越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

ヒバリ(雲雀)

2017-06-15 09:44:36 | 野鳥
【ヒバリ(雲雀)】
野鳥  : スズメ目 ヒバリ科 ヒバリ属
生活型 : 留鳥または漂鳥
生息地 : 農耕地、草地など
時期  : 一年中(寒地では3~10月)
全長  : 17cm


その上空に天高く舞うヒバリの声、いくら空を探しても、「声はすれども姿は見えず」、眩しかったり首が痛くなって探すのを諦めた人も多いでしょう。
見つけられたとしても、空中で羽ばたく姿をぽつんと確認できる程度です。
全長17センチほどで全体が黄褐色で、頭、背、翼の上面には淡褐色の羽縁と黒褐色の斑があります。
中雨覆と小雨覆が赤褐色で、頭には短い冠羽があり、立てたりしまったりします。
後指の爪が特に長い。胸には縦斑があり、腹部にはありません。
腹部の脇には黄褐色部分がある。尾の両側は白色です。

◎2017年5月8日 石川県にて 写真3枚 追加しました









◎2014年3月29日 石川県にて 写真4枚 追加しました
さえずり










◎2013年3月6日 富山県にて 写真3枚追加しました
今年の初鳴きを聞きました








◎2011年4月21日 富山県にて 写真5枚








ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キセキレイ(黄鶺鴒) | トップ | アオジ(青鵐) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (kokemomo)
2011-04-25 21:58:14
ひばりは巣から離れたところに舞い降りますが、飛び立つときは巣の場所から飛び立つのでそこを見つければいい・・なんて聞きましたがホントでしょうかね?
kokemomoさんへ (チューリップ)
2011-04-26 23:48:04
こんばんは!
天高くさえずるヒバリは縄張りの表現と聞いています。そして人や獣が近づくと気をそらすために巣や子供から離れたところに下りるという話は聞いた事があります。
飛び立つ時は分りませんが・・・勉強になりました。今度注意してみてみます。
コメント有難うございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む