それでもつづく

4月に転職が決まり、3月は時間があるので日々の記録がてらブログを開始

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タイ人コーチのミドルキック

2008-03-06 15:13:49 | 日記

本日もキックボクシングを習いに行ってきました。

今日は初めてタイ人の方がコーチで色々教わったのですが、
やはりどうしても何を言ってるのかわからないことが多々ありました。

どうも猫のように重心をかけなさいとか
頻繁に猫を例えに指導を頂いたのですが、わからない場合の方が多かったです。
経験者の方は隣でうんうんと頷いていたので
僕が素人でなければ感覚で理解できたのでしょう。

とは言え6日目の僕にはできません。
さて、どうなるとか言えば、
実演指導になります。


コーチ「~~~ うん! ん!」

(ん?これはガードの姿勢をとりないさいという意味か?)

ガードの姿勢をとる僕。

バスバス!

僕「ゲフッ

コーチのジャブとミドルキックがもろに僕に入ります。


軽くやっているつもりなんでしょうが、
かなり痛いんです。

しかもこのコーチ、現役のプロ。
(なにやら試合で足を痛めたみたいなことを言ってましたので)

もうほんと、蹴りの指導も前蹴りのガードの指導も全て実演。
言ってることを理解するどころじゃありません。

しかも、いつの間にか首相撲(相手の首に両手をかけて前傾姿勢にさせる)の
返し方の練習になっており、
コーチが首相撲やれっていうんで やってみたらコーチに簡単に返され
立っている姿勢から思いっきり首を床まで持ってかれて首筋がピッキーンってなりました。

もしかしてこれは虐待か?

と言う疑惑を持ちつつも、良い事もたくさん教わったんでここでメモ。
(まぁ、格闘技の練習ってこういうもんなんでしょう)

●右ミドルキック
 ・左足の踵をちょっと浮かせるようにして横気味に前にだす
 ・右足は回さない。直線的にボディー目がけてだす
  回すと相手に当たるまで時間がかかるので
  前蹴りでストップさせられる。
 (前蹴り=ヤクザキックみたいなの。これも実演でやられました)
 ・右足の脛のヒットポイントは内側
  (脛って前方に骨があると思うんですが、骨の内側と外側を見ると
  外側って筋肉がついてるから当てても相手にダメージ与えられないんですね)
 ・腰をしっかり回す
  左足の踵が回転するのと同じ流れ


その後、教わったことをサンドバックで反復していたら
左足の親指に水ぶくれができてました。
しかも水ぶくれの中にさらに水ぶくれ。

とりあえずガムテープを巻いて練習を続けましたが、
腰の捻りをやりすぎたのか右わき腹が痛くなったのでこの日の練習は終了

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/4 あだ名 | トップ | 食器棚捜し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL