされてる人たち、それも本来、民主主義社会で有能に活躍していた要人や、そのサポートをしていた有能な若者たちが、軍事薬物兵器で、手駒にされてしまってる、完全管理の中で、本来、自己愛ばかりが強い卑怯で卑劣な若者らが、主導権を実質握ってしまった社会、国家で起こされてるペルソナや記憶改竄で廃人兵器、認知症や障害者製造システムが、平成の最新軍事兵器ではないだろうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL