越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

クロヒカゲ(黒日陰)

2017-07-13 09:42:15 | 蝶・蛾・トンボ
【クロヒカゲ(黒日陰)】
昆虫  : チョウ目 タテハチョウ科 ジャノメチョウ亜科
大きさ : (前翅長)25-34mm
時期  : 5月~9月
分布  : 本州・四国・九州
名の由来: 太陽光を避けて曇天や夕刻によく飛びまわるヒカゲチョウの中で、黒っぽい色をしているので命名されました

春から初秋まで、平地から亜高山帯などで広く見られるジャノメチョウの仲間です。
翅の裏側は黒褐色の地色に白線と大小の蛇の目模様が見られます。表側は黒褐色の地色に小さな蛇の目模様があります。
俊敏に飛ぶので、なかなかカメラには収まってくれません。
幼虫の食草は、タケ、ササ類、ススキなど。
クロヒカゲの黒条は2本、ヒカゲチョウ(右)は1本。黒条はクロヒカゲは外側にカーブする。

◎2017年6月1日 富山県にて 写真2枚 追加しました





◎2017年5月23日 富山県にて 写真3枚




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トラフシジミ(虎斑小灰) | トップ | ゼフィルス(アイノミドリ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む