marie☆の日記帳

日々感じたことや、お出かけのこと
趣味などを綴っています。
お試し&紹介記事も入りますがよろしくお願いします。

DVD 近未来の世界『ガタカ』

2016年10月13日 | 映画・演劇・ライブ・CD・DVD・etc
アンドリュー・ニコル監督の1997年のアメリカのSF映画『ガタカ』をDVDで観ました。

ストーリー
遺伝子操作で親は優れた知能と体力と外見を持った「適正者」と言われる子供を
持つ時代の話。
自然妊娠で生まれた子供は、「不適正者」となり「適正者」に劣る存在で
両者の間には社会レベルでも個人レベルでも大きな隔たりがあった。
主人公ヴィンセント(イーサン・ホーク)は、自然妊娠で「不適正者」として産まれ
弟のアントン(ローレン・ディーン)は「適正者」として生まれた。
宇宙飛行士を夢見る青年ビンセントだが、劣性の遺伝子のため職業に就くのにも制約があり
希望の無い生活を送っていた。
そんなある日、ビンセントは闇業者の手配で、事故により身障者となった優秀な遺伝子をもつ
元エリート、ジェロームに成りすます偽装の契約を結び
ジェロームの遺伝子を借りてエリートとなり宇宙飛行施設“ガタカ”に潜りこんで宇宙飛行士になる。
だが殺人事件が起こり・・・

約20年ほど前の映画ですが、いろいろ考えさせられます。
遺伝子工学の分野もいろいろな実験が行われ進んできているのだろうと
漠然と感じます。
この映画のような世界、来るのかな。。。自然界には突然変異というのもあるので
何もかも人間の思惑の通りにということには、ならないかもしれないけれど。

ジェロームの役は、若いころのジュード・ロウでした。
繊細な役を演じていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋晴れ | トップ | 多肉植物のハオルチアとセン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。