1.17

 また、「1.17」がやってきた。

 米国人の誰もが、「9.11」という心の傷を抱えているのなら、われわれにも「1.17」という爪あとが、しっかりマーキングされている。もはやそれは日付というよりも、ひとつの記号と呼べるものだ。あの未曾有の大災害の傷跡を残した「1.17」が、またやってきた。


 しかし、私にとって「1.17」は、子供の頃からずっと変わらぬ特別な記号なんです。



 ハッピー・バースデー・トゥ・ミー



 何もいまさら誕生日が待ち遠しいという訳もないが、それでも一年に一度だけ訪れる、私にとってのスペシャルデー。それがあの日を境に、精霊宿る厳かな弔いのメモリアルデーに変わってしまった。実は、その4年前の同じ「1.17」、多国籍軍がイラク空爆を開始した、いわゆる「湾岸戦争」が勃発した日でもあるのだ。
 あの時もそうだった。夜通しテレビの前で、火柱とともに無情についえてゆく命を、私はただただ呆然と見送るだけだった。

 だから私は、「マイ・バースディ」が訪れても、浮かれることは一生あるまい。でも、そのことを惜しんだり恨んだりする気もない。いや、むしろ消し去ることのできない悲しみなら、あえてこの日に重ねてくれたことを感謝したい気持ちだ。一生涯、年に一度の「マイ・バースデイ」の訪れに、命のリビドー(欲求)とパッション(熱情)が織り成す無常を、深くかみしめられるのだから。そんなバースディもなかなか良いではないか。




 「人を救うのは、人しかいない。」





 当時、繰り返しテレビで放映された公共広告機構の広告だ。中でも「井戸水」編は、いまでも脳裏に焼きついている。
まだ所々から煙が立ちのぼる中、水が出る自宅の水道を開放しながらも、生では飲めないことを訴える張り紙と地域住民の声を収めた15秒ほどのモノトーンのCMだった。そして、最後に見るものの琴線を激しく揺さぶったコピーが、あのフレーズだった。当時、自らも被災者だった関西のクリエーター集団が、阪神復興のために、わずか2日間で制作したのだという。

 あれから12年。

 「人を殺めるのも、人しかいない。」

 今ではそんなアンサー・コピーが返ってきそうだ。


 『人と人がつながるためには、カッコつけていてはダメ。心を開かないと本当のつながりはできない。』


 「井戸水」編を世に送り出したCMプランナーの石井達也氏の言葉だ。あの日、あの時、瓦礫の狭間で生き延びた人たちは、失意の中で確かにつながっていたんだと思う。

 ささやかな黙祷を捧げよう。
コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )


« 虎字典 オッサンは荒... »


 
コメント
 
 
 
うそんっ! (KEN)
2007-01-16 23:27:59
☆ま☆じ☆で☆っ☆!☆

僕もなんですけど、、、、、33回目の。

阪神淡路大震災、
サンフランシスコ大震災、
湾岸戦争勃発、

苦い思い出が一杯の1・17。

僕といわほーさんにとっては、
毎年変わらない「ハッピー・バースデー」だったんですね。

 
 
 
なんと12年ですか (torao)
2007-01-16 23:56:18
本当に年月がたつのははやいですね。
いろいろ考えながら祈りをささげます。
そして、お誕生日おめでとうございます。
 
 
 
トゥーユー (りさ・ふぇるなんです)
2007-01-17 00:03:36
こらお祝いやねえ(^^)

しかし、お互いえらい日に生まれたもんですなあ。
忘れなくていいけど・・・。

>湾岸戦争
あの時息子がお腹にいたんですわ。
目茶目茶胎教に悪い毎日でした。。
そしてフセインさんが亡くなって、そして。。。
 
 
 
1月17日ですか・・・。 (yu)
2007-01-17 00:20:52
毎年この日がやってくる度に、あの悲惨さと共に人間のすばらしさを後世に伝えないといけないと思ってます。
私は阪神でも北の方なのでそんなに被害は大きくなかったのですが、職場のボランティアチームで西宮に入りました。家が全壊した人などが入っている体育館なんですがなぜか、そこにいる人たちにかえって勇気づけられる始末で自分が情けなかったです。
神戸の惨状を伝えるNHKの男性アナウンサーが泣きながらアナウンスしていたのが忘れられません。・・・なんて止まらなくなるのでこの辺で。

( ^-^)∠※.。Happy Birthday to Iwaho&Ken!
・:*:・°`☆
 
 
 
おめでとうございます (kaleido)
2007-01-17 01:09:19
面識のある虎ブロガー様で同じ誕生日の人が2人もいるとは。
あの震災から12年も経ちましたが、直接的に大きな被害に遭ってない私は当時の恐怖などは徐々に薄れつつあります。
地震から逃れられない国に住んでるにもかかわらず、防災意識がまだまだ低い日本人。
一年に一度、こうやって振り返って見直す日があるだけ、関西の人はそういう機会があるはずなんですがね・・・。
 
 
 
優と柔 (wan)
2007-01-17 01:28:55
お祝いの言葉を言うときって優しい気持ちになりますよね。

この日に柔らかい気にさせてくれてありがとうございます。
いわほー先生の生誕日で良かった!

はっぴぃばぁすでぃとぅゆぅ♪
 
 
 
おめでとうございます (kisaragi-earth)
2007-01-17 01:47:26
あれから12年……今の中学生には震災の記憶がないのかと思うと、歳月の過ぎる早さを感じます。

どれだけ世の中が荒んでも、人間は根底の根底で
優しく、あたたかく、たくましい。
あの時そう感じた思いが、揺らいでしまいそうになる今日この頃。
いじめ、殺人、自殺……。
12年前のあの日に、つれていってあげたい。
そう思うことがよくあります。

なんて悲しいお話をしがちになってしまう本日。
笑顔になれる出来事があるのは、とても嬉しいです。

いわほーさん、お誕生日おめでとうございます
素敵な一日となりますように☆
 
 
 
おめでとうございます。 (喜八)
2007-01-17 01:55:25
ミック・テイラー、坂本龍一、平井堅…。
アーチスト揃いの1月17日生まれ。
このへんに、いわほーさんの名文家たる所以が現れているのではないかと思います。
 
 
 
それはそれは (gavi)
2007-01-17 01:58:16
お誕生日おめでとうございます!
おいくつに?(笑)

震災はもう二度と体験したくない思い出、
深く傷を負われた方も多くいらっしゃいますが、
もう起きてしまった事ですから、
我々はこの経験を無駄にせず、
残りの人生を過ごさねばなりませんね。
(と、自分に言い聞かせる!)

では今夜は、いわほーさんの誕生日を祝って、
ケーキを買って帰って食べておきますね♪
 
 
 
はぴばすで。 (tacoco)
2007-01-17 11:05:02
朝から、様々なメディアで震災メモリアル関連の記事を目にしていましたが、こちらの記事が最も心に響きました。
「水、水持っていきや~、せやけど、飲んだらあかんで。ぽんぽん痛なるからな。」
でしたっけ。
哀しい記憶と共に今でも耳に残っています。
あれから干支が一回り。
あの年、「頑張ろうKOBE」を合言葉に優勝したオリックスも今では・・・・。
まさに隔世の感ありです。
毎年この日は、哀悼の合掌と共に、いわほーさんご生誕を寿ぎますね。
おめでとうございます!
 
 
 
1月17日 (ちび)
2007-01-17 12:53:01
改めて、生かされている事に感謝。
そう感じた朝でした。

心から、お誕生日おめでとうございます☆

 
 
 
生日祝賀 (でんまん)
2007-01-17 13:26:41
先輩、お互いおめでとうってゆわれて、こちょばい年になりましたな~w
とはゆえお誕生日おめれとうごらいます。
ますますお盛んなようで、嬉しい限りですw
これからも頑張って下さい。ウヒヒ

H・いわほー氏へかわゆい後輩でんまんより 笑
 
 
 
うっそ!! (敬華)
2007-01-17 20:35:11
いわほーさん、、私も誕生日一緒です・・・^^;
突然ですが驚いたのでコメントさせていただきました。

実は阪神大震災の1年前にロスでも大地震起きてるんですよね。
誕生日だからよく覚えてます。
 
 
 
おめでとうございます! (ケリー)
2007-01-17 21:25:34
突然お邪魔します。ブログデビューでkikiさんと知り合いました。

私は坂本竜馬で有名な高知県のものです。
1月17日は忘れもしない阪神大震災。

主人の転勤で大阪の吹田市山田南に住んでいました。
当時、3歳の息子と1歳半娘、ほとんど記憶は無いです。

高知の田舎では考えられないほど、その後の生活は大変でした。

マンションの地下水が破裂!子供のミルク用の水!
「どうしよう・・・」寒い中配給の水をもらうために
長蛇の列に並ぶ、今の生活では考えられない不自由さ

相手が自然だからしょうがないと言われても遣る瀬無い気持ちです。

でも我が家は皆無事だったので感謝しています。
折角の誕生日にこんな事お話してすみません。

今年も良い事がでありますように


 
 
 
おたおめコメありがとう (いわほー)
2007-01-17 22:02:49
お祝いの振込先は、追ってご連絡いたしますね。
ATMの操作に不慣れな方も大丈夫。ATMの前からお電話いただければ、振込み方法を手取り足取り、ご指南いたします。(毒)

⇒KENさん
☆ま☆じ☆で☆す☆か☆???
そうそう、サンフランシスコ大震災もありましたね。
もしかして私達、人類滅亡を企てる悪の帝国から送り込まれた・・・。w

⇒toraoさん
ようこそ、おこしやす。もう12年ですわ。
あの年、オリックスとタイガースがともに優勝して、神戸復興祈願の日本シリーズを願ったのですが。今となっては、オリとタイガースの立場が逆転しちゃいましたね。

⇒りささん
湾岸戦争。ゲームさながらの映像に釘付けになりました。おもえばハイテク戦争の幕開けでした。あの時もフセインさんも今となっては。

⇒yuさん
泣きながらアナウンスしたNHKの男性アナウンサーは、プロとしては失格ですね。でも、ひとりの人間としては好きですよ。あの時、被災地に乗り込んで、救済活動された人たちを前にすると、目をあわすことができなくなる私です。orz

⇒kaleidoさん
私も直接的な被害は皆無でした。被害のほとんどは心理的なものです。だから、なかなか癒えないんですわ。

⇒wanちゃん
ありがとうです。ただ、「いわほー先生」は止めてケレ。w

⇒kisaragi-earthさん
聞くところ、神戸市民の三割が震災未経験者なのだとか。悲痛な思いを体験せずにすむのなら、それに越したことはありませんね。ただ、知っておくことは重要だと思います。
「心を開かないと本当のつながりはできない・・・」
あんな状況にでもならない限り、皆、心を開くことができないんだとしたら悲しいですね。

 
 
 
余談ですが・・・ (いわほー)
2007-01-17 23:01:01
「公共広告機構」ってローマ字入力すると、右手だけで打てるんですね。

⇒喜八さん
キタ━━━━━━( ゜д゜)━━━━━!!!!!
ようこそ、こんなところまで。

>ミック・テイラー、坂本龍一、平井堅…。

あと山口百恵ちゃんもです。w


⇒gaviさん
>おいくつに?(笑)

え?老い苦痛に?失礼ななあー(笑)

>ケーキを買って帰って食べておきますね♪

でんまんさんの大好きな不二家の「いちごショート」にしてくださいね。


⇒tacocoさん
>こちらの記事が最も心に響きました。

tacocoさんにそう言って頂くと、とても励みになります。

>「水、水持っていきや~、せやけど、飲んだらあかんで・・・

そんな風でしたね。実は何種類かのCMの中で、「瀬戸内寂聴編」「森毅編」以外は関西地区のみの放映だったそうですよ。


⇒ちびさん
>心から、お誕生日おめでとうございます☆

ありがとうございます。とてもうれしいです。
お礼といっては何ですが、ちびさんだけスペっシャルな御振込み口座をご用意いたしましょう(笑)。


⇒でんまん後輩
>ますますお盛んなようで、嬉しい限りですw
>これからも頑張って下さい。ウヒヒ

ウヒヒ笑いは止めてくれるかウヒヒ笑いは。w


⇒敬華さん
ええ!?敬華さんもですか。
こうなりゃあKENさんと三人でNPO法人でも作りますか。
「1.17愛は地球を救う!」とかなんとか(笑)。


⇒ケリーさん
はじめまして。
そうですか。大阪にいらっしゃる時に地震に遭いましたか。
聞くところ、地震で揺れている時間はわずか20秒ほどだったそうです。つまり、死傷者のほとんどは、その後に起きた建物崩壊、二次火災で犠牲になったといえるわけです。防災がきちんと機能しておれば、かなりの命が助かったんだと思うと、「人災」だったとも言えるわけです。いや、人災だと受け止めていくことが、未来に備える第一歩だと思います。

 
 
 
はぴばーすでー☆ ()
2007-01-17 23:01:06
ウチの知り合いにも今日が誕生日の人がいます。その人は「震災のおかげで何があっても自分の誕生日を忘れることがなくなった」と言ってました。

大切な一日にしてくださいね♪(もう一日終わっちゃうけど)

 
 
 
はじめまして。 (かなやん)
2007-01-17 23:42:14
Dr.KENさんのところからお邪魔させて頂きました。
よろしくお願いします。

1/17がくるたびに私も震災の恐怖を思い出します。
しばらくは自分の部屋で1人で寝ることができないぐらいでした。
私は京都在住なので被害は少なかったのですが(それでも震度5)、当時通っていた大学が西宮で学舎が全壊してしまい、4ヶ月授業ができなかったんです。
もし授業中に震災が起きていたら・・・と思うと怖いです。
生きているだけで感謝

もうすぐ日付は変わりますが、お誕生日の皆様、おめでとうございます
 
 
 
そう・・・ (yu)
2007-01-18 00:46:41
あの時も話題になったんです。
古屋和雄さんというベテランのアナウンサーでね。

プロとしては失格。
でもあのアナウンサーの胸に詰まるものを押さえ切れない気持ちが視聴者に深く伝わったのです。
それで、その後共感の投書がたくさん来たそうなんですよ。

いわほーさんが書かれてるような「井戸水編」のような話でした。私もその時はなぜか泣けて仕方ありませんでした。
ああ、こういう話はマジになってしまう(苦笑)
 
 
 
やっぱり今年も (いわほー)
2007-01-18 08:25:56
厳かで気持ちの一日でした。

⇒華ちゃん
ありがとうございます。
東京でも頑張りや!

⇒かなやんさん
はじめまして。よろしくお願いします。
西宮もかなり被害がでましたね。
地震発生の時間(午前5時46分)が、日中のまっただかなだったとしたら、どれだけ被害が広がっていたのか?と思うと、ぞっとします。

⇒yuさん
まあ、あの場面で沈着冷静に実況できる人がいたら、むしろそっちのほうが異常なのかも。
一年に一度、“マジ”になる日があっても良いですね。

 
 
 
温もり… (マッチョ)
2007-01-18 12:50:03
初めまして、マッチョと申します。tacoco姉さんに御紹介してもらい拝見させて頂きました。  素晴らしき内容故に感動致しました。

阪神大震災…  決して風化させてはいけないと思いつつ私は正直な所、12年前のあの惨劇をもう思い出したくはありませんっ! NHKのアナウンサーは覚えています。難しい事は私にはよくわかりませんが…悲しい時、辛い時って自然に涙が零れ落ちるものですよね。 それでいいじゃない。だって彼は生きているんですから。決して言葉だけで伝え表わされないものってありますよね!彼は立派な報道マンだと私は思います。 当時、携帯電話がまだまだ普及していなかった為、公衆電話ボックスの前には長蛇の列が並んだ。電話した人が次の人に《はい、この10円を使って下さい…》って手渡した。そして次の人へ…又、次の人へと。寒空の被災地、震えながら次から次へと渡った10円はやがてその人達の手の温もりで温かくなって行った…

私はね、その10円の温もり以上にその人達の心の繋がりこそが暖かくなって行ったんだと考えます。  決して諦めない…    私は生きているんですから…
 
 
 
⇒マッチョさん (いわほー)
2007-01-19 08:59:16
はじめまして。お褒めに預かり光栄です。
私もそのNHKのアナウンサーをダメ出しするつもりはありません。むしろ、あの状況下では自然な感情の発露であり、親近感を感じます。
「思い出したくない」というという部分と、「語り継いでいかなくては」という部分を、どう折り合いをつけていくか。生きながらえた被災者たちのの命題ですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。