詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報や、各地に参加した会合のことなどについて、ときどき更新します。

私の短編コンクール全短評

2017年03月03日 | 詰将棋
 詰パラ3月号に結果稿が掲載されている短編コンクールですが、私が解答時に書いた短評の
うち、結果稿で掲載されなかった分を紹介します。

1.6手目の表記で誤解させる狙いか。
2.玉方に三桂の守りがあっても詰まぬことなし。
3.合駒の香を取らずに取らせるのがいい。
4.あっ、こっちも合駒に取られる手筋だった。
5.2手目13玉は変同と勘違いしそう。
6.ソウ玉をソウ使うとは。
7.15の金を取ってしまうと失敗。
8.2手目51玉の変化がいいけど56飛の配置が残念。
9.龍の各駅停車。
12.ク→ミ⇒9+3=12番ということか。
13.ずっと飛を捨てているような感じ。
14.さすがに角は残りましたか。
15.角の大阪環状線。初手は天満から打つのが正解。
16.忘れたころにやってくる二丁飛車。
17.捨駒は初手だけなのに、この手がやりにくい。
18.3手収束が意外と盲点。
19.2度の75馬捨ての間に龍が85へ。
20.徹頭徹尾両王手を狙う。
21.初手が分かれば後は玉を下段に落とせ。
22.角の回転ジャンプ。
23.ハバ、ナイスデー。
24.6手目の合駒は斜めに利く駒の希望限定かな。
25.角が離れていくような手が心理的に指しにくい。
26.2手目同飛の変化がいいですね。
27.持駒歩じゃなくて香なのになぜか感心。
28.意外と見えなかった収束3手。
29.絶対23銀不成迄と思ったのに。
30.ポツンと75香がヒント。
31.玉を56にやって、また46に戻すのがいい。
32.変化でも「金はトドメに使え」
33.さすが「奔龍」の作者。
34.銀合をすぐ取ると奉納。
35.金をどんどん打っていくのがやりにくい。
37.逃げる変化に少考。
38.暗算で解けた自分をほめてあげたい。
39.あれっ、中合を素直に取った。
40.9手詰に持駒5枚ですが、こんな楽しい手順ならば許します。
41.34金が狙いの一手ですね。
42.ちょっと手がつけにくかったけれど、つけると楽しい手順。
43.タ○リ俱楽部のようなきれいな尻金。
45.不成で桂が跳んでいくのが印象的。
46.それミタカと言わんばかりの大駒捨て。
47.4手目すぐ桂を取ってしまいそう。
48.二度の22金捨てが印象に残る。
49.逆王手にもあわてないあわてない。
50.最後の最後まで変化がややこしい。

 自分の短評を読んでいると、改めて解けたときの感動を思い出してきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰パラ3月号が到着 | トップ | 3月12日(日)の香龍会案内 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。