詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報や、各地に参加した会合のことなどについて、ときどき更新します。

詰備会に行ってきました

2017年11月07日 | 詰将棋
 先週土曜日の4日、詰備会に行ってきました。

 なぜか詰備会というと雨というイメージがあり、今回も会場に着く直前、通り雨が降りました。折り
たたみ傘を持っていったので濡れませんでしたが、どなたか詰備会メンバーに雨男でもいらっしゃる
のでしょうか。
 部屋に入ってしばらくすると、作品展出題予定作の図面が回ってきました。ココだけの話、3作は
全国大会の握り詰用に作られた作品みたいですが、選に漏れたり、作者曰く少し気になる点があると
いう作品とのことです。そしてもう1作は平井さん恒例の平成30年にちなんだ年賀詰でした。改めて
皆さんで解いていったのですが、全作好作揃いで、選に漏れたのも意外ですし、少し気になる点も
私には気になりませんでした。
 しばらくしたら堀内さんがお越しになり、ご自身のブログ用に作品はありませんかと皆さんに尋ね
られておられました。私なんか逆さに振っても何も出ませんが、隣のシマでは皆さん合作により即興で
創作されたみたいで、さすがです。
 その後詰パラの中学校から高校を解いたりしていたら、山路さんから大作を見せてもらいました。
利波さんを中心にヒントを貰いつつ駒を進めましたが、詰上げて「これは看寿賞確実でしょう」と
おっしゃるくらいの出来栄えです。作者の山路さん曰く発表する際2案あり、どちらがいいのか皆さんの
意見を聞いておられましたが、こんなことを尋ねることができるのも会合の良さのひとつですね。
 それでは、数人が交代で皆さんの記念写真を撮りましたが、私もパチリ。

 前列左から山路、平井、小林、吉松、赤畠、堀内、後列左から上谷、片山、川崎、中村、利波、竹村の
各氏です。
 二次会はいつもの店の予約が取れなかったということで、別の中華料理屋さんに。そこでお腹いっぱいに
なるくらいご馳走になりました。
 私は当日岡山泊ということで、さらに宿泊組と新幹線帰宅組とで三次会へ。そこでも楽しく歓談しました。

 翌日私は片上鉄道の動態保存展示運転に行ってきました。片上鉄道は二十数年前に廃止になったので、
その時以来の再会です。

 個人的にはタブレット閉塞を復活されていたのが印象に残りました。閉塞機から聞こえるチンチンボンボンと
いう音が懐かしかったです。
 行く途中にこんなバス停がありました。もっとも本数は名前ほどではありませんが。

 以上、後半は鉄道・バスマニア的な話題ですみません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰パラ11月号が到着 | トップ | 彩棋会に行ってきました »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。