詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報や、各地に参加した会合のことなどについて、ときどき更新します。

詰工房に行ってきました

2017年10月31日 | 詰将棋
 詰とうほくの後は福島駅前に宿泊し、翌日は詰工房に参加するために普通列車で東京に向かい
ました。途中の黒磯駅では電気設備の切り替えが行われたものの、1番線から発車する電車の
瞬電は残っていました。(マニア的な話題ですみません)
 当日は丁度夕方から夜にかけて台風が東海地方から関東地方に接近してくるということなので、
当初の予定では久しぶりに二次会まで少し付き合うつもりでしたが、早めに切り上げて帰ることに
しました。
 会場では柳田さんが『完全版看寿賞作品集』を持参されて行商?されていました。それにしても
豪雨の中900グラム以上ある本を複数持参されたのには本当に頭が下がります。
 今村さんが将棋会館で購入されたという詰パラ11月号を持参されました。早速お借りしたのですが、
とりあえず次の駿棋会の日程を確認したのは私だけでしょうか。(12月3日とのこと)
 そうこうしているうちに14時半になり、田中さんから春霞賞候補作の資料だけいただいてお先に
失礼しました。
 私の乗った新幹線は途中大雨のため徐行もありましたが、数分程度の遅れで京都駅に着き、
その後は予定通り奈良まで帰ることができました。帰ってから調べると新幹線も当日私が乗った後
運転見合わせなどがあったみたいで、早く帰って正解でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰とうほくに行ってきました | トップ | 詰パラ11月号が到着 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。