越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

ウラギンヒョウモン(裏銀豹紋)

2017-07-30 05:08:45 | 蝶・蛾・トンボ
【ウラギンヒョウモン(裏銀豹紋)】
昆虫  : チョウ目 タテハチョウ科
大きさ : (前翅長)27~36mm
時期  : 6月、9~10月
名前の由来 : 羽の裏側に、銀色に見える斑模様を持つ、豹紋蝶という意味で名付けられました。


本州以西では主に山地、北海道では平地でも見られるタテハチョウの一種です。
後翅の裏面には白紋が多く、他のヒョウモン類にくらべて白っぽく見える。

草原上を活発に飛び回り、アザミなどの花でよく吸蜜する。
6月~7月頃あらわれますが、低地では真夏には一時夏眠し、9月頃再び活動します。
幼虫の食草はスミレ類。
翅の裏側は、緑がかった褐色の地に白銀の斑模様が見られますが、後翅亜外縁には褐色の紋が並んでいます。
翅の表側は、褐色の地に黒斑(彪紋)が見られます。

◎2017年7月22日 滋賀県にて 写真3枚 追加しました






◎2017年7月3日 富山県にて 写真6枚 追加しました














◎2016年10月1日 富山県にて 写真7枚














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ①日本最大級の梅花藻生殖地・... | トップ | バイカモ(梅花藻) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む