詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報や、各地に参加した会合のことなどについて、ときどき更新します。

とり研に行ってきました

2016年09月19日 | 詰将棋
 先週の土曜日、鳥取県米子市で開催されたとり研に行ってきました。
 7月の全国大会に参加していない人へ、ということで「中四国詰将棋作家一局集」をいただき
ました。内容は全国大会後の香龍会で見せてもらいましたが、まさか現物をいただけるとは思って
いませんでした。どうもありがとうございます。
 山路さんの玉方の駒を翻弄するという作品を解きましたが、翻弄する駒を合駒で出すまでに
まず一苦労しましたし、後の手順も見事にその駒が翻弄されていました。ところでいつぐらいから
「翻弄」という言葉が詰将棋用語?として一般的になったのか話題になりましたが、少なくともよく
使われるようになったのは中村さんの看寿賞作品あたりからかなあということになりました。
 山路さんからは別の作品も見せていただきましたがこれがまた素晴らしく、「今年中に発表されると
看寿賞連続受賞か」といった声が上がるほどの作品でした。
 上谷さんから「これは無駄合か」という作品を見せてもらいましたが、合駒されたときの手順が
本手順と異なるので、やはり有効合かなあという結論になりました。皆さんで修正案を考えましたが
変化手順との関係もありちょっと難しそうです。
 その後小林さんの作品を解こうとしたのですが、これがまた全然詰みません。さすが激辛の
作品を作るだけあります。ヒントを何回かもらいつつ解き進めましたが、どうしてこうもうまく手が
入るのでしょうか。皆さん感心することしきりでした。
 あまりに今までが濃い内容だったから短編でもということで梶下さんが作品を並べられたのですが、
こちらもなかなか詰みません。筋は見えるものの手順の組み合わせが複雑で、解けたと思っても
本当に正解か何度も確認してしまいました。そろそろお開きとなってもまだ解けていない某さんは
その後解けたのでしょうか。
 それでは、私のブログ恒例の記念写真です。

前列左から小林、山路、梶下、後列左から山田、上谷、柳原、真島、石黒、小池の各氏です。
 山路さんから冬の帰省している間にまた香龍会に参加したいということで、1月の香龍会は8日
(日)の予定で行うことになりました。丁度3連休の真ん中なので遠方からのご参加もお待ちして
います。
 最後にお菓子が大量に残ったということで、私もつかみどりでお菓子をいただきました。次回は
もっと大きなカバンで来ますね。
 二次会も参加したかったのですが、翌日所用のため高速バスで帰りました。心地よい疲れで
大阪までの3時間半ほとんどの間ZZZ状態でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次回彩棋会の日程 | トップ | 詰パラ10月号が到着と高津... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山路)
2016-09-19 11:48:01
先日は遠いところからお越しいただきありがとうございました。1月香龍会には新作を持ってぜひ参加したいと思っております。
山路様へ (岩本)
2016-09-19 15:06:16
こちらこそ当日は楽しいひとときを過ごすことができました。1月の香龍会へのご参加心よりお待ちしています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。