越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

ヤマトシジミ(大和小灰)

2017-06-17 06:03:19 | 蝶・蛾・トンボ
【ヤマトシジミ(大和小灰)】
昆虫  : チョウ目 シジミ科
大きさ : (前翅長)9~16mm
時期  : 3~11月
名前の由来 : 羽を閉じている時の様子がシジミ貝の内側に似ているために命名されたシジミチョウの一種で、日本(ヤマト)に広く分布していることから名付けられました。


早春から晩秋まで、草地や人家周辺で普通に見られる、小型のシジミチョウです。
翅の表面はやや光沢のある水色で、裏面には灰色地に黒い斑紋が散りばめられている。
メスは黒っぽいものが見られます。
幼虫の食草であるカタバミの周辺を、地面すれすれにチラチラ飛んでいることが多い。
カタバミはコンクリートの裂け目にも生える強い植物だが、このチョウもカタバミさえあれば、都会の真ん中ででも発生している。

◎2017年6月9日 富山県にて 写真4枚 追加しました










◎2016年10月1日 富山県にて 写真6枚










メスは黒っぽいものが見られます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨツメトビケラ | トップ | ヒメウラナミジャノメ(姫裏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む