越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

スナビキソウ(砂引草)

2017-05-17 10:24:45 | 山野草(白花)
【スナビキソウ(砂引草) 】
野草  : ムラサキ科 スナビキソウ属
花期  : 5月~8月
高さ  : 30~50cm
名の由来: 砂地で地下茎を伸ばすことによる


北海道〜九州の海岸の砂地にはえるムラサキ科の多年草で全体に灰色の軟毛があります。
茎は直立し,高さ30~50cm、へら形で長さ5〜10cmのやや多肉の葉をつけます。
花穂は5〜8月,茎頂付近について分枝し,花は密につき,白色で径約8mm。
茎頂に白色で芯(しん)が黄色く、香りのある5弁花を密集して開きます。
海岸の砂地に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、シベリア、ヨーロッパに分布すします。
スナビキソウは、アサギマダラの食草の一つです。


◎2017年5月8日 石川県にて 写真4枚








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カケス(橿鳥、懸巣) | トップ | バン(鷭) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む