越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

スケバハゴロモ(透翅羽衣)

2017-08-09 06:54:46 | 蝶・蛾・トンボ
【スケバハゴロモ(透翅羽衣)】
昆虫  : カメムシ目 ヨコバイ亜目 ハゴロモ科
大きさ : (翅端まで)9~10mm
時期  : 7~9月
分布  : 本州・四国・九州

翅の透明部分が広さが特徴的なハゴロモである。
黒褐色帯で縁どられた透明の翅を持つハゴロモの仲間。
雑木林の周辺で見られ、ウツギ、キイチゴ、クワ、ブドウなどの汁を吸う。灯火にもやって来る。
前翅,後翅全体は透明で、翅脈は闇褐色し、前翅周囲の縁は巾広めで黒く褐色してい ます。
スケバハゴロモ幼虫:体は成虫に似た翅のないセミの姿で、腹部先にロウ物質で 出来たフサを付けています。
移動する時は、これを広げて落下する様に移動します。



◎2017年8月7日 富山県にて 写真3枚




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スミナガシの動画 | トップ | オオミドリシジミ(大緑小灰) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む