詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報や、各地に参加した会合のことなどについて、ときどき更新します。

駿棋会に行ってきました

2017年12月06日 | 詰将棋
 12月3日、駿棋会に行ってきました。
 青春18きっぷが使えない時期に駿棋会に行くのには、まず名古屋まで近鉄で向かい、そこから
券売機で豊橋までの往復割引切符を購入し、さらに豊橋駅の窓口で静岡方面へのフリー切符を
買うのが定番の流れになっています。しかし窓口で買わないといけない豊橋駅は窓口の数が少なく、
いつも並ばないといけません。しかもこの日は1ヶ月後である1月3日の切符を買う人で大混雑して
いました。結局切符は買えたものの予定していた列車に乗れなかったので、当初計画していた
東静岡駅前に新しくできたスーパー銭湯への入浴はあきらめ、そのまま会場に向かいました。
 会場での私は、ひとりで短コンの解図を行いながらときどき皆さんの会話に加わっていました。
 短コンは特に順番通りには解かず、解きやすそうな感じの作品から解いていきましたが、やはり
ここ最近解答から遠ざかっていたせいか変化が少し複雑になったり大駒が遠くから王手すると、
頭の中の盤面がぼやけてきます。それでも頑張って途中の列車内で少し解いた分も含めて20題
近く解きましたが、まだまだ先は長そうです。それにしても今回の短コンの順番はわかりやすい
ですね。(一瞬最初の1番を見て五十音順かと思ったのですが)さすがに真ん中である25番の
玉位置は5五ではありませんでした。
 ときどき会話に加わった内容としては静岡県在住や出身の詰キストの話題などがありましたが、
10名くらいお名前は挙がったでしょうか。ちなみに同じことを奈良県ですると、「闘鶏のあしあと」を
担当されていたY本さん、岐阜県出身の昔香龍会の常連で「鬼検討」と言われたS田さん、ちょっと
解きにくい作品を発表されていたF本さんがまず挙がります。それからいずれも故人で、詰パラ
入選700回以上のO田さんと、正解者なしの作品を発表されたT木さんくらいでしょうか。もちろん
他にもいらっしゃる…ことを期待しています。
 その他会場では先日の香龍会にお越しになった参加者Aさんと参加者A´さんとでプロパラの
問題を解いておられました。合間に競馬談義をされていましたが、さすがにこちらの話題には
ついていけません。初参加の小池さんや常連の横山さん、幹事の元水さんも面食らったのでは
ないでしょうか。
 そうこうしているうちに16時半前になり、新幹線を使わないで帰る私はお先に失礼しました。
 帰りの東静岡駅から久しぶりに富士山がきれいに見えたので撮ってきました。右側の写真で
右奥に映っている大きな建物が駿棋会会場のグランシップです。

 この富士山を初夢に見たいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰パラ12月号が到着と、2... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。