越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

カメラ教室

2013-07-15 10:40:01 | 日記
【カメラ教室】
2013年7月14日(日)

澄麗会の有志メンバーによる第二回目の写真教室が芦峅寺の写真家のアトリエで行われました。
今回は“テーマを見つける”のテーマで、パワーポイントでの『富山のたからもの』(未来の子供達へ残したいもの)のお話でした。
その後は『水』をテーマに立山に降った雪や雨が川となり、伏流水となり富山湾に流れ着き、また霧や雲になり立山に・・・の循環をスライドショーで写真を見せていただきました。
講義の後は撮影の実践・・・・明念坂から布橋周辺、芦峅雄山神社や教算坊や今は生活されていない宿坊跡などを撮ってきました。そしてパソコンで見ながらの個々のご指導をいただきました。

当日 撮った写真です

閻魔堂横の石仏群・・・一つ一つ表情が違って見えました


雨上がりの明念坂・・・両脇に石仏が並んでいます・・・苔の緑が綺麗でした(上から下を)


明念坂の六地蔵・・・1685年(貞亨2年)7月の銘があります・・・・六地蔵と明念坂のコラボ(下から上を)


布橋の横に立山登拝道・西国三十三所観音石仏の九番観音(不空羂索観音)があります・・・アップで陰影を付けてみました


イボトリ地蔵(六地蔵石仏)と布橋・・・室町時代末期から桃山時代の作で、イボが取れたという伝説があります・・・朽ちた石仏に布橋の赤をポイントに


芦峅雄山神社の参道・・・ローアングルで杉並木の壮大さをあらわしてみました。


新しい命・・・・老木から新しい芽をポイントに


今は誰も住んでいなく、取り壊されるかもしれない旧宿坊・・・玄関わきの鐘が印象的でした


アトリエ近くに咲いていた花・・・マクロで撮ってみました
バラ


ワスレナグサ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本三景・天橋立と伊根の舟... | トップ | 伝統を受け継ぐ(しめなわ作り) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (わんこ)
2013-07-15 15:29:28
昨日はお疲れ様でした。
昨日 パソコン上で見せて頂いた作品もありますが
今日、じっくり拝見させてもらうと やはりチューリップさんのすごさが 解るような気がしました。
私の教科書にしたいです。

山の撮影まで まだまだ学ぶことが山積みです・・・・
こんにちは (junちゃん)
2013-07-15 16:22:47
昨日はありがとうございました。
改めて、大きな画面で見させて頂くと、凄さ・迫力が伝わってきます。
チューリップさんの揺るぎないテーマのもとに、撮しておられる姿勢が伝わってきます。
撮ればいいってものじゃないのですね。
先程から 今まで見てなかった作品も見させて頂きました。気づいたら 口を開けたままでした。
今後もヨロシクお願いします。
わんこさんへ (チューリップ)
2013-07-15 18:52:45
こんにちは!
いつもは何枚も同じ場所で構図を変えながらの写真を撮っているのですが、今回は一つのポイントで1~2枚しか撮っていませんので失敗もありの写真でした。
やはり、デジカメはその場で見ることが出来るので良いですね。
明日は午前中3週間ぶりに「アカ」に・・・もういないかな?
コメントありがとうございます。
junちゃんさんへ (チューリップ)
2013-07-15 18:58:24
こんにちは!
こちらこそ ありがとうございました。
お陰様で楽しく過ごさせていただきました。
今のところテーマごとにカメラを選んでいます。
花や鳥などを撮るときは普通のデジカメで、風景やお祭りなどは一眼レフのデジカメと言った感じです。
こちらこそ これからもよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む