飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

チリ海軍のヘリコプターによって記録されたUFO

2017-07-14 22:50:55 | ETV

UFOの動画・写真など珍しくもない時代だが・・・
この映像は科学的示唆を含んでいる。
しかも、
公式に発表された知見である。
未確認空中現象UAP (Unidentified Aerial Phenomenon)
という言葉も登場する!

 

温度は50℃(華氏122℉)という点も面白い。

しかし、

オブジェクトはレーダーには関知されず、

目視も不可能であった。

 

しかし、

たまたま赤外線探知装置の実施訓練でもあって、

その装置には明らかに反応した。

そして、

それはオブジェクトばかりでなく、

オブジェクトに依るものと思われる奇妙な空中現象を察知した。

未確認空中現象UAP (Unidentified Aerial Phenomenon)と

言うものがそれである。

UFO Recorded by Chilean Navy Helicopter is Incredible

Chile Helicopter UFO - FULL (see Leslie Kean's article for backstory)

 

いずれも未確認(Unidentified)が冠せられるものだから、

常にややこしい。

一種のプラズマ現象と言えばそれまでである。

UFOはETV(異星人乗り物)である。

それは動力は磁力に依るプラズマを用いていることは、

知られたことである。

 

目視できないという事はガスではないだろう。

 

又、

オブジェクトそのものも目視できないというから、

何らかのバリヤーか、

半物質状態で出現したのであろう。

そして、移動のメカニズムを披露したのかもしれない。

おそらく、

企図して出現したものと思われるが、

UFOに聞かなければ分からない。

 

もっと、

人間は謙虚に且つ、

素直にUFOの真意を理解するように努めなければならない。

幸い南米に登場したものだから、

公式発表になったのであろうが、

先進国であれば、

即隠蔽である。

何故隠蔽するか?

先進国のある国は

既にその技術を導入しているからである。

 

軍事機密は隠蔽される。

 

しかしながら、

次第に明らかとなるUFOの実体・・・。

そう感ずるのは一人ではあるまい。

 

【転載開始】

UFO Recorded by Chilean Navy Helicopter is Incredible

first published on January 10, 2017 by

 

A UFO (unidentified flying object) was filmed by an experienced Chilean Navy helicopter crew in 2014, and the video has just now been unclassified and released to the public. After two years of investigations by physicists and aviation experts, the event is still unexplained and the object is still being classified as a UAP (Unidentified Aerial Phenomenon). The following video is cut down from its original ten minute length.

Some key points to take away from the event is that the object appeared white in color. Two ground radar stations, as well as the Navy helicopter’s radar, were unable to pick up the horizontally traveling object. Based on the intensity of the FLIR imaging, the UFO was guessed to have a surface temperature of 122 degrees F.

Incredibly, the video shows two extremely hot gas or liquid discharges from multiple ports on the object. The expulsions do not coincide with the movement of the vehicle.

Given the source of the video, and the advanced technology of the cameras used to record it, this may be one of the most credible UFO encounters to date.

To read an in depth feature with considerably more information regarding the event,click

>>>HERE<<<

【転載終了】

 

【Ping仮訳開始】※そのママ
チリ海軍のヘリコプターによって記録された ufo は信じられない

最初に公開された1月 10, 2017 によってウィル

ufo の (未確認飛行物体) 2014 で経験豊富なチリ海軍のヘリコプターの乗組員によって撮影されたビデオは、今では未分類されていると公開にリリースしました。物理学者や航空専門家による調査の2年後、イベントはまだ原因不明であり、オブジェクトはまだ uap (未確認空中現象) として分類されている。次のビデオは、元の10分の長さからカットされます。

イベントから奪うためにいくつかの重要なポイントは、オブジェクトが色で白に現れたということです。2つの地上レーダー局だけでなく、海軍のヘリコプターのレーダーは、水平方向の走行物体を拾うことができませんでした。flir イメージングの強度に基づいて、ufo は122度 f の表面温度を持っていると推測された。

非常に、ビデオは、オブジェクト上の複数のポートから2つの非常に熱いガスや液体放電を示しています。追放は、車両の動きと一致しません。

ビデオのソースを考えると、それを記録するために使用されるカメラの高度な技術は、これまでで最も信頼性の高い ufo の出会いの一つかもしれません。

イベントに関する詳細な情報を含む深度機能を読み取るには、[> > > ここをクリックしてください <【仮訳終了】


詳しい情報は下載の記事の元記事(英語)に詳しい・・・。

【参照記事仮訳】※一部省略
01/05/2017 11:19 am et |2011/01/05 更新2017

過去2年間、チリ当局によって研究された非常に珍しい行動を表示する ufo の例外的な9分海軍のビデオは、現在公開されています。CEFAA-ufo、または uap (未確認空中現象) を調査するチリ政府機関は、調査を担当しています。総局内に位置し、私たちの faa のに相当するが、チリ空軍の管轄下で、CEFAA は、多くの分野からの軍事専門家、技術者や学者の委員会を持っています。それらのどれもヘリコプターからの2つのベテランの海軍役人によって捕獲される奇妙な飛行物体を説明することができなかった。

チリ政府機関は、調査が完了したときには、常にそのケースを公開し、ケースのメリットは、このような結論を uap の存在を認めている。

一般的なリカルド Bermúdez、CEFAA のディレクターの調査中に、"我々はそれが何であったかわからないが、我々はそれが何であったかを知っている" と語った。そして「何がないか」は従来の説明の長いリストを含んでいる。ここで何が起こったのです:

11月11日、2014、チリ海軍のヘリコプター (エアバスクーガーとして-532) は、日常的な昼間のパトロールミッション北海岸、サンティアゴの西に沿って飛んでいた。機内では、パイロットだった飛行経験の多くの年を持つ海軍の船長と、WESCAM の mx-15 hd フォワード探し赤外線 (flir) カメラをテストしていた海軍の技術者は、製品のウェブサイトによると、最も頻繁に "中高高度隠密知能、監視と偵察" のために使用。航空機は、水平視程が無制限で、晴れた午後に約4500フィートの高度で飛行し、その高さの気温は50度 f (10 ° c) でした。10000フィートの上の雲の基盤があり、stratuscumulos の雲の層は下にあった。ヘリコプターは約132ノット、または 152 mph で飛んでいた。
Evogol 英語版ウィキペディア
チリ海軍のさで532SC クーガーヘリコプターとして。

1:52 pm では、地形を撮影しながら、技術者は、海の上に左に飛んで奇妙なオブジェクトを観察した。すぐに両方の男性が肉眼でそれを観察した。彼らは、オブジェクトの速度と高度がヘリコプターとほぼ同じになるように見えたことに気づき、オブジェクトが約35から40マイル (55-65 キロ) 離れていると推定した。船長によると、それは w/nw を旅していた。技術者は、すぐにオブジェクトでカメラを目指し、より良い明快さのために赤外線 (ir) で拡大した。
礼儀 cefaa
カメラに表示されている表示された地理的座標から得られたヘリコプターのルート。

その後まもなく、パイロットは2つのレーダー局に連絡-1 つの近くの海岸で、他の主要な総局制御システム (地上一次レーダー) サンティアゴ-未知のトラフィックを報告する。どちらのステーションもレーダーでそれを検出することができます, 両方が簡単にヘリコプターを拾ったものの、.(対象はレーダー探知の範囲内で十分でした。航空交通管制官は、民間または軍のいずれかのトラフィックが、地域で報告されていないことを確認し、航空機は、オブジェクトが位置していた制御された空気の空間で飛ぶことを許可していなかったこと。オンボードレーダーはまた、オブジェクトを検出することができませんでしたし、カメラのレーダーは、それにロックできませんでした。

パイロットは、この目的のために設計されたマルチナショナル、民間の帯域幅を使用して、uap と通信するために数回試みた。彼は返事を受け取らなかった。

技術者は、ir を中心に9分12秒のためのオブジェクトを撮影した。このセンサーは、黒と白とグレーの色調が温度に直接関係している白黒ビデオを生成します。ir は、熱を検出し、より熱い材料が撮影されて、それが画像に表示される暗い。役員は、彼らが基地に戻って、オブジェクトが雲の後ろに消えていたときにカメラを停止した。

海軍はすぐに CEFAA に映像をひっくり返した, と一般的な Bermúdez, 核化学者マリオアビラを伴う, CEFAA 科学委員会のメンバー, 彼らの海軍基地で2人の役員とのインタビューを行った."私は非常にこれらの証人に感銘を受けた、" アビラは私に語った。"彼らは長年の経験を持つ高度な訓練を受けた専門家であり、彼らは彼らが見たものを説明することができなかったことを確実に確信していた。両方の offiicers はまた、ベースで書かれたレポートを提供, 必要に応じて, と CEFAA.

海軍船長は、物体が「運動のアクセルと一致しなかった放電のような2つの熱スポットライト」を持つ「平坦で細長い構造」であると述べました。技術者は「横軸に半楕円形をした白色」として説明した。
礼儀 cefaa
ビデオは、2つの接続された白い円形のライトやホットスポットを示しています, 多くの熱をオフに与える (左).この画像は、学者ルイスバレラによる分析の一部であった。「Envoltura」とは「封筒」を意味します。

しかし、この映像を特にユニークにする1つの追加コンポーネントがあります: "<後略>【仮訳終了】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虎の威を借りないと役人は動... | トップ | 横転、積み荷が「ヌタウナギ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ETV」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL