TULIP DIARY

日々の気楽なひとりごと

万博のこと

2017年02月24日 | ひとりごと
ドラマべっぴんさんを見ていますが、今週は昭和45年の万博当時の年代のストーリーになっています。ドラマの中で当時の万博の映像が映し出されていて当時のことを思い出しました。あの時代に小学4年生だった私に万博が与えた影響は今考えたらやっぱり大きかったなあと思います。万博でそれまで見たことがなかった大勢の人々や外国の人々を見たことや多くのパビリオンを見学して未来はすごいなあと本当に思ったことは今でも覚えています。万博の時代は日本が勢いがあったなあと思いました。日本はこれからどんどんよくなって行くんだろうなあと子供ながらに期待していたような気がします。今の時代は子どものころに思ったような日本ではなかったので、子どものころに感じた期待は夢の世界でしたが夢が見れただけでもよかったかなあと思います。2025年にまた大阪に万博を誘致しようという動きがありますが、もし、大阪の万博が実現すれば、時代が変わっても、子どもたちや多くの人々に未来の夢や希望が与えられるものになればいいですね。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴れた日は図書館にいこう | トップ | プレムアムフライデー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ひとりごと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。