越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

ヒメキマダラセセリ(姫黄斑挵)

2017-07-17 06:33:03 | 蝶・蛾・トンボ
【ヒメキマダラセセリ(姫黄斑挵)】
昆虫  : チョウ目 セセリチョウ科 セセリチョウ亜科 
分布  : 本州・四国・九州
時期  : 5~6月、8~9月
前翅長 : 12~17mm


赤みがかった黄色の小型のセセリチョウ。
コキマダラセセリに近縁で、濃褐色の地色に乗る斑紋は黄色っぽい橙色。
雄は特に鮮やかになり、前翅表中央に橙色の斑紋を横切るように黒色の性標が現れるなど、セセリチョウの仲間でも本種は雌雄の区別が容易なほうである
低山地から高原・亜高山帯まで広く分布し、林の周辺や渓流沿い、草原などで見られる。
すばやく飛び、いろいろな花で吸蜜する。
幼虫の食草は、チジミサザなどイネ科、カヤツリグサ科の植物。

◎2017年7月15日 岐阜県にて 写真5枚








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イチモンジセセリ(一文字挵) | トップ | ツバメシジミ(燕小灰) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む