越中富山いろいろ紹介

高山植物の花から身近な野草の可憐な花を。また野山でであった野鳥を含め又越中富山の祭りや観光スポットなど紹介。

ニホンリス(日本栗鼠)

2016-11-07 08:52:14 | 出合った生き物たち
【ニホンリス(日本栗鼠)】
リス科 リス属

生息地:森林(本州・四国・九州)
体長:~22cm
体重:~310g
別名:ホンドリスとも言われます

ネズミ目リス科の哺乳類の総称で、また特にニホンリスのことで、頭胴長20cm、尾長15cmルほどです。夏毛は赤褐色で冬毛は黄褐色。腹は白く、森林に生息しています。
木の実や木の葉、昆虫などを食べており、小枝や葉を集め、枝の間に巣を作っています。
日本特産で、北海道には一回り大きな類似種のキタリスがいます。

エビフライ(通称)
リスはマツカサ(マツボックリ)の実を食べる時、麟片をはがして、種子を取り出して食べます。
マツカサの実を食べたあとの残り、つまりマツカサの芯が、その形がエビフライに似ていることから名づけられた。

◎2016年11月4日 富山県にて 写真9枚 追加しました


リス発見!



















◎2014年11月20日 富山県にて 写真6枚追加しました













◎2014年11月19日 富山県にて 写真3枚追加しました








◎2012年2月13日 富山県にて 写真4枚






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヌワシ(犬鷲) | トップ | タゲリ(田鳧) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

出合った生き物たち」カテゴリの最新記事