飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

北朝鮮の核実験事故で約200人が死亡

2017-11-03 18:51:00 | 国際・政治

直ちに北朝鮮は否定したが・・・
その可能性は高い!
異常に静かなのはトランプ歴訪前だけではないだろう
石にかじりついてでも核開発は止めない
北朝鮮はその命運を核に掛けている・・・!

 

その北朝鮮が核実験をしないはずはない。

出来なくなっている・・・!?

その可能性は有る。

既に核保有は既定の事実であるので、

状況に大した変更はないが、

しばらく大人しくなる事は間違いないだろう。

 

状況は切迫している。

その理由は、

韓国は中国になびく一方であるし、

北朝鮮がICBMを成功させたところでアメリカの核の傘は破綻するからだ。

その前に核の無力化を達成出来るのは、

トランプ大統領の決断しかない。

 

そのトランプ大統領は日本・韓国・中国を歴訪するのだ。

時々刻々と戦争の危機は迫っている。

その戦術はどの様になるのか?

おそらく、

30分以内に電撃的破壊するしか途はないだろう。

 

今や、

空母3隻体制は敷かれている。

これは何を意味するか?

勝手ながら、

準備は整いつつあるとの印象だ・・・。

近いうちに、

核実験は兎も角、

ミサイル実験は行われるだろう・・・。

その兆候はある。

 

今回のトランプ大統領歴訪の旅は、

最終的な根回しの旅である。

何の根回しか?

それは言うまでもないであろう・・・。

 

North Korea tests new instant launch missile engine ahead of Trump visit amid WW3 tensions

Inside North Korea Alien Technology More Advanced Than US. Day X Of Big War Is Set
 

【転載開始】

北朝鮮の核実験事故で約200人が死亡
管理者 | 2017年11月1日 |

 
日本のテレビ朝日が知っている情報によると、9月3日に平壌政権が6回目の核実験を実施したのは緊急事態である。

韓国政府が核実験を行っている北朝鮮のトンネルで地滑り事故で200人以上が死亡した。明らかに、この事実は、この政権が実施した最も強力な地下原子検査によって引き起こされたと、日本のテレビ局、朝日が火曜日に発表した。

救援活動が行われたときに二度目の崩壊を遂げたパンギリ(北の山岳地帯)にあるこの敷地内の最初の崩壊では、100人の労働者がいた北朝鮮から未確認の情報源を引用した朝日によると、約200人が死亡している可能性が高い。
 
このドラマは、9月3日に平壌政権が実施した6回目と最後の核実験の数日後に行われ、その後水素爆弾で成功を収めた。同じことが強い地震の揺れ(マグニチュード6.3)を引き起こしましたが、専門家は地下試験が山の崩壊と大気中への放射能の漏れを引き起こす可能性があるとすでに警告していました。

一般的に、北朝鮮は、特に核兵器プログラムと関連している場合、その領土内で重大な事故の存在を正式に認識していない。統一部の李在仁(Lee Eugene)広報官は、韓国では「情報は知っているが、何も知らない」と述べた。

放射能漏れはありますか?

プンギリは9日、北朝鮮の6回目の核実験の場だった。これが直接的または間接的に崩壊を引き起こしたかどうかは不明である。

しかし、外国人専門家や人権活動家は今月、金正日(キム・ジョンウン)施設の解体の危険性を警告した。月曜日、韓国は、現地で行われた別の核実験が、山岳施設の完全な崩壊につながり、放射性物質の致命的な漏れを引き起こす可能性があると警告した。また、中国は核実験場の現状について金氏に警告した。
経由:www.disclose.tv【転載終了】


話は逸れるが、

人工衛星を打ち上げたとされる昨年2月のミサイル発射で、

海中に投棄された部品が回収されていた。

自縛装置が働かなかった模様である。

それに依ると、

使われている部品は

西側のもので賄われている・・・。


東南アジア各国の国際見本市等で

仕入れられたものである。

その努力は涙ぐましいものであるが、

所詮はその程度である。

本格的な戦争に耐え得る軍需産業というには程遠い。

一撃で決するであろう不毛な戦争に

駆り立てているのは、

人工国家北朝鮮の独裁体制護持以外の何物でもない。


戦争は避けなければならないとしても、

北朝鮮を温存することは、

オウム真理教、

悪徳暴力団を放置する事と変わりがない。

そういう判断・決断が求められている。

同時に、

極東の覇権が競われる・・・。

避けられない展開でもある。


【転載開始】

北朝鮮のミサイル内部

北朝鮮のロケットから回収された破片は、西側の大企業によって作られた部品を明らかにした。

これまでのところ、北朝鮮は、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)独裁者が個人的に認めたミサイル発射実験を16回実施した。北朝鮮はすべてのテストで究極の目標、すなわち熱核弾頭で米国に打撃を与える大陸間弾道ミサイルに一歩踏み出す。

今週は60分で、デービッド・マーティンとプロデューサーのメアリー・ウォルシュは、北朝鮮人たちがその目標にどれほど近づいているか、それをどのように手にしているのかを報告する。

マーティンとウォルシュは、北朝鮮のミサイル計画と国連安全保障理事会の制裁措置を監視しているチームの責任者、ヒュー・グリフィスをインタビューした。インタビューの間、グリフィスは60分チームに一連のロケット残骸の素晴らしい写真を示し、北朝鮮のミサイルの内部動作を明らかにした。

ot-northkoreaa.jpg

国連調査官のヒュー・グリフィスは、デービッド・マーティンに、韓国の近くで回収された北朝鮮のロケット弾の写真を示している

 CBSニュース

ウォルシュ氏は、「このロケットを飛ばすものは、その写真に含まれていたものだ」と、ウォルシュ氏は上のビデオで60分を示している。「それが国連の査察官にとっても貴重なものになったのだが、60分にも」

グリフィス氏は、北朝鮮のロケット爆弾の回収率は非常に珍しいと述べている。2016年2月、北朝鮮は衛星を軌道に投入し、衛星はそれほど深刻ではないが、打ち上げたロケットはそれだった。「私は世界中のほとんどの人が同意していると思います。このテストのポイントは衛星を軌道に乗せることではありませんでした。"このテストのポイントは、大陸間弾道ミサイルの技術を試すことでした。"

打ち上げ前、北朝鮮は空域とマリナーズへの通知を出し、指定された地域で瓦礫が空から落ちるかもしれないと警告した。韓国人は、諜報目的で瓦礫を回収しようとしている場所を正確に知っていた。

ot-northkoreaf.jpg

2016年の北朝鮮のロケット打ち上げからの破片は、韓国人が回復することができた。

韓国人が瓦礫を集めるのを阻止するために、北朝鮮側は、衛星を軌道に乗せた後に爆発する爆薬を搭載したロケットを操縦したとグリフィス氏は言う。ロケットは自己破壊することを意図されており、その部分を認識できないものにしていた。しかし、そのシステムは失敗したとGriffiths氏は話しています。

「これは金鉱だった」と、デービッド・マーティン氏は言う。「ミサイルがどのように機能するかについて、深く徹底的に詳細に理解するだけだ」

ot-northkoreab.jpg

2016年の北朝鮮ロケット打ち上げの瓦礫

調査官は、部品がどこから来たのかを追跡することもできます。一部の部品には製造元のロゴとシリアル番号が記載されており、調査者は原点とサプライチェーンを追跡することができます。また、圧力トランスミッタと呼ばれる1つのコンポーネントは、西側の有名な企業に供給されていました。

「これは大西洋横断の主要防衛請負業者であり、NATOでなければ米国で最大の選手の1つ、防衛市場であった」とグリフィスはマーティンに語る。

圧力トランスミッターは英国で製造されており、同社はグリフィスの調査に協力しているため、米国の家庭用品名であるとマーティン氏は語っている。

グリフィスは、圧力トランスミッターが英国で製造された後、同社が合法的に台湾に出荷したと説明しています。そこから、それを買ったグループ、ロイヤルチームコーポレーションは、多数の外国人ビジネスマンが出席し、彼らの民間技術を見せてくれる見本市で北朝鮮に持ち込んだ。

ot-northkoreac-pressuretransmitter.jpg
 
ot-northkoread-pressuretransmitter.jpg
 
ot-northkoreae-pressuretransmitter.jpg

英国で製造販売された圧力トランスミッタの画像は、北朝鮮のロケット打ち上げから回収された

「これらは西洋で製造された技術の一部であり、デュアルユース技術と呼ばれています。「彼らは無邪気な使い方をしていますし、邪悪な使い方をしています。また、デュアルユースの技術を警察することは非常に難しいのです。もちろん、それを得ようとしている人は無邪気な使い方を望んでいるからです。北朝鮮はこれらの取り引きを終わらせる」と述べた。

欧米の大手企業は、北朝鮮の部品を購入していることを知らないかもしれない、とグリフィス氏は説明する。むしろ、北朝鮮は、香港、台湾、北京、シンガポール、マレーシアなどの外国人企業家に、北朝鮮との関係を断念することなく装備を入手することに頼っている。

ot-northkoreag.jpg

60分プロデューサーMary Walshと特派員David Martin

 CBSニュース

「ヒュー・グリフィスは、これらの販売のほとんどが無意識のうちに行われたとは考えていませんでした。「私たちは、これを推進していることを彼に尋ねた、彼は、単純で単純な、貪欲で、あなたはお金を稼ぐことができると言った。だから、外国人のビジネスマンはお金を稼ぐが、北朝鮮はそのミサイル計画を支持する。

「私の全体的なインパクトは、北朝鮮のミサイルに何が入っているのかを見極めることだけだった。そして、その部品のID番号が、どのようにこの供給につながっているのかを明らかにする。プロデューサーMary Walshは言う。「北朝鮮がこのミサイルを空中に投げ込もうとしているのではなく、世界中の資源に触れている」【転載終了】

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加