飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

日本中、凍った!! 温暖化? らしい???

2011-01-17 13:20:35 | ブログ

自宅で温泉浴が味わえる・・あまり知られていない!!
今回はちょっと宣伝を・・・・。
折しも、寒波で日本中震え上がった!!


 恒例の介護帰郷。一面、白銀の世界となった。国道?号も白一色。日中も氷点下のままだ。


Img_1676

Img_1683


 去年、父は他界し、老母一人住まい。寒さは老人の心まで寒くする。別にどこが悪いというわけではないが、目眩がするという。こう言う時は、少々、介護を必要とする。


 心の介護だ。2~3日一人帰って、添うに限る。何をするわけでもない。食事作りと雑談だ。


 こちらも仕事を抱えて、実家を事務所代わりと決め込んで、連絡なしで突然の帰郷である。小型ノートと携帯端末だけは持参した。幸いにも直ぐ近くの丘に、ドコモ中継所が出来たから、通信情況は格段に向上した。それまでは、田舎のことだから、携帯電話も繋がりにくく往生していた場所である。


 山間部だから、寒い。コタツと電気ストーブが頼りだ。大人数であれば、人いきれも加わり部屋は直ぐに暖まるが、そうもいかない。ましてや、一人では余計寒々としている。


 しかし、何でもコツがある。一気に暖めるには、食事作りである。今でこそプロパンガスだが、一昔は薪、カマド、囲炉裏だったが、記憶では囲炉裏が一番暖かい想いがある。コタツは下半身は温かいが、背中が寒い。とにかく、煮物を始めると、直ぐに部屋中暖かくなった。


 朝は、先に起き、お茶を沸かし、みそ汁を作り、それでも足りないので、意味もなくお湯を沸騰させる。直ぐに窓のガラスには湯気のために、氷が張り付き、しかし、部屋は瞬く間に暖まる。昔は、囲炉裏に茶釜、土瓶がいつも湯気を立てていた。きっと、それで心地よい暖かさが記憶に残っているのだろう。


 大いに茶化し、大笑いをして実家を後にした。又、遠からず意味もなく、不意打ち帰郷を目論んでいる。実家を後にして、帰宅途上、600年続くと言われるひなびた温泉を経由したことは云うまでもない。520円の贅沢だ。温泉は良い。



【広告宣伝】本物の温泉を自宅へ

マグマ温泉末

 温泉が自宅にあれば、こんな良いことはありません。しかし、多くはそれは叶いません。

海地獄

 そこで、浴用剤と言うことになりますが、これがあんまり得心がいかない。大変良い工夫を凝らした浴用剤ですが、温泉ではない。これはほとんどの浴用剤です。

マグマ温泉末、海地獄

 浴用剤は、温熱効果や皮膚の保湿効果や、又、アロマ効果を演出する優れものですが、温泉とは少し違います。

 ところが、温泉水のエキスををそのまま特許技術で冷風乾燥した『温泉末』という、温泉そのものの浴用剤が、あるのです。いわゆる、『湯の花』とは違います。温泉の中で結晶したものを『湯の花』と言います。

マグマ温泉末

 温泉末は、温泉に含まれる成分をそのまま、ほとんど全部含んでいます。お湯の中にそれを溶かすと、元の温泉のお湯にごくごく近づきます。『湯の花』結晶成分であるイオウ等の主成分であるのと大きく異なるのです。

マグマ温泉末 用法用量

 それが『温泉末』です。

 日本で唯一のものだと思われます。世界でも他にないと思われます。それが特許による製法だからです。その特許も期限が過ぎていますが、それは関係ありません。

 そして、あまりにも地味なために余り知られていませんが、長年に亘り愛されてきました。それは本物だからです。

 色も匂いもありません。お湯も無色透明です。デキストリンで閉じこめていますので、少ししっとりとはしますが、言われなければ、浴用剤使用を気づくことは希です。

 しかし、驚くことに保温効果は抜群です。本物の温泉のようです。一番驚くことは、擦り傷等、ひっかき傷でも良いのですが、お湯がしみる事が、ほとんどありません。これは体験に基づいて、そう言うのですから、試してみればお分かりになります。

マグマ温泉末

 結構、傷にお湯は浸みて痛みを発します。その昔、戦いに疲れた戦国武士が傷の癒しに温泉湯治に委ねた意味がよく分かります。多分、浸透圧の関係だと考えられますが、アトピーに苦しむ方には快適なお風呂に一助となるはずです。

 色も匂いもないのは、なんか頼りないと感じられる方もおられるでしょう。しかし、本物の温泉には色も匂いもありません。あっても、イオウか酸化鉄の色です。さもなくば、様々な物質の色であって、本来、温泉の効能効果とは直接に関係しません。

マグマ温泉末

 温泉で大事なのは、イオン化した様々な物質であって、色・匂いはべつです。最近の若い人は、無色透明の温泉が好まれます。匂いは好まれません。

 そう言う意味では、案外、温泉の真髄を突いている認識かも知れません。ご自宅のお風呂に使用する場合は、イオウや不純物質を含みませんので、浴槽や風呂釜を傷める心配はありません。

イオウ

 その意味では、大変、安心です。

 『薬用浴剤』と銘打っているのは、薬用成分である医薬部外品である乾燥硫酸ナトリウムが添加されているからです。ですから、効能効果が謳われています。そして、用法用量が定められています。

効能効果

 この商品は、管理者が永年付き合いのある日本薬品開発(株)の製品です。もう、かれこれ20年以上も愛用しています。あんまり売れていないのと、本物の商品と確信していますので、ご案内することに致しました。

 もう一つ、あります。

 温熱は、もっとも手軽な『免疫賦活』作用です。これは間違いありません。寒い季節、基礎体温の低い現代世代の格好の対策です。

 特に癌を側面から予防する事に、温浴は有効だと云われています。体温の上昇は『免疫賦活』作用を高めるからです。『ガンは癌にあらず』でも、併用することを推奨されています。

ガンは癌にあらず

 『温泉末』は別府温泉の地獄の中でも最も広大であり、群を抜いている海地獄から、お湯を採集して噴霧乾燥して生成されたものです。

海地獄

 もちろん、海地獄のマリンブルーではありませんが、正真正銘の海地獄エキスです。

【広告宣伝】マグマ温泉末 

限定頒布60個(先着順) (※1月18日終了しました。)

マグマ温泉末
定価4,725円(税込み)→限定頒布価格3,500円(税込み)

<form method="post" action="http://tumuzikaze.net/pp/cart.php" style="display: inline;">

個数<input type="text" value="1" name="q_amount" style="font-size: 1.2em;" /><input border="0" align="top" type="image" alt="カートに入れる" name="submit" src="http://tumuzikaze.net/pp/img/cart_button2.gif" /><input type="hidden" value="カートに入れる" name="quickpaypal" /> <input type="hidden" value="マグマ温泉末" name="q_product" /> <input type="hidden" value="3500" name="q_price" />

</form>

ご購入金額5,000円以上は、送料無料

頒布商品は2個以上のご購入は出来ません。悪しからず!

 限定頒布が終了しましたら、通常販売に移ります。製品のご案内は、終わりではありませんので、ごゆっくりとご検討下さい。【宣伝広告終了】


 特別頒布は終了しましたが、通常頒布は、2011年1月24日より開始・継続致しております。3個以上のご注文は、特別頒布価格と同じか、有利です。


【広告宣伝追記2011年1月24日開始】

マグマ温泉末

通常販売

マグマ温泉末
定価4,725円(税込み)→頒布価格4,500円(税込み)

<form method="post" action="http://tumuzikaze.net/pp/cart.php" style="display: inline;">

個数<input type="text" value="1" name="q_amount" style="font-size: 1.2em;" /><input border="0" align="top" type="image" alt="カートに入れる" name="submit" src="http://tumuzikaze.net/pp/img/cart_button2.gif" /><input type="hidden" value="カートに入れる" name="quickpaypal" /> <input type="hidden" value="マグマ温泉末(通常頒布)" name="q_product" /> <input type="hidden" value="4500" name="q_price" />

</form>

ご購入金額5,000円以上は、送料無料

頒布商品は2個以上のご購入は出来ません。3個以上の場合は、3個セットが有利です



マグマ温泉末3個セット

マグマ温泉末3個セット(マグマ温泉末3個入り)

頒布価格10,500円(税込み)
1個あたりの単価
定価4,725円(税込み)→単価格3,500円(税込み)

<form method="post" action="http://tumuzikaze.net/pp/cart.php" style="display: inline;">

個数<input type="text" value="1" name="q_amount" style="font-size: 1.2em;" /><input border="0" align="top" type="image" alt="カートに入れる" name="submit" src="http://tumuzikaze.net/pp/img/cart_button2.gif" /><input type="hidden" value="カートに入れる" name="quickpaypal" /> <input type="hidden" value="マグマ温泉末3個セット" name="q_product" /> <input type="hidden" value="10500" name="q_price" />

</form>

送料無料

本セットは1セット以上のご購入は出来ません。2セット以上の場合は、5個セットが有利です



マグマ温泉末5個セット

マグマ温泉末5個セット(マグマ温泉末5個入り)

頒布価格15,000円(税込み)
1個あたりの単価
定価4,725円(税込み)→ 単価格3,000円(税込み)

<form method="post" action="http://tumuzikaze.net/pp/cart.php" style="display: inline;">

個数<input type="text" value="1" name="q_amount" style="font-size: 1.2em;" /><input border="0" align="top" type="image" alt="カートに入れる" name="submit" src="http://tumuzikaze.net/pp/img/cart_button2.gif" /><input type="hidden" value="カートに入れる" name="quickpaypal" /> <input type="hidden" value="マグマ温泉末5個セット" name="q_product" /> <input type="hidden" value="15000" name="q_price" />

</form>

送料無料

本セットは1セット以上のご購入は出来ません。2セット以上の場合は、ケース単位が有利です



マグマ温泉末ケースセット

マグマ温泉末ケースセット(マグマ温泉末12個入り)

頒布価格32,400円(税込み)
1個あたりの単価
定価4,725円(税込み)→ 単価格2,700円(税込み)

<form method="post" action="http://tumuzikaze.net/pp/cart.php" style="display: inline;">

個数<input type="text" value="1" name="q_amount" style="font-size: 1.2em;" /><input border="0" align="top" type="image" alt="カートに入れる" name="submit" src="http://tumuzikaze.net/pp/img/cart_button4.gif" /><input type="hidden" value="カートに入れる" name="quickpaypal" /> <input type="hidden" value="マグマ温泉末ケース(12個入り)" name="q_product" /> <input type="hidden" value="32400" name="q_price" />

</form>

送料無料(メーカより直送されます。)

ケース単位は、1ケース以上のご購入は出来ません。常時、ご使用の場合は、ご利用下さい。最もお安くご購入出来ます。
 

 通常販売は継続的に実施されます。ごゆっくりとご検討下さい。又、追加のご注文、お裾分けにもご活用下さい。【広告宣伝】



【メーカーサイトより】

マグマ温泉末

本物の温泉末を配合した無着色・無香料の入浴剤です

マグマ温泉末
内容量:400g 4,725円(税込)

マグマ温泉末は、別府にある海地獄天然温泉のお湯を急速噴霧乾燥した粉末が入っている無着色・無香料の入浴剤です。お肌が弱い方や匂いに過敏な方も 安心して使うことができます。ご家庭でゆっくりとくつろいだ温泉気分をお楽しみ下さい。からだを芯からあたため、一日の疲れをとり去ります。

本物の温泉水からつくられた入浴剤「マグマ温泉末」で別府の温泉情緒を満喫してみませんか。

用法・用量

家庭風呂(約150~200?)に本品12~18g(添付のスプーン軽く2杯)を溶かしてください。

効能

疲労回復、神経痛、冷え症、腰痛、リウマチ、うちみ、肩のこり、くじき、しっしん、しもやけ、痔、あせも、ひび、あかぎれ、荒れ性、にきび、産前産後の冷え症

成分

乾燥硫酸ナトリウム、別府市海地獄の温泉水の噴霧乾燥末、ポリリン酸ナトリウム
※印は「有効成分」 無表示は「その他の成分」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿久根市長選挙結果-戦いは第二ステージに-

2011-01-17 11:16:22 | 竹原信一元市長

竹原阿久根前市長は、惜敗した
残念だが、勘ではその懸念が注した・・・・・。
しかし、
これで攻守が逆転するだろう!!



 竹原信一前市長は、落胆していないだろう。それは市長であることは、一つの戦術に過ぎない。誰かさんとは違う。


Elc11011623110005p2

 次なる戦いは、市議選だ。


 予想ではあるが、仙波副市長(元巡査部長)も出馬するかも知れない。竹原前市長も市議選に出馬するだろう。公務員派と一般市民と戦いだ。これは始まったばかりであるし、その狼煙を上げたのは竹原信一だ。

Elc11011623110005p3


 その勢いに、恐れをなした市職員を初めとする公務員特権階級が、官公労に泣きついて組織選挙に打って出て辛くも今回は勝利した。不正選挙とは云わないが、ひとり竹原信一前市長に形振り構わず死闘を繰り広げた結果だ。


 ありとあらゆる手段を弄した。裁判、マスメディア、似非右翼、告発.....。まさに、阿久根は日本の縮図だ。これから第二ステージの刷新運動が展開するだろう。


 竹原信一氏は、ますます、面白がって意気軒昂になる。冤罪事件まで発展するかも知れない。


【転載開始】2011年01月17日

阿久根市長選挙結果を見ますと、マスコミでは反市長派が勝ったとしきりに報じていますが、その投票数をみますと、ほぼ拮抗していたことが分かります。

当選 8,509票 西平 良将氏
落選 7,645票 竹原 信一氏

東京で見ていますと、専制君主的な「横暴な」市長ですが、この【暴君】を支持をする市民がほぼ半数近くいたことになるのです。

敗北した元市長は、私利私欲で無茶をやったのではなく、御用組合化している地方議会は必要なのか、という事を訴えてきた訳であり、これは即ち、阿久根市だけの問題ではなく、日本全体の問題でもあるのです。

財政難でもあり本来なら地方議員は無給の名誉職でもよく、しかも議員数が多すぎるという実態があります。

人口が減少し、税金収入も減少している中、議員・地方公務員もそれにしたがって減少しても当然だという意識がこの阿久根市だけでなく、他の地方自治体にはありません。

敗れた市長は、変革を急ぎすぎたものですが、この変革を望まない住民が900人ほど多くいた為に敗北しただけなのです。

日本では内部改革は難しいのかも知れません【転載終了】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1月16日小沢一郎フジテレビ生出演!!-追加全掲載-

2011-01-17 10:24:31 | 小沢 一郎

小沢一郎の実像を
多く、見誤っている!!
『政局の小沢』ではなく、『政策の小沢』であろう。
虚像で小沢一郎を葬り去ることは、日本の損失だ・・・・・!



 これも評論を待つまでもない。視聴すれば分かる人には分かる。分からない人は、分かろうとしない理由がある。


 その理由はいろいろあろうが、最大のものは小沢潰しを指令された御仁だ。要するに、内ゲバを指令された人々がいる。民主党内にもいる。当然、日本人の中にもいる。


 彼らは、外部と戦うことをしないで、内部で争うことを持ってエージェンシー(代理人)を任じている。そうすると、最も優れた指導者を、政治家をターゲットにするの理解出来る。それが小沢一郎の『政治とカネ』の本質だ。『政治とカネ』の実態は虚像である。


《追加》
「絶対正義は勝つ。お天道様が見てる」by小沢一郎 (【新報道2001】より)2
http://www.youtube.com/watch?v=_c29WvL6DBU
</object>。
「絶対正義は勝つ。お天道様が見てる」by小沢一郎 (【新報道2001】より)3
http://www.youtube.com/watch?v=Se7FIPuXuxw
</object>。
「絶対正義は勝つ。お天道様が見てる」by小沢一郎 (【新報道2001】より)4
http://www.youtube.com/watch?v=m8S5ANdPcS0
</object>。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加