詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報や、各地に参加した会合のことなどについて、ときどき更新します。

詰とうほくに行ってきました

2017年01月22日 | 詰将棋
 昨日、詰とうほくに行ってきました。
 仙台には前日から来ることが多いのですが、今回も前日に来て、雪景色の秋保大滝や、最近
名物になりつつあるおはぎを食べたりしました。

当日の午前中は定義に行き、揚げたての油揚げをいただきました。

この油揚げを食べに来たのも過去何回かありますが、やっぱり揚げたては格別の味です。
 定義は山の近くですから、茶色の郵便ポストにも、五重塔にも雪が積もっていました。

以上、簡単な仙台観光情報でした。
 さて本題に戻って今回の詰とうほくですが、短大担当の石黒さんが初めて参加されました。東北
地方にお越しになること自体初めてとのことです。続いてお越しになった小池さんも香龍会とたま研
にと、ほぼ毎週お会いしています。翌週詰工房もありますが、さすがの私もこちらはお休みします。
 市島さんから短コンの結果をお聞きしましたが、意外なドラマがありその結果に驚きです。現在
結果稿を執筆中とのことで、3月号を楽しみにしたいと思います。
 加藤さんから香龍会に引き続き、年賀詰鑑賞会が行われました、香龍会でも思いましたが、毎年
多彩な年賀詰のアイデアに驚きです。そして早くも来年の年賀詰の話になったのですが、来年は
戌年ということで、市島さんと私が当たり年になります。しかし「犬」の作品も過去いろいろとあった
ので、来年はどんなアイデアにしようか、今から頭を悩ませています。
 その後利波さんが持ってこられた先日のたま研課題作を市島さんに紹介しているのを横で見て
いました。私も改めて考えてみたのですが、微妙な変化紛れで作意が成立しており、さすがたま研の
作品は会合出展作で一番難しいと言われるだけあります。
 では、実をいうと忘れそうになっていた恒例の記念写真です。

左から利波、小池、加藤、石黒、佐原、市島、尾形、浦壁の各氏です。
 二次会は牛タンや締サバなど、いろいろな地の肴に楽しいひとときを過ごしました。翌日仕事上
自宅待機により飛行機で帰る私のために少し早い目にお茶漬けを注文したのですが、こちらも余裕で
「ごちそうさまでした。」
 さて、19時前に皆さんと別れ、珍しく飛行機も順調に飛び、自宅には日付が変わるまでに帰る
ことが出来ました。
 次回は4月22日(土)開催予定とのことです。もし職場の異動がなければ当日仕事の予定なの
ですが、果たしてどうなるでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たま研に行ってきました | トップ | 次回彩棋会の日程 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。