飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

ダイアナ妃が、英国のロイヤルファミリーによって殺された証拠

2017-06-23 16:39:11 | プーチン

下手人(MI5諜報員)が告白しているくらいだから、
論を待たないだろうが・・・。
表の世界は知らぬ存ぜぬだ・・・。
ダイアナ妃の無念は暗殺直後から、
巷の囁きで知れていた・・・!
闇の権力が必死に隠し続けているからだ。

 

闇の権力(DeepState)は、

何につけてもマッチポンプで利権に浸かり切っている。

戦争も煎じ詰めれば利権構造だ。

テロを企てる勢力と、

それを阻止しようとする勢力は、

コインの裏表である。

その両勢力を束ねている権力が存在する。

それが闇の権力(DeepState)である。

 

それが追いつめられている・・・。

 

転載元のゴーストライポンさんは、

フリーエネルギーの実践者でありエンジニアでもある。

「水は燃える」テクノロジーを再現した。

再現したという事は、

科学的証明でもある。

その他、

ニューサイエンスの黎明を告げるテクノロジーの

正当な評価者であり実践能力者である。

是非、

お訪ねください。⇒http://ameblo.jp/ghostripon/

 

2017年06月14日(水)
テーマ:



Putin Says He Has Proof Princess Diana Was Killed By British Royal Family
https://worldtruth.tv/putin-says-he-has-proof-princess-diana-was-killed-by-british-royal-family/

プーチンは言う。ダイアナ妃が、英国のロイヤルファミリーによって殺された証拠を持っている:

ウラジミール・プーチン大統領は、実際に英国人に対して行動を促す声明を発表した。18年前の尊いダイアナ妃の殺害について、彼女の暗殺に対して責任があるという決定的な証拠が現れた後、王家を訴追する必要があると述べた。


クレムリンでの厳粛なクリスマスの昼食を通して、プーチン大統領は、エリザベス女王、フィリップ王配、チャールズ皇太子が、パリのMI6代理店を通じてダイアナ妃の殺害を手配したと非難した。彼は、以下のようにも述べています。先月電話でエルトン・ジョンと話をした際、彼は英国王室が、血塗られた手の持ち主である否定できない証拠を知っていた。

カジュアルで反響のあるスピーチの間、プーチン大統領は、選り抜きの仲間と、尊敬されている国家承認ジャーナリストに、1997年のダイアナの残酷な暗殺が、当時の彼の心を痛めつけた。彼女の死は、犯罪行為のせいだったと、深く理解していたと知らせた。

2016年にイルミナティを破壊すると約束したプーチンは、後半素晴らしい行為をしていたダイアナ妃は、腐敗した英国王室に対するトゲであると述べ、事実、イルミナティの存在に対する継続的な脅威として働いていた。彼女は、イルミナティが、人類に対してどのようなことを行っていたかを理解していた。

プーチン大統領は、涙を抑えて立ち上がり、一杯のウォッカを持ち上げて宣言した:


「彼女は世界の舞台に立って、衝撃的な真実を伝えようとしていた」彼は、ブリニ(ロシアのパンケーキ;ソバ粉とイーストで作り, 通例キャビアやサワークリームをのせて食べる)の前菜を、ちょうど終えた群衆に語った。

「そして今、友よ、私はこの真実を知っている。そして私は、世界にもあわせて知らせる準備ができている」彼は、飲み物をドンと置く前に警告した。

彼は続けた。「バッキンガム宮殿に居座っているその人物は、無実のしわくちゃの猿ではありません。彼女は、悪の化身です。 腐った家族全員を廃止する必要がある」

記者たちによると、群衆は爆発的に拍手喝采した。彼らは実際に、モスクワで「イルミナティ・キラー」と呼ばれている。

この記事を読む時間をとってくれてありがとう。 この情報が役に立ちましたら、あなたの友人や家族と共有してください。 自由な情報を共有しようと努力しているあなたの支持には、大いに感謝しています。

Source :
Deprogram Yourself


イギリス王室、終わらせるようです。

プーチンを軸に世界を見て行くと、勢力図が見えてくる。
プーチンロシアを悪魔化している連中は、その立ち位置からイルミナティです。
シンプル(笑)

地雷除去もやりましょう。




ダイアナ妃暗殺の原因
http://www.millnm.net/cgi-bin/page.cgi?url=../qanda3/835LrHiVwl8vo48559.htm

やはり、ダイアナ妃の暗殺の原因は、地雷反対運動にあった。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-1282907/Princess-Diana-killed-planning-expose-senior-Brits-involved-land-trade.html

モハメド・アルファイドの代理人であるマイケル・マンスフィールド弁護士によると、地雷関係のイギリスの武器商の上級メンバーの氏名を暴露しようとしたためだという。

彼女は、地雷にもっとも密接に関わりを持つ人々の氏名が記されている「暴露日記」を持っていると明かしていた。

      イギリスが武器、特に地雷の取引に関わり、巨大な利権を持っていることは周知の事実です。
      ダイアナは、いろんな場所への訪問を計画していた。すでにアンゴラに行き、同じ年にカンボジアを訪れました。
      彼女は、地雷被害者のための団体を設立する計画を立てていました。
    イギリスは多数の地雷を生産しており、彼女をよく知る証人の話では、暴露日記を公開し、イギリスの武器取引に深い関わりを持つ人々の名前を公表する予定でした。このことが(彼女の死と)無関係だとは思えません。


ジョン・レノンもそうだが、有名人が反戦活動すると暗殺される危険がある。
 
2010年6月3日



ダイアナ妃のアンゴラ訪問20年周年にあたり、HALO Trustが今も続く地雷による子どもの死亡について語る
2017年01月20日 JCN Newswire
http://www.jcnnewswire.com/japanese/pressrelease/34455/3/ダイアナ妃のアンゴラ訪問20年周年にあたり、HALO-Trustが今も続く地雷による子どもの死亡について語る
DUMFRIES, SCOTLAND, Jan, 20 2017 - (JCN Newswire) - 20年前、イギリスのダイアナ元皇太子妃は地雷撲滅キャンペーンのためにアンゴラで地雷原の上を歩きましたが、HALO Trustによれば、今でも地雷や不発弾によって一般人が死傷し、アンゴラの他、世界の63の国と地域の開発を妨げています。

1997年のダイアナ妃のアンゴラ訪問によって、地雷被害者の窮状や地雷の無差別的な性質が、全世界に広く知られるようになりました。そして年末にはカナダのオタワで国際会議が開かれ、対人地雷禁止条約が締結されました。しかし条約による地雷の製造と輸送の禁止は大きな成功であったものの、HALOによれば、地雷除去への資金提供が大幅に増加しない限り、条約の掲げた2025年までに地雷のない世界を作るという目標は達成できない見込みです。



プーチン大統領:イルミナティがイスラムを使って第三次世界大戦をスパークさせる計画
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12232032430.html

プーチン大統領、ロスチャイルドをロシアから追放
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12267528852.html

世界を動かす3つの企業:ロンドンシティ、ワシントンDC、バチカン市国
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12243722932.html

西側の秘密政府である300人委員会の更新されたメンバーリスト
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12230710315.html
THE BRITISH MONARCHY AND THE COMMITTEE OF 300 (AS OF SEPTEMBER 2016)
CURRENT MONARCH AND SUPREME LEADER OF THE NWO: Queen Elizabeth II
ブリティッシュ・モナークと300人委員会(2016年9月現在)
現在のモナークとNWOの最高指導者:エリザベス2世

【転載終了】

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臨終のMI5エージェントが告白... | トップ | 西之島の領土拡大、日本地図... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まったくー (やまがた)
2017-06-24 07:47:19
あなたの記事はどれもこれもひねくれていて面白い。
しかし、こういった記事は近日中に規制の対象になるようだ。
謝っておいた方が無難じゃないかな。
では。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL