越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

ウラナミシジミ(裏波小灰)

2016-10-14 13:09:21 | 出合った生き物たち
【ウラナミシジミ(裏波小灰)】
昆虫  : チョウ目 シジミ科
大きさ : (前翅長)13~18mm
時期  : 7~11月
名前の由来 : 羽を閉じている時の様子がシジミ貝の内側に似ているために命名されたシジミチョウの一種で、羽の裏(ウラ)側にさざ波(ナミ)模様があるので、この名が付きました。


翅の裏面に、茶色と白色の細かい波模様のあるシジミチョウ。
翅の表面は弱い光沢のある薄青色。
草地や畑の上を活発に飛び、いろいろな花で吸蜜する。
南方系のチョウで、夏から秋にかけて分布をどんどん北に広げるため、関西周辺では秋に見る機会が多くなり、都会の公園で見かけることもある。
しかし、暖地を除いては越冬することができず、冬の訪れとともに死に絶えてしまう。
翅の裏側は、白と褐色のさざ波模様があり、後翅隅に2つの黒斑と橙色の部分が見られます。
表側は、青紫色ですが、メスではまわりの黒縁取りが大きくなります。
幼虫は、ソラマメ、エンドウ、ハギ類など、マメ科植物の花や若い果実を食べる。


◎2016年10月12日 石川県にて 写真3枚




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノビタキ(野鶲) | トップ | オオヒシクイ(大菱喰) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む