飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

南極の氷が分離し氷山に 三重や茨城とほぼ同じ面積

2017-07-13 13:21:19 | 環境

とうとう氷山になった様だ・・・。
しかしどデカい!
一つの大きな島である。
これからどのような振る舞いをするか?
興味深い!

 

地球温暖化とか何とか言うだろうが、

関係ないと思う・・・。

自然は大きなスケールで常に変化をしている。

一つの大きなスペクタクルに出くわしているのだ。

現在最大の氷山は、表面積3000k㎡である。

表面積5800k㎡はほぼその倍であるが、

南極では珍しい話ではない。

 

しかし、

そう滅多にお目に掛かれるものでもない。

一つの歴史のスペクタクルであることには間違いない。

南極の氷が分離し氷山に 三重や茨城とほぼ同じ面積(17/07/13)

Antarctica: Larsen C shelf rift poised to Break Away, the Crack expanded by 17 km in six Days

Larsen C Ice Shelf

 

氷山は北と南では大きく違う。

南極のは、棚氷が分離してこうして氷山になるから、

表面は平面である。

北は氷河が押し出されてできるからゴツゴツしている。

氷山の一角と言う位であるから、

海水面上よりも水面下の方が約9倍多い。

 

【転載開始】

2017.07.07 Fri posted at 12:25 JST

 

(CNN) 南極大陸の沿岸にある巨大な氷棚の亀裂が拡大し、分離まであと5キロに迫った。大陸から分離すれば、世界最大級の氷山になる可能性もあり、船舶に危険が及ぶ事態も予想される。

分離目前の「ラーセンC氷棚」の大きさは約6000平方キロ。英ロンドンの面積の4倍、米ニューヨーク市の7倍に相当する。

欧州宇宙機関(ESA)によると、6月初めの時点で大陸とつながる部分は13キロ残っていたが、この1カ月あまりでわずか5キロにまで縮小した。

ラーセンC氷棚は、南極大陸沿岸のラーセン氷棚の一画にあり、ESAが南極とグリーンランドの氷棚観測プロジェクト「CryoSat」を通じて観測を続けてきた。

大陸から離れて漂流すれば、船舶に危険を及ぼす恐れもある。英リーズ大学のアナ・ホッグ氏は、「どうなるかは分からない」「バラバラになるかもしれないし、直後に分解するかもしれない。たとえ分解したとしても、潮流に乗って北へ流され、フォークランド諸島にまで到達する可能性もある。そうなればドレーク海峡を通過する船舶に危険が及ぶかもしれない」と危惧する。

ラーセン氷棚からは、過去30年の間に「ラーセンA」と「ラーセンB」も分離した。米航空宇宙局(NASA)によると、温暖化が特に急速に進む南極でラーセンC氷棚が分離すれば、これまで同氷棚に遮られていた深部の氷が温暖化にさらされて溶けたり崩壊したりしやすくなり、悪循環に拍車がかかる恐れもある。

分離がいつ起きるかについては、ESAのレーダーによる観測で予測できる見通し。ESAのシステムでは、分離後の地球上の氷の量も計算できる。【転載終了】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピザゲート関連逮捕者3500人... | トップ | 虎の威を借りないと役人は動... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL